都心からすぐそこの古民家は
静かな時間が流れる心のオアシス
【投稿日】2016年12月18日(日)
外観
木々の奥に見える沖縄風の古民家は、元々はオーナーの祖父のご自宅だったそう。当時の雰囲気を大事にしたこの景色は壮観です。
内観
ずらっと並ぶ色紙は、ここが名店である証。平日でも観光客や地元の人でいっぱいです。
琉球衣装
店内に飾られる琉球衣装。沖縄そばのお店を開業するにあたり、ご家族が集めてくれたそうです。スタッフに申し出れば、これを着て記念撮影もできます。
軟骨ソーキそば
店主自慢の「軟骨ソーキそば650円 税込」。スープも麺も1.5倍量の大盛りにしても、たったの850円。さらにプラス200円で、もずく酢や小鉢がついた定食にできます。       
じゅーしー
素朴な味わいが大人気の「ジューシー150円 税込」。極力具を少なくすることで、味付けに使っているそば出汁の旨味を際立たせています。
    
メニュー表
今回はお目にかかれなかったが、直径35cmの器にたっぷりそばが盛り付けられた「超大盛り楚辺そば1800円 税込」もあります。4種のお肉が乗ってボリューム超満点。一人で完食するとさんぴん茶などのサービスもあるので、自信がある方はぜひ挑戦してみて。
オーナーの國吉さん
オーナーの國吉さんに噂の35cm器を持ってもらいました。この量のそばを想像しただけでも満腹に...。ちなみに、もっと新しいことに挑戦したいという國吉さん。今年の夏頃には、店舗の近くにタコス&タコライスのお店をオープンさせる予定です。

都心からすぐそこの古民家は
静かな時間が流れる心のオアシス

国際通りから車で約5分というアクセスしやすい場所にありながら、静かに沖縄そばを味わえるお店があります。築60年以上の古民家を改築した「沖縄そばと海産物料理店 楚辺」。その雰囲気はまさに、都会の隠れ家といったところ。かつては洋食屋をやっていたというオーナーの國吉さん。「古民家といえば沖縄そばかな。」と思い立ち、ご家族の力も借りながらほとんど独学でそばを勉強したと言います。本来の沖縄そばをイメージしながらも、オリジナリティを盛り込んだ自慢のスープ。ほとんどのメニューで肉が別皿で出されるのは、本来のスープの味わいがお肉を入れることでガラリと変わる様を楽しんでほしいから。「若い人たちにも、もっと沖縄そばを食べてほしい。」という國吉さん。他にはない沖縄そばを求めて、もっと驚きのメニューを考案中だそうです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 沖縄そばと海産物料理店 楚辺(そベ)
住所 沖縄県那覇市楚辺2丁目37-40
営業時間 11時30分~21時00分(ラストオーダー20時30分)
定休日 年中無休
電話番号 098-853-7224
アクセス 那覇ICから車で約20分
外部サイト 公式HP
平均予算 550円~
クレジットカード 不可
席数 約80席 
駐車場 あり 30台
メニュー一例 沖縄そば550円、軟骨ソーキそば650円、三枚肉そば850円、てびちそば650円、本ソーキそば700円、ジューシー150円、氷ぜんざい400円、かき氷350円 ※価格は全て税込

オーナーこだわりのジューシーお肉を
自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう
【投稿日】2016年12月18日(日)
外観
浦添市(うらそえし)で人気に火がついた東江そばが、4年前に2号店をオープンさせました。
内観
広い店内には三線などが飾られており、沖縄の雰囲気を味わえます。
こあがり席
テーブル席のほかに、ゆっくりくつろげる座敷席もたくさんあります。ファミリーでのお食事にピッタリ。
東江そば
オーナーの東江さんの好みで作ったという「東江そば(中)750円 税込」。ソーキに三枚肉、トロトロのナンコツソーキとボリューム満天。コクを出すためにカツオをたっぷり使ったスープは、香りも味わいもバツグンです。       
冷やし中華そば
三枚肉がドドンと鎮座する「冷やし中華そば750円 税込」。沖縄そばの麺を使っており、もちもちとした食感が特長です。中華風ダレもこだわりの自家製。
    
手作り餃子
創業40年以上、オーナーのご両親が経営する「味美餃子」の「手作りぎょうざ(5個)280円 税込」も。肉と7種類の野菜が入っており、ジューシーでヘルシーです。

オーナーこだわりのジューシーお肉を
自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう

若きオーナーの東江さんが浦添市(うらそえし)の勢理客(じっちゃく)に沖縄そばのお店をオープンさせたのが、今から約10年前。「お店を始める前はラーメンがすごく好きで。」そんな東江さんの実家は、製麺機も完備する老舗の弁当屋さん。独学で麺の研究をするうちに、沖縄そばの麺の魅力に気づいたんだそうです。「コシがありつつも、固すぎず食べやすい麺を作りたい。」理想を追い求めて試行錯誤した末に誕生した「東江そば」。今では「麺を味わってほしい」と言い切るほど自慢の自家製麺は、噛めば噛むほど小麦の風味とカツオ出汁のスープのうまみが口の中に広がります。この沖縄そばをもっと手軽に食べたいというお客さんの声に応えて、4年前には那覇市小禄に2号店がオープン。全国発送も取り入れ、今ではどこでも手軽に味わえるようになりました。名店と言われるようになった今でも「もっともっと美味しいそばを作りたい。」という東江さん。人気の秘訣は、この向上心と謙虚さにあるのかもしれません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 東江そば 小禄店(あがりえそば おろくてん)
住所 那覇市金城5丁目7-12
営業時間 11時~17時
定休日 年中無休
電話番号 098-858-2656
アクセス 豊見城・名嘉地ICから車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 630円~
クレジットカード 不可
席数 約50席 
駐車場 あり 10台
メニュー一例 東江そば(大)850円 (中)750円/本ソーキそば(大)750円 (中)650円/軟骨ソーキそば(大)730円 (中)630円/手作りぎょうざ(5個)280円/冷やし中華そば750円/じゅうしー200円/あぶり軟骨ソーキ丼350円 ※価格は全て税込

沖縄の文化を伝えたい
オーナーの思いを一杯のおそばに
【投稿日】2016年12月18日(日)
内観
アクロスプラザ古島駅前飲食棟2階に移転オープンした「ニシムイそば」。
内観
店内の席数は42席で広々とした空間です。県内各地の作家が手がけたやちむんや書、絵画などにも注目。
やちむん
貴重なやちむんにも、直に触れることができます。
のれん
東風平の店舗で使っていたのれん。県内を代表する染織家の平敷 慶秋氏が手がけたものです。       
ニシムイそば
目まさに看板メニューというべき「ニシムイそば(中)700円 税込」。こだわりの冬瓜とスープを、ソーキのあっさりした味わいが引き立てます。豚骨と鶏の動物系スープはこってりしてるかと思いきや、味わい深くあっさり。女性に人気なのも頷けます。
    
古島そば
こちらは香ばしいカツオ出汁の「古島そば(中)600円 税込」。お麩や人参をねりこんだヒラヤーチー(沖縄風お好み焼き)がとっても美味。
単品の冬瓜
単品の「冬瓜(2個)100円 税込」も。じっくり味付けをした冬瓜は、野菜嫌いの子どもでも「美味しい!」といって食べるほど。美容にも良いと言われており、女性にもおススメ。
やちむん
沖縄の工芸品に気軽に触れてほしいと、そばの器は全てやちむん。食後はお皿を眺めて楽しめます。

沖縄の文化を伝えたい
オーナーの思いを一杯のおそばに

那覇市壺屋に生まれやちむんに触れて育ってきたオーナーの松本さんが、その良さを伝えたいと八重瀬町東風平(こちんだ)に沖縄の工芸品を展示していた「西森(ニシムイ)美術」をオープンさせたのが、今からおよそ8年前。「工芸品だけ置いてると、敷居の高いイメージがあるので、でもいろんな人に見に来てもらいたくて…。」そこで目をつけたのが沖縄そば。「器をやちむんにすればもっといろんな人が触れてくれるし、食文化も一緒に伝えられる。」と松本さん。「でもほかの沖縄そばと同じものは作りたくない。」とあえて配合バランスの難しい動物系出汁を使い、八重瀬町特産の冬瓜をトッピングすることで「ニシムイそば」が誕生しました。その美味しさと珍しさが話題になり、お店はすぐに人気に。でも当時のお店は10席ほどしかなく、これではキャパシティが足りないということで去年の7月にショッピングセンター・アクロスプラザ古島駅前飲食棟2階に移転オープンしました。それでも松本さんの工芸品への思いは変わりません。店内には県内の伝統工芸師によるやちむんや書などが飾られ、沖縄そばを味わいながら工芸品に触れることができます。「オリンピックに空手が採用され、来沖する外国人も増えるかもしれない。彼らにもこうやって沖縄の文化を伝えていきたい。」と松本さんは楽しそうに話してくれました。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ニシムイそば
住所 沖縄県那覇市銘苅1丁目19-2 アクロスプラザ古島駅前飲食棟2F
営業時間 11時~21時(ラストオーダー20時30分)
定休日 年中無休
電話番号 080-6498-2461
アクセス 那覇ICから車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 600円~
クレジットカード 不可
席数 約40席 
駐車場 あり
メニュー一例 ニシムイそば(大)800円 ・(中)700円/古島そば(大)700円 ・(中)600円/特製豚メシ250円/ソーキ(1個)200円/冬瓜(2個)100円/ぜんざい100円 ※価格は全て税込

厳選された沖縄各地の一級肉が集う
職人達の本気の料理に舌鼓
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
国際通りから歩いて1分という絶好な立地で、今日も県内外の客で賑わっています。
オープンキッチンのカウンター
広めのカウンター席は足元が畳になっているので、ゆっくり疲れた足を伸ばせます。
お品書き
肉専門店ですが、一品料理も豊富。日本各地から集めたオススメ日本酒は50種以上!
山羊刺身
「山羊刺身」(1620円 税込)。「にく久」では若い山羊を使用して臭みを取っているので、初心者でも食べやすいタイプです。       
山羊汁
「山羊汁」(1296円 税込)。あっさり味で飲みやすいのが特徴。ほのかな山羊の匂いも一緒に召し上がれ。       
    
レクチャーしてくれる店員さん
「ヤギ汁の塩はお好みで入れてください」と店員さん。よもぎやニンニクスライスなど、山羊料理それぞれにあった食べ方をレクチャーしてくれました。
黒毛和牛レアカツレツ
沖縄県産もとぶ牛「黒毛和牛レアカツレツ」(2138円 税込)。ほどよい脂身と甘みのある肉質が特徴。塩やわさびで上品に。
カウンターで乾杯する女性たち
那覇で県内各地の肉を堪能できるのはオイシイ。旅の思い出を語りながら、旨い肉と酒でゆっくり乾杯。

厳選された沖縄各地の一級肉が揃う
職人たちの本気の料理が光る

平日も予約必至の人気店。県内の鶏や山羊、牛、豚など約50種の肉メニューが揃い、どれも一級肉ばかり。舌が肥えるグルメ客も納得の味。30代以上の客が多く、カジュアルな接待やデート、観光など様々なシチュエーションで使われています。
客席はカウンター席、テーブル席(個室)、掘りごたつ席(個室)がそろい、目的に合わせてそれぞれの席を楽しむことができます。
沖縄の郷土料理「山羊料理」で使用する山羊は、店で一頭買い。「にく久」では若い山羊を使用しているので、臭みが少なく、「思ったより食べやすい」と、客からよく言われるとのことです。
注文をするのは8~9割が県外客で、初めて食べる人がほとんどだそう。
「山羊の値段は高いですが、来店は観光客が多いので、ぜひ地元のものを食べてほしいから、できるだけ上質な肉を提供し続けられるように、頑張っている」と店長。
ホールスタッフが女性ばかりというのも「にく久」の特徴でしょうか。女性スタッフそれぞれに個性があり、来店者からも評判が良いそうです。
50種以上の日本酒とともに、沖縄県産肉を味わい尽くす。たまらない那覇の夜になりそうですね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 大衆肉割烹「にく久」
住所 沖縄県那覇市久茂地3-12-1 第一久茂地ビル
営業時間 月~木17時~24時(ラストオーダー23時)、金~土・祝前日17時~24時30分(ラストオーダー23時半)
定休日 なし
電話番号 098-869-1888
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩4分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000円~4000円
クレジットカード 可(VISA ,MASTER ,JCB ,銀聯)
席数 約50席
駐車場 なし
メニュー一例 馬刺し盛合わせ2138円/馬サーロインステーキ3218円/馬レアヒレカツ1598円/霜降り馬肉の生雲丹軍艦1296円/活シャコ貝刺し小950円~/ 甘熟島豚と白ネギのすきしゃぶ1人前2030円/もとぶ牛の炙り握り(2貫)734円※価格は全て税込

国際通りの裏道・浮島通りの自然派カフェ
散策途中に食べたいヘルシーランチ&スイーツ
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
浮島通り沿いで、ひときわ目を引くグリーンの店構え。
店内の風景
店内にはカウンター席とテーブル席、奥にキッズルームがあります。
キッズルーム
4畳ほどのキッズルームは座敷になっていて、子ども用椅子が完備。
絵本やおもちゃが豊富
絵本やおもちゃが豊富。料理が運ばれてくるまでの間、子どもが飽きずに遊んで待てます。
子供が遊んでいる写真
店主の久高さん自身も小さな子を持つお父さん。子どもが動き回っても大丈夫な店を作りたかったといいます。子どもへの眼差しはいつも優しさに溢れています。
ベジキーマカレー
肉好きの男性が食べても満足できるヴィーガンカレーを目指してたどり着いた「ベジキーマカレー(スープ、副菜3種付き850円 税込)」。人参、玉ねぎ含めて沖縄産中心のたっぷりの野菜、厚揚げ、きのこなどが入り、ボリューム満点です。肉が入っていなくても食べ応えがあるのは、さまざまな食材の旨味や食感をしっかりと感じられるため。日によって異なる副菜3種、スープにも野菜がたっぷり。ご飯は子どもとシェアしやすいよう無料で大盛りにできます。        
        
マグロの竜田揚げ定食
マグロの竜田揚げ定食(900円 税込)。沖縄産のマグロは、かなりしっかり揚げられていて香ばしく、味付けも絶妙。ご飯との相性は文句なし!
焼きサバスモーク定食
焼きサバスモーク定食(900円 税込)。定番の和食おかず「焼きサバ」をスモークすることで、旨味がぎゅっと凝縮。噛むたびに、サバのおいしい脂がジュワッと、スモークの香りがふわっと、口いっぱいに広がります。
かぼちゃプリン
種類は少ないながらも、体に優しいスイーツが揃います。かぼちゃプリン(350円 税込)は、どっしり濃厚なかぼちゃとほろ苦カラメルのハーモニーが病みつきになる一品。子どもだけでなく、大人も大満足のスイーツです。       
豆腐チョコタルト
豆腐チョコタルト(350円 税込)は卵や牛乳不使用のヴィーガンスイーツ。動物性の食材が使われていないとは思えないほどコクがあるので、物足りなさは一切なし。「しっかり甘いものを食べた」気分にさせてくれます。        
親子で楽しむ様子
少しぐらいなら子どもが騒いでも大丈夫。寛容な雰囲気がお店全体に浸透しています。おいしい料理とスイーツをシェアして、親子で外食を楽しんで。

SABORAMI(サボラミ)

国際通りの裏路地「浮島通り」は、ハイセンスな古着屋や雑貨屋が並ぶ沖縄でも有数のおしゃれなスポット。最近ではこだわりの飲食店も続々とオープンし、ますます活気付くこの場所にあるのが「SABORAMI(サボラミ)」です。体に優しい料理やアレルギー対応の料理が食べられ、さらにキッズルームが充実しているとあって、2015年(平成27年)のオープン以来地元のママ達から支持を集め続けています。
定番メニュー3種類の定食には、どれも肉が使われていません。しかし物足りなく感じないよう、食材の食感を残す調理法にしたり、副菜の味付けに変化を出していたりと、細部にまで工夫が行き届いています。特にベジタブルカレーは、野菜や大豆製品だけで作られているとは思えないほど食べごたえがあるので、子どもはもちろん親でも大満足。カレーと竜田揚げ定食は子どもサイズが用意されているのも、うれしい気遣いです。常時食べられるスイーツは3種類。中でも「豆腐チョコタルト」「自家製チョコアイス」には卵や牛乳などの動物性の食材が使われていないので、アレルギーがある子どもでも思い切りデザートを楽しめます。
店主自身も子を持つお父さんだけあって、子どもにとても寛大です。キッズルームを設けたのも、家族連れでも気兼ねなく食事を楽しんでほしいという配慮から。おつまみやワインも昼間から提供されているので、子どもが遊んでいる最中に、お父さんお母さんは軽く一杯、という楽しみ方もできます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 SABORAMI(サボラミ)
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目11-23
営業時間 12時~21時(ラストオーダー20時)
定休日 日曜、木曜、他月2回(詳細はFBにて)
電話番号 090-7451-8327
アクセス ゆいレール牧志駅、美栄橋から徒歩10分
外部サイト Facebook
平均予算 1000円
クレジットカード 利用不可
席数 15席 カウンターあり
駐車場 なし
メニュー一例 ベジキーマカレー(スープ、副菜3種付き)850円/お子様ベジキーマカレー(スープ、副菜2種付き)550円/マグロの竜田揚げ定食(ご飯、スープ、副菜3種付き)900円/お子様用マグロの竜田揚げ定食(ご飯、スープ、副菜2種付き)600円/焼きサバスモーク定食(ご飯、スープ、副菜3種付き)900円/自家製リンゴパントマトソース添え 500円/自家製チョコアイス、豆腐チョコタルト(ヴィーガン対応)350円/かぼちゃプリン 350円/つまみ類 350円~/ホットジンジャー 500円/グラスワイン 450円~/瓶ビール(ハートランド)中瓶 500円 *価格はすべて税込み

ハワイの人気メニューを沖縄で
旅先で食べるおいしい朝ごはん
【投稿日】2016年12月18日(日)
店外の風景
店内風景
“旅先で食べるおいしい朝食”がテーマのカフェ『C&C BREAKFAST OKINAWA』。国際通りや牧志公設市場からもすぐなので、観光の途中でも気軽に寄ることができます。
メニューブック
まるで写真集のようなメニューブック。どれもおいしそうで、どれにしようか迷ってしまいます。
島豆腐とアボカドのサンドイッチ
食べている風景   
トーストしたライ麦パンに沖縄の島豆腐とアボカドを挟んだ「島豆腐とアボカドのサンドイッチ 918円 税込」はヘルシーなのに食べ応えも満点。       
        
ファーマーズサラダ
「ファーマーズサラダ 918円 税込」は沖縄県産の季節の野菜とパパイヤ、ブルーベリー、自家製のグラノーラがトッピングされます。       
        
グリーンスムージー
「アサイーボウル 702円 税込」と「グリーンスムージー 648円 税込」はテイクアウトも可能です。観光をしながら味わうのも良さそうですね。       
        
グラノーラ
レジ横で販売している自家製のグラノーラ(950円 税込)はザクザク食感がたまりません。お土産にいかがですか?       
        

C&C BREAKFAST OKINAWA(しーあんどしー ぶれっくふぁすと おきなわ)

コンセプトはオキナワ・ミーツ・ハワイ「旅先で食べるおいしい朝食」。『C&C BREAKFAST OKINAWA』のオーナー兼料理研究家の山之内裕子(やまのうちゆうこ)さんがプロデュースしたメニューは、見た目が鮮やかで味もおいしく、栄養もしっかり摂ることのできるものばかり。牧志公設市場で仕入れたフルーツや食材を使用した料理はどれも人気です。 お客様は地元のリピーターさんも多く、また、沖縄滞在中には連日訪れる観光客も。 トーストしたライ麦パンに大豆の旨味が凝縮された島豆腐とアボカド、チェダーチーズを挟んだ「島豆腐とアボカドのサンドイッチ」は朝ごはんにもランチにもぴったり。みずみずしくなめらかな舌触りの島豆腐と、コクのあるアボカドの組合せは珍しいけれど絶妙です。 軽く食べたい時におすすめなのは「ファーマーズサラダ」。ゴーヤーや紅イモなど沖縄県産の季節野菜とパパイヤがメインとなったおしゃれなサラダで、上からC&C BREAKFASTオリジナルのグラノーラがトッピングされています。他のメニューとセットで注文するのも良いかもしれませんね。 オートミールにアーモンドやパンプキンシード、くるみ、ヒマワリの種、ドライフルーツがたっぷりと入った「グラノーラ」はレジ横で販売されているので、自分のお土産として買って帰ってみては?牛乳や豆乳をかけたり、ヨーグルトにふりかけたり、サラダやアイスクリームにトッピングするのもおすすめです。 平日は9時から、土・日・祝日は8時からオープンしているので、観光前の朝ごはんにいかがでしょうか? 週末や観光シーズンはかなり賑わうので、オープンと同時にお店へ入るのが良いかもしれません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 C&C BREAKFAST OKINAWA
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目9-6 タカミネビル1F
営業時間 月曜~水曜・金曜 9時~16時(ラストオーダー15時)、木曜9時~13時(ラストオーダー12時)、土日曜・祝日 8時~16時(ラストオーダー15時)
定休日 火曜
電話番号 098-927-9295
アクセス 国際通りから市場本通りへ入り、松原屋製菓の手前を右折。
外部サイト 公式HP
平均予算 850~1000円
クレジットカード 利用不可
席数 20席
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
メニュー一例 アサイーボウル 702円/グリーンスムージー 648円/スフレパンケーキ  864円/フレンチトースト 864円/フレンチディップ(ビーフサンドイッチ) 918円/島豆腐とアボカドのサンドイッチ 918円/エッグベネディクト 1080円/オムレツ(ライ麦パン付き) 1080円 *価格は全て税込

モチモチとした食感がクセになる
米粉100%のヘルシークレープ
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の風景
ドライフラワーや無造作に置かれた小物、シャンデリア、アンティーク調の家具…。まるでおとぎの国に迷い込んだようなインテリアが乙女心をくすぐります。
可愛いクレープ
盛り付けにもこだわったクレープは、思わずカメラで撮りたくなる出来栄え。
ベーコンとカボチャサラダのクレープ
沖縄県産のアグー豚を使ったベーコンとカボチャサラダのクレープ(単品864円 税込)はランチにおすすめです。
りんごとキャラメルナッツのクレープ
女性に一番人気のデザート系クレープは、ココナッツオイルでじっくり焼いたりんごとキャラメルナッツのクレープ(単品886円 税込)。       
メニュー写真
手作りクッキー
店頭では、ひとつひとつ丁寧に焼き上げたかわいらしいクッキー(119円~ 税込)も販売しています。       
    

O'CREPE(おーくれーぷ)

お土産屋さんがずらりと建ち並ぶ国際通りを歩くのも楽しいけれど、観光やショッピングに疲れてしまうことってありますよね?そんな時は、国際通りの裏道に入ってみませんか?週末にイベントが開催されることの多い「にぎわい広場」の周りは、牧志公設市場やさまざまな飲食店、雑貨屋さんが集まり、地元の人たちからも人気のエリアです。 このエリアにお店を構える『O’CREPE』は、米粉を使ったクレープの専門店。まるで外国の絵本に出てきそうなインテリアは、女性や外国人観光客から好評なのだそう。 小麦粉ではなく米粉を使ったクレープはモチモチとした食感がやみつきに。小麦粉を使うよりも砂糖や油脂分の分量を抑えることができるため、低カロリーに仕上げることができるのです。白砂糖の代わりに沖縄県産のキビ糖を、牛乳の代わりに豆乳を使うのもO'CREPEの特徴。おいしい上にヘルシー、女性には嬉しいですね。 燻製したアグーベーコンとトマトを生地で包み、その上にカボチャサラダをトッピングしたクレープはランチにぴったり。単品は864円ですが、ドリンクとセットにすると1188円に。 旬のフルーツ(夏は沖縄県産のパイナップルやドラゴンフルーツ、マンゴーなど)を使ったクレープや自家製のティラミスを使ったクレープなど、デザート系も充実しています。人気ナンバーワンは「ココナッツオイル&りんごキャラメルナッツ」。 デザート系クレープには、グラノーラやナッツ、チョコチップ、バナナ、アイスクリームなどのトッピングもできます。スイーツセットを注文すると1品サービス(アイスクリームはプラス100円)になるので、ぜひお試しください。 2~3人で行き、違う種類のクレープをいくつかオーダーしてシェアするのも良いかもしれませんね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 O'CREPE(おーくれーぷ)
住所 沖縄県那覇市松尾2-6-12 2階
営業時間 11時~17時(ラストオーダー16時30分)
定休日 火曜、水曜
電話番号 098-868-3113
アクセス 国際通りの「ホテルJALシティ」向かいの道を直進。にぎわい広場右手のビル2階
外部サイト 公式HP
平均予算 1188円
クレジットカード 利用不可
席数 19席(カウンターあり)
駐車場 なし
メニュー一例 アグーベーコンとカボチャサラダクレープ 864円/クリームチーズのマルゲリータ風ピザクレープ 864円/旬のフルーツのキャラメルカスタードクレープ  918円/ココナッツオイル&りんごキャラメルナッツ 886円/キャラメルクランチ 734円/ティラミス 864円 *価格は全て税込

沖縄観光の前にヘルシーな朝ごはん
ヴィーガンフードで身体の中から美しく
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
壺屋やちむん通り近くの住宅街にひっそりと佇む『にふぇ~ら』は、朝の数時間だけ営業しているカフェです。店内席もありますが、晴れている日は断然テラス席がおすすめ。
店外の風景
緑に囲まれたお庭には、心がフワッと軽くなる言葉が飾られています。来店した際に探してみてくださいね。
沖縄県債食材
にふぇ~らでいただけるのは、動物性食品を一切使用しないヴィーガンフード。沖縄県産食材がふんだんに使われています。
唐揚げブッタボウル
様々な野菜と雑穀、パスタの入ったヴィーガン唐揚げブッタボウル(1500円 税込)。             
食べる様子
女性にうれしいメニュー
この一皿でお腹が一杯に!だけどヘルシー。女性に嬉しいメニューです。             
        
アサイーボウル
季節のフルーツがのったアサイーボウル(950円 税込)。夏には沖縄県産のマンゴーやドラゴンフルーツ、パイナップル、すいかなどがトッピングされます。

にふぇ~ら

1日の始まりは緑に囲まれた庭で朝ごはん、なんていかがでしょうか? 朝8時~10時30分(ラストオーダーは10時)の2時間半だけオープンしている壺屋『にふぇ~ら』でいただけるのは、肉や魚、卵、乳製品などの動物性食品を一切使用しないヴィーガンフード。お料理を作ってくれるのは、シェフでプロレスラーのDINGO(ディンゴ)さんとパートナーの高倉直子さん。お2人ともヴィーガン(純粋菜食主義者)です。 イチオシは「ヴィーガン唐揚げブッタボウル」。スパイスやソースで味付けされた沖縄県産のオーガニック野菜やハーブ、合鴨農法有機玄米とキヌアのライス、フムス、ローカシューナッツソース、オーガニックパスタ、大豆ミートの唐揚げなどがボウルいっぱいに入ったブッタボウルは栄養バランスがよく、この一皿でお腹も一杯に。 アサイーピューレが隠れてしまうほどフルーツがたっぷりのった「アサイーボウル」もおすすめです。季節によってトッピングされるフルーツが変わるのですが、夏はマンゴーやドラゴンフルーツ、東村のパイナップル、西表島にあるアララガマ農園のピーチパイン、今帰仁のすいかがトッピングされてさらに豪華になります。 食べ終わった後は、お庭でしばらくのんびりと過ごすのも良いかもしれません。ここにいると、バタバタとした毎日が遠い昔のように感じてしまうほど心の底からリラックスできるのです。 国際通りや壺屋通りも徒歩圏内。観光の前に立ち寄ってみてくださいね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 にふぇ~ら
住所 沖縄県那覇市壺屋1丁目13-19
営業時間 8時~10時30分(ラストオーダー10時)
定休日 日曜、月曜
電話番号 098-868-8636
アクセス 国際通りから徒歩約5分、ゆいレール牧志駅から徒歩約8分
外部サイト 公式facebook
平均予算 1500円
クレジットカード 利用不可
席数 30席(カウンターあり)
駐車場 あり(7台:宿泊者優先)
メニュー一例 ヴィーガン唐揚げブッタボウル 1500円/ファラフェルブッタボウル 1500円/ヴィーガンエッグベネディクト 1500円/今週のスープ 1000円/アサイーボウル 950円/アサイースムージー 650円/グリーンスムージー 650円 *価格は全て税込

家族の健康を願う母の料理を目指して
心も身体もホッとする実身美のごはん
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観

国際通りから一本入った裏路地にひっそりと佇む『実身美(サンミ)』は、2011年1月にオープンしました。

店内の風景
木の温もりあふれる店内は、仲の良い友達とお喋りを楽しみたい時にも、ひとりでゆっくりと過ごしたい時にもぴったり。肩肘張らずに、ふらりと立ち寄ることのできるカフェです。
メニューの写真
実身美でいただけるのは、化学調味料不使用の身体に嬉しい健康ごはん。沖縄県産食材を使った週替わり定食の他、薬膳カレーやスイーツがいただけます。
定食
この日の定食はこちら。メインは県産鶏を使ったチキンカツ。からし菜とりんごの酵素ソースがかけられていました。             
玄米の写真
ふっくら瑞々しい玄米は、おかず無しでも食べられるほど美味しくてびっくり。土づくりからこだわった特別栽培米を圧力鍋で炊くとのこと。
食べる女性の写真
素材の持ち味を生かした実身美のごはんを楽しみに通う常連さんも多いそうです。食べ進める度に日々の疲れが癒されていくのを実感してください。             
        
薬膳カレー
黒胡麻を混ぜ込んだ「自家製ルゥのごろっと薬膳カレー」もおすすめ。油脂や小麦粉を使わないので、食べ終わった後も胃にもたれません。
バナナと抹茶の豆腐レアチーズケーキ
プラス300円でスイーツセットをいただきました。今週のスイーツは「バナナと抹茶の豆腐レアチーズケーキ」。
酵素ドレッシング
非加熱製法にこだわった、酵素ドレッシングはお土産・ギフトとして喜ばれています。沖縄県産のビーツ、有機人参、バジル、生姜…どれにしようか迷ってしまいますね。             

玄米カフェ 実身美 那覇店(げんまいかふぇ さんみ なはてん)

2011年1月に国際通りのほど近くにオープンした「実身美(サンミ)」は、大阪に4店舗を構える人気店です。 きっかけは、オーナーの大塚 三紀子さんがOLをしていた頃、仕事で帰りが遅くなった時にひとりでふらっと立ち寄れるお店が少ないと感じていたこと。当時 “外食は身体に悪い” というイメージを持っていた大塚さんは、「家で作るような温かくてヘルシーなご飯が食べられるカフェ」をオープンしました。 沖縄出身の祖母を持つ大塚さん。沖縄や沖縄料理には特別な思いを持ち「いつか沖縄にもお店をオープンさせたい」と思っていたそうです。 こちらでいただけるのは、週替わりの定食や薬膳カレー。 沖縄の食材をふんだんに使用した定食は、サラダと副菜3品、スープ、メイン、玄米ご飯がついて950円。この日は島大根やもずく、青パパイヤ、からし菜、アーサ(あおさ)、ゆし豆腐など、県外ではなかなか出合うことのできない食材も多く使われていました。メインは柔らかチキンカツ。衣はサクッと香ばしく、中はふっくらジューシー。 定番の薬膳カレーは、黒胡麻や、クコの実などアンチエイジング食材を贅沢に使います。トッピング具材は県産豚と大根、人参、もずくのかき揚げなど。ルーが見えないほど具材がたっぷりとのっており、また、小麦粉や脂を使わないのでとてもヘルシーです。 バランスの良い実身美のお料理は、疲れている時や栄養不足を感じている方にぜひ食べていただきたいです。 全体の6割が有機玉ねぎという酵素ドレッシングは、日本最大級のお取り寄せサイトで総合大賞を受賞!お店から郵送することも可能で、お中元やお歳暮に利用する方も多いのだとか。沖縄県産のビーツ、バジル、有機人参など定番の他にも、季節のドレッシング(夏はパイナップル、秋はカボチャ、冬は柚子、生姜、金柑など)が並ぶのでお楽しみに。 地元の老若男女からも愛される実身美は、ひとりでふらっと立ち寄ってくつろぐにも、友達とおしゃべりを楽しみたい時にも利用しやすいカフェです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 玄米カフェ 実身美 那覇店(げんまいかふぇ さんみ なはてん)
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目17-44
営業時間 11時30分~15時30分(ラストオーダー15時)、17時30分~21時(ラストオーダー20時30分)
定休日 日曜
電話番号 098-868-8726
アクセス ゆいレール美栄橋駅から290m
外部サイト 公式HP
平均予算 1500円~
クレジットカード 不可
席数 34席(カウンターあり)
駐車場 あり(2台分)
メニュー一例 お食事(定食)とスイーツとお好みのドリンク 1560円/お食事(定食)とお好みのドリンク 1260円/お食事(定食)とスイーツ(ルイボスティーサービス)1250円/お食事(定食)のみ 950円/自家製ルゥのごろっと薬膳カレー 920円/豆乳プリンの黒蜜がけ~黒豆きなこをかけて~ 410円/今週のケーキ 300円 *価格は全て税込

本場メキシコ仕込みのタコス
せんべろで気軽に味わおう!
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
牧志公設市場の奥へ進むこと約2分。地元の人に親しまれている「サンライズ那覇市商店街」の一角にある小さな店です。
店主の長嶺浩吉さん
店内では、一人黙々とトルティーヤの生地を作る人の姿が。店主の長嶺浩吉さん、通称「こうちゃん」が一枚一枚丁寧に作っています。
3種類のタコス
タコスの種類は3つ。左からこうちゃん風タコス(250円)、本日のタコス(ツナ300円)、ビーフタコス(250円)。 トルティーヤは、薄力粉、とうもろこし粉、塩、卵のほか、数種類の香辛料をブレンドしたオリジナル。メキシコまで行って作り方を習得した店主のこうちゃん、本場の味を日本人好みにアレンジし、絶妙な味わいの皮を作り上げています。             
パリパリのタコス
こうちゃん風タコスのトルティーヤは他のものよりしっかりと揚げられていて、パリッパリの食感。中身のビーフは辛さ控えめで、程よい辛さの自家製サルサとの相性は抜群!パリパリと食べ進めるたびに、サルサや具材、皮の旨味が口の中に広がります。
タコスの写真
ビーフはしっとりジューシー。多めに入ったチリパウダーが味の決め手です。                  
        
クリームチーズが使用
すべてのタコスにはクリームチーズが使われています。チェダーなどに比べてマイルドなその味が、トルティーヤと肉、野菜をうまくまとめています。
タコライス
タコライス(大500円)。レタス、トマト、ビーフの具材はタコスと一緒。ここにもクリームチーズが使われているので、子どもでも食べやすい味に。もちろんサルサを加えてスパイシーにしてもおいしく食べられます。
チキメキ(500円)
タコスやタコライス以外のメニューもあります。こちらはチキメキ(500円)。メキシコ風のチキンという意味のこの料理、辛味の効いた唐揚げとカリッと揚げられたトルティーヤはおつまみに最適。この他にも、アルコール3杯とタコス、おまかせおつまみがセットになった「せんべろ」も人気です。軽い昼飲みにぴったり!            
気さくなこうちゃん
小さな店だからこそ楽しめるのが、店の人とのおしゃべり。とっても気さくなこうちゃん、ぜひ気軽に話しかけてみてくださいね。

パーラータコス・タコス アジア街店

「パーラータコス・タコス アジア街店」は、2016年にオープンしたばかりの新しいタコス専門店。牧志公設市場から徒歩2分ほどの場所に伸びる「サンライズ那覇商店街」に建つ、わずか16席ほどの小さな店です。この周辺は観光客がほとんど来ない、地元の人の生活エリア。少しディープな那覇の散策を楽しみながら、お店へ足を運んでみてください。 店を切り盛りするのは「こうちゃん」こと長嶺浩吉さん。20代の頃メキシコ料理に魅せられて、メキシコまで料理の勉強に行ったという本格派です。本場仕込みのタコスはトルティーヤが特徴的。2種の粉と塩、卵、数種類の香辛料やハーブをブレンドした生地を、一枚一枚丁寧に焼いた手作りです。ハードタイプのトルティーヤを使った「こうちゃん風タコス」と、それより少しソフトなトルティーヤの2種類があり、異なる味わいを楽しめます。タコスだけを食べる方も多いですが、ダントツ人気のメニューは「せんべろ」。ハイボールやワインなど3杯のドリンクに、タコス1個、おつまみがついて1000円とリーズナブル。スパイシーなタコスとお酒の相性は、もちろん抜群。昼間からほろ酔い気分になるのも、旅行先ならではの楽しみ方です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 パーラータコス・タコス アジア街店
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目4-8
営業時間 12時~21時
定休日 火曜
電話番号 098-868-6858
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩7分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000円
クレジットカード 利用不可
席数 16席
駐車場 なし
メニュー一例 こうちゃん風タコス、ビーフタコス 250円/本日のタコス 300円/タコライス(大)500円(小)350円/チキメキ 500円/トマトとアボカドのマリネドレッシング 500円/本日のおつまみ 600円/せんべろセット(飲み物3杯、タコス、おまかせおつまみ) 1000円/オリオンサザンスター 250円/グラスワイン 350円/ハイボールジョッキ 350円 *価格はすべて税込

これぞ王道オキナワンタコス!
創業60年以上を誇る老舗の味
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
国際通り店は、チャーリー多幸寿の2号店に当たります。本店は沖縄市(コザ)にあり、2018年で創業62年目を迎える老舗です。
店内の風景
本店のレトロな雰囲気をそのまま持ってきたような店内。場所柄、観光客が昼夜問わず訪れる人気店です。
3種類のタコス
左からビーフ、チキン、ツナ(単品各250円 税込)。全部で3種類のタコスがあります。定番ビーフはしっかり濃いめの味付け。肉の旨味と歯ごたえを感じられるよう、粗めにミンチされています。濃厚なチェダーチーズと相まって、がっつり感満載。ほんのりカレー味チキンと、あっさりマヨネーズ味のツナは、ビーフとは対照的にさっぱりとしているので、サンドウィッチ感覚で食べられます。 自家製トルティーヤは外はカリッと、中はもっちりとした絶妙な食感。創業当時のレシピを受け継ぎながらも、もっちり感が持続するようもち麦を少し加えるなど、改良を重ねています。
タコスのソース
沖縄産「島唐辛子」入りの辛味と酸味が効いたオリジナルソースはお好みで。3段階の辛さから選べます。             
タコスの写真
手のひらにすっぽり収まるジャストサイズながらも、肉やレタスがたっぷり入っているので食べ応え十分。3個食べれば、女性ならお腹いっぱいに。
チャーリーセット
「チャーリーセットS(770円 税込)」は、タコスとチャーリーライス、ドリンクがついてお得です。チャーリーライスとはタコライスのこと。ご飯の上にはタコスミートと2種類のチーズがたっぷり。レタスとトマトは別盛りなのがチャーリー流。             
        
タコライス
タコスミートをご飯に載せたまかない飯が、いつしか店の人気メニューに。チーズとしっかり味のビーフの最強コンビネーションは、トルティーヤだけでなくご飯との相性も抜群です。大きな口で頬張りたい逸品。

チャーリー多幸寿国際通り店

チャーリー多幸寿国際通り店は、創業62年目を迎える「チャーリー多幸寿」の2号店。本店は沖縄市(コザ)のパークアベニュー通りにあり、米軍統治下時代にAサインレストランとしてオープンしたのが始まりです。本店さながらの古き良きアメリカンダイナーのような作りが、味のあるレトロな雰囲気を醸し出しています。 名物タコスの味は3種類。創業当時からあるビーフは定番の味ですが、後に加わったチキンとツナは、コザという場所柄生まれたメニュー。アメリカをはじめ、インドやアジア各国の人々が暮らすコザには、宗教上ビーフが食べられない人やベジタリアンが多くいます。誰でもタコスを楽しめるようにと、チキンとツナが考案され、今ではビーフに匹敵するほど人気の味になりました。そんな老舗ならではの歴史の詰まったタコスは、どれも具材たっぷりでボリューム満点。がっつり食べたいならビーフ、あっさり軽食にはチキンやツナがおすすめです。 タコスと人気を二分するメニューが「チャーリーライス」というタコライス。どちらも食べたいなら、チャーリーライスにタコス、ドリンクが付いた「チャーリーセット」がお得です。その他、エンチラーダやパスタなどもあり、すべてテイクアウト可能です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 チャーリー多幸寿国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾1丁目3-4
営業時間 11時〜21時(ラストオーダー20時45分)
定休日 木曜
電話番号 098-861-9995
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000円
クレジットカード 利用不可
席数 38席
駐車場 なし
メニュー一例 タコス(単品) 250円/(3個セット) 690円/チャーリーライス 690円/チャーリーセット(タコス、チャーリーライス、ドリンク) 770円〜 ※タコスの数、チャーリーライスの量を選べます/タコスセット(タコス、ドリンク、ポテト、オニオンリング) 580円〜 ※タコスの数、サイドメニューの種類などを選べます/エンチラーダ 690円/パスタ 690円 *価格はすべて

長〜くてバリバリ食感!
商店街で愛されるおやつタコス
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
牧志公設市場から徒歩2分。「サンライズ那覇商店街」に佇むとても小さな店です。
店内の風景
座席は小さなテーブルと椅子が1セットあるのみ。近隣の商店街の人や学生など、地元客のほとんどがテイクアウトしています。
3種類のタコス
タコスは1本220円、3本セットで600円。1個ではなく「1本」と数えるのがポイント。
タコスのソース
手に収まりきらないほどの長さ!「1本」と数えるのが納得の形状です。トルティーヤを揚げるために使う型がなぜか長かったため、この形になったそう。中にはタコスミート、チーズ、レタスがたっぷり。             
タコスの写真
トルティーヤは焦げるギリギリまで揚げられ、まるでスナック菓子のようなバリバリの食感に。おやつ感覚で何本でも食べられてしまいそう。街の散策中、小腹が空いた時に食べるのにぴったり。 タコスミートは甘みがあって優しい味わい。油脂分少なめのビーフを使い、スパイスはあまり使わずあっさり味に仕上げられています。子どもやお年寄りが多く訪れる場所柄、このような味付けに。
チャーリーセット
タコライス(中450円)。ご飯、タコスミート、チーズ、レタスが気前よくこんもりと盛られてボリューム満点。
    
タコライス
自家製サルサソースをかけてお好みの辛さに。ケチャップ不使用・トマトベースのこのソース、かなり辛い!出来立てもおいしいですが、少し時間が経つとタコスミートの味がご飯によく馴染み、さらにおいしく。ホテルに持ち帰って、夜食として食べるのもおすすめです。

赤とんぼ

牧志公設市場から徒歩2分、「サンライズ那覇商店街」の一角に佇む小さなお店が「赤とんぼ」。この場所で、約20年に渡り家族みんなでタコスとタコライスを作り続け、街の人に親しまれています。テイクアウトをメインにしていて、ランチタイムやおやつどきになると、近所の人や学生たちが次々に買いに来る姿が見られます。 ここのタコスの特徴は、かなり長いということ。手のひらに収まりきらないほど長く、棒のような形状をしています。もう一つの大きな特徴は、そのトルティーヤの硬さ。しっかりと揚げられた超ハードタイプで、パリパリというよりバリバリの食感。せんべいを食べるかのごとく噛み砕く感覚が癖になります。 タコスミートは、スパイシーさは少なくマイルドな味。子どもやお年寄りに愛される理由の一つです。そのタコスミートがたっぷり載ったタコライスは、まるでそぼろ弁当。少し甘くてしょっぱい味わいに、心が和みます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 赤とんぼ
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目21-16
営業時間 10時30分〜21時(20時以降は売り切れ次第終了)
定休日 なし
電話番号 098-866-9535
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩8分
外部サイト 食べログ
平均予算 600円
クレジットカード 利用不可
席数 4席
駐車場 なし
メニュー一例 タコス1本 220円/3本 600円/タコライス大 550円/中 450円/小 350円 *価格はすべて税込

昔ながらの沖縄家庭料理。
オフィス街のボリューム満点!老舗食堂
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
那覇市久茂地のオフィス街で、本格的な沖縄の家庭料理が手頃な料金で味わえる「まんじゅまい」。沖縄銀行本店裏、懐かしい雰囲気の古いビルの1階にあります。
店主の写真
石垣島出身の店主の富永實憲(とみながさねのり)さん。中学校卒業後那覇に渡り洋食レストランやホテル、結婚式場などで修行を経て26歳でお店を開店。料理の研究にも熱心で、昔ながらの味わいの料理を残しながら、今の人に会うメニューも開発しています。
自家製ゆし豆腐定食
漬物と目玉焼きが付いた自家製ゆし豆腐定食(650円 税込)。店の看板メニューの一つで、ふんわりとしたやわらかな口当たりのゆし豆腐は、豆乳やにがりの濃度を試行錯誤の末に濃い豆乳に綺麗な海の海水を入れることで完成したひと品。             
ゆし豆腐定食
      
醤油をかけて食べる
そのまま食べてもかすかな塩味と大豆の栄養分が凝縮された旨さで、醤油や自家製味噌を加えてもおいし美味。さらに自家製のお酢で作ったコーレーグースをお好みで加えれば飽きることなくぺろりと食べられます。
てびち汁
てびち汁(700円 税込 ご飯付き)。豚足をパパイヤでじっくりやわらかく煮込んだ汁物。皮がプルプルになるまで煮込まれており、鰹節と豚ダシの絶妙な味わいのスープを含んだ昆布と大根の美味。             
        
まんじゅまい炒め
まんじゅまい炒め(650円 税込)。「まんじゅまい」とはパパイアのこと。千切りにした青パパイアを豆腐やニンジン、カマボコ、ニラ、シーチキンで炒めている。パパイアの美味しさが味わえるシンプルな料理。「まんじゅまいサラダ(650円 税込)」も人気。
ライブ風景
金曜と土曜の夜(19:30~)にはライブも開催。沖縄ポップスや民謡ライブを聞きながら、島酒にひたるのも一興です。

家庭料理の店 まんじゅまい

まんじゅまいがオープンしたのが44年前。当時、この店が洋食専門のレストランだったことを知る人は少ない。店主の富永さんは石垣島生まれで、中学校を卒業すると沖縄本島の洋食の世界で修行を積んだ。レストランやホテル、結婚式場などで腕を磨き26歳で店を開いた。店名は「レストラン萬寿舞」だった。当初はスパゲティーやハンバーグ、オムライスやピザなど洋食メニューがメインだった。サラリーマンの平均昼食代が350円の時代に、萬寿舞のメニューは千円前後だったことからお店は閑古鳥が鳴いていたという。そこで奥さんが日替わりメニューで沖縄そばから始まりチャンプルーなど沖縄料理を出すようになった。それから徐々にお客が増えていたことから、方向転換してメニューを増やし「早い安い旨い、ボリュームたっぷり」の沖縄家庭料理の店として知られるようになった。今では沖縄料理だけではなく、地元の人だけでなく観光客や外国人にも受け入れられるメニューを日々研究し、常時50種類以上のメニューが並んでいる。夜は居酒屋になることから週末の夜は民謡ライブ(金曜・土曜 19:30~20:30 ノーチャージ)も行い、県内外の客に喜ばれている。

地図を見る

店舗データを開く

店名 家庭料理の店 まんじゅまい
住所 沖縄県那覇市牧久茂地3丁目9-23
営業時間 11時頃~15時30分、16時30分~22時、火曜  11時頃~15時30分、日曜 17時~22時
定休日 不定休
電話番号 098-867-2771
アクセス ゆいレール県庁駅から徒歩約3分
外部サイト 食べログ
平均予算 ランチ:500円~/ディナー:1500円~
クレジットカード 不可
席数 約50席、座敷あり、車椅子OK
駐車場 なし
メニュー一例 ゆし豆腐定食 650円/てびち汁 700円/萬寿舞炒め 650円/ソーメンチャンプルー 500円/まんじゅまいサラダ 650円/ゴーヤーチャンプルー 650円/沖縄そば大 550円/ソーキそば 650円/そば定食(サシミ付き) 650円 *価格はすべて税込

変わらぬ安心感のあるおいしさ。
マチグヮーの人たちに愛される老舗食堂
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
オープンして約40年。時代を感じさせる入口は中が見えないため入りにくいが、中に入ってしまうと初めての人でも懐かしいアットホームな雰囲気。市場周辺で働く人や市場に通う常連客が多い。
店内と常連客の風景
店内はどことなく民芸調。何年も通っているという年配の常連客はだいたい同じ席に座り、いつも決まったメニューを頼むことが多いという。             
メニューの写真
メニューはおよそ50種類。開店当初は沖縄そばやゆし豆腐、ゆし豆腐そば、豆腐チャンプルーなど限られていましたが、お客のリクエストに応えるうちに現在のメニューに。今でも材料があればメニューない料理を作る場合もあるといいいます。             
てびち定食
てびち定食(850円 税込)は沖縄そば付き。皮がプルプルになるまたやわらかくなったテビチをメインに、甘辛く煮付けた大根やニンジン、昆布やコンニャク、豆腐などが盛り付けられている。テビチに変わりに三枚肉とソーキの煮物がメインの煮つけ定食(600円 税込)とほとんど同じ構成です。                          
人気のオムライス
さりげなく人気メニューのオムライス(500円 税込)。ニンジンや玉ネギ、ポークなどが入ったケチャップライスにオムレツというよりタマゴ焼きで包んだ、いかにも大衆食堂ならではな味わい。毎日でも食べたい素朴で懐かしい味わいが常連さんに人気。
ハラミの写真
店主の宮城敬さんは元和食の職人。40年ほど前にマチグヮーで店を始めたいと思い、勤めていた店を辞めて奥さんと2人で今の場所で始め、以来、調理場を担当。店が狭いので当初は少ないメニューで始めたが、毎日来る常連さんに違う料理を食べさせたいと、お客のリクエストに応えるうちに今のメニュー数になったといいます。        

大衆食堂ミルク

創業約40年の老舗食堂。店主の宮城さんは和食出身で奥さんと二人でマチグヮー周辺で店を始めようと探していたが、立地のよい場所の物件はなく裏通りにあった今の店に落ち着いたという。店内は広くないので当初は沖縄そばやゆし豆腐、豆腐チャンプルーなどのチャンプルー類しかなかったけど、客からメニューにない注文が多く、足りない食材は市場に買いに走りリクエストに応えるうちに定番メニュー増えていった。その頃の客はマチグヮー周辺で働く人がほとんどで、宮城さんは「毎日のように来る客も多かったため、食べたいメニューを注文した時のは応えていた」という。今ではとんかつやカツ丼、チャンポンやオムライス、カレーライス、すき焼きや麻婆豆腐など和洋中琉といった、カツ丼などバラエティーに富んだメニュー構成になっている。人気メニューは常連客ごとに違うので特定できないが、煮付けやテビチ定食など昔ならの味わいのメニューが安定して出ているという。 ちなみに「みるく」とは沖縄の方言で「弥勒(みろく)」のこと。誰にでも優しい、懐かしさを味わえるタイムスリップ食堂だ。

地図を見る

店舗データを開く

店名 大衆食堂ミルク
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目10-20
営業時間 10時~20時
定休日 不定休
電話番号 098-863-0231
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩約10分
外部サイト 食べログ
平均予算 ランチ:600円~/ディナー:600円~
クレジットカード 不可
席数 約25席、カウンター有り
駐車場 なし
メニュー一例 沖縄そば 350円/ソーキそば 550円/ソーキ定食 850円/焼肉定食 700円/とんかつ定食 500円/カツ丼 600円/すき焼き 500円/麻婆豆腐 550円/かつカレー 550円/牛肉ピーマン炒め 500円 *価格は全て税込

那覇で一番の老舗そば専門店
昔ながらのオーソドックスな味わいの極み
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
国際通りのほぼ中央、多くの人で賑わうむつみ橋交差点近く。店は老舗らしくひっそりとした佇まいで、さりげなく白抜き暖簾がかかっています。
メニューの写真
メニューはそばといなりずしだけ。周辺で働く地元客や週に何度も通う常連さんも多数。昔からの常連のそば通だけでなく、最近では女性や学生にも肉なしのかけそば300円(税込)が人気。食べ盛りの若い人にはおかわり麺も好評。
店主の写真
店主の石川幸紀さんは2代目。先代の跡を継いでもう43年目になるそう。一つ一つのさりげない動作が美味しい沖縄そばを仕上げています。
ソーキそば 
じっくり煮込んだ骨付きバラ肉のソーキをトッピングした「ソーキそば (700円 税込)」。やわらかで肉の旨味がしっかり感じられます。             
シンプルな味わいのそば
スープはダシ骨をじっくり8時間かけて白濁する直前まで煮出し、トッピング用のロース肉やソーキの茹で汁を加えている。豚ダシオンリーにも関わらず深いコクと旨みがあるが、意外とあっさり。もっちりしてツルツルの麺との相性もよく、シンプルな味わいなので何度も食べたくなります。
香辛料の写真
豚ダシの味わいが強いスープには、コーレーグスや唐辛子よりもコショウ系の香辛料のピパーツ(ヒハツ、ピパーチ、ピヤーシなどいろいろな呼び方がある)が一番合う、という人も。         
        
ロースそば
三枚肉とは違った美味しさのロースそばは、肉本来の味わいがあるとファンも多い。そばと一緒に食べるいなりも人気。
店内の様子
変わらない味を守るため、あえて支店は出さないという。その心意気に地元からも愛されています。

むつみ橋かどや

戦後しばらくしてオープンしたという創業65年目、那覇で一番の老舗沖縄そば専門店。当時、沖縄そばは今のように気軽に味わえるものではなく、豚のダシ骨をじっくり煮出したスープや煮付けた豚肉がトッピングされいて、何もない時代には庶民にとってささやかなご馳走だった。43年前に跡を継いだ2代目は、その当時の味を守りつつ今の人でも飽きのこない味わいに仕上げている。そばの特徴は鰹節使わずにダシ骨をじっくり時間をかけて煮出し、そこへロースや三枚肉、ソーキの茹で汁を加えることで、豚ダシの味が重層的な深いコクと旨みになっているところにある。また、麺は中太でやわらかいけれど独特なコシがあり、食べ始めから食べ終わりまで変わらない食感で、深い旨みのスープとの相性も抜群。オープン当初からの人気メニューは、ネギとカマボコと紅ショウガだけがトッピングされた「かけそば」300円。沖縄そばと麺とスープの本来の味わいがわかると昔からのそば通に支持されている。沖縄そばを愛する作り手と地元客といっしょに、じんわりと沖縄ならではのうまさを味わってみては。 焼肉コース以外にも、あぐーを使った単品料理が豊富。また、あぐー豚のしゃぶしゃぶコースや、沖縄産の黒毛和牛の焼肉コースも人気です。日替わりのホルモンや部位を求め、足繁く通うリピーターも多いとか。常連客気分で、その日おすすめのお肉を聞いてみては?

地図を見る

店舗データを開く

店名 むつみ橋かどや
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目3-49
営業時間 11時30分~18時(ラストオーダー)*売り切れ次第終了
定休日 火曜(不定休あり)
電話番号 098-868-6286
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩約4分
外部サイト 食べログ
平均予算 ランチ:300円~
クレジットカード 不可
席数 約22席、7席カウンター有り
駐車場 なし
メニュー一例 ソーキそば 700円/三枚肉そば 600円/ロースそば 500円/かけそば 300円/いなりずし一皿(2コ)100円/おかわり麺 100円 *価格はすべて税込

太平洋に浮かぶ南大東島の恵み。
噛むほどに旨い沖縄そば
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観

メニューの写真
国際通りから少し離れた裏通り、人気のカフェやバーなどが並ぶパラダイス通りにある。そばメニュー以外にもチャンプルーなどが味わえる食堂です。
店の内観
店内に入るとすぐにカウンター席とテーブル席が。店の奥には座敷席もあるので小さい子ども連れも安心して食事が楽しめます。
写真が飾られている
テーブル席の横の壁には店名の由来になった、店主の出身地の南大東島の迫力ある写真が貼られている。ちなみに大東諸島は南・北大東島と無人島の沖大東島からなる諸島で、那覇から東へ約340km、太平洋に浮かぶ断崖絶壁の島。1900年に開拓によってできた島で、人が住みはじめてまだ117年しかたっていません。             
お得セット
人気のメニューは「お得セット 800円(税込)」。三枚肉とソーキ入りそばと大東寿司2貫のセット。
そばの写真
島の植物で作った灰汁を使った太めの手打ち麺。もっちりとした歯ごたえが特徴。豚骨や鰹節、鶏ガラを使ったスープはあっさりとしながらもコクがあり、太目の麺との相性もバッチリ。                   
        
大東寿司
大東寿司とは醤油ベースのタレに漬け込んだサワラやマグロを漬け込み酢飯で握ったもの。島ではポピュラーな食べ物で、タレは各家庭ごとに秘伝の製法がある。島では身近な魚として主にサワラを使うが、那覇では入手しやすいカジキを使うことが多い。
たまごそば
ふわふわの「たまごそば 550円(税込)」。焼いただけのたまご焼きがスープを吸ってジューシーな味わいに。
ゴーヤーチャンプル定食
「ゴーヤーチャンプル定食 600円(税込)」。ゴーヤーに食べなれていない人でも箸がすすむ美味しさです。ボリュームも大満足。             
ロースや豚トロも
広々としたオープンキッチン。それでもランチタイムに大東そば以外の注文が増えるとてんてこ舞いに。時間には余裕をもって来店を。      

大東そば

大東そばが生まれたのはおよそ27~8年前。南大東島で「伊佐商店」という商店と食堂を経営していた店主の伊佐さんのお父さんが、大東島の特産品はできないかと考えぬいてできたという。島の植物と島周辺の海水を利用した塩を使って完成させた麺を、大東島の自然が与えた恵みから生まれた大東そばとして売り出した。そして15年ほど前に那覇で勤め人になっていた伊佐さんに大東そばの店をやらないかと声をかけたのがこの店の始まり。開店当初は島から毎日麺を空輸していたが、大東そばの評判が上がるにつれ、空輸では追いつかなくなり、今では送られてきた木灰と塩を利用して手打ちで麺を作るようになった。開店当初は特に宣伝もしていなかったためすぐに大人気、というわけにはいかなかったが、歯ごたえのある太い麺とアッサリとした中にもコクのあるスープの美味しさが口コミでそばジョーグーやそばファンに知れ渡り、雑誌やテレビなどで取り上がられるようになり、徐々に人気を博すようになった。今ではそば通だけではなく県内外の多くの人に知られる人気店になっている。那覇にいながら離島で育まれた味を堪能してみて欲しい。

地図を見る

店舗データを開く

店名 大東そば
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目4-59
営業時間 11時~18時*売り切れ次第終了
定休日 なし
電話番号 098-867-3889
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩約3分
外部サイト 食べログ
平均予算 800円~
クレジットカード 不可
席数 25席、カウンター・座敷有り
駐車場 なし
メニュー一例 お得セット 800円/大東そば大 600円/ソーキそば 700円/肉そば 700円/トーフちゃんぷるー定食 700円/たまごそば 550円 *価格はすべて税込

地元はもちろん観光客にも人気
390円で味わう本格ソーキそばの店
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
店の周辺はマチグヮー(市場)の中でもディープなアケード街。復帰前後の古い市場を感じさせる、昔ながらの雰囲気が残っています。
こじんまりとした店内
カウンター席とテーブル席、入口近くには座敷も。こじんまりとしているのでカウンターでさっと食べてさっと出ていく地元客や常連客も多いお店です。
メニュ―の写真
メニューは沖縄そばをはじめそば類だけ。沖縄では沖縄そばは500円前後、ソーキそばは600円以上が相場だけど、ここのソーキそばは驚きの390円!  
ソーキそば
一番人気はもちろんおすすめのソーキそば(390円 税込)。トロトロに煮込まれた軟骨ソーキはアッサリとしたスープと細めの麺との相性がバッチリ。この味わい深さでコスパは最高!
てびちそば
ソーキそばに負けずに人気のてびちそば(小 450円、大650円 各税込)。皮までプルプルになったコラーゲンたっぷりの豚足がトッピングされています。           
        
レトロな雰囲気
店の周辺は公設市場をはじめとする歴史を感じる古いアケード街。ここ数年はレトロな雰囲気を活かして昼飲みのできる立ち飲み屋や千ベロの店などが増えているので、食後にぶらりと散策してみては。

ソーキそば専門店 田舎 公設市場前南店

牧志公設市場を中心とする、沖縄の言葉でマチグヮーと呼ばれる巨大商店街の中にある沖縄そばの専門店。店主の新城英吉さんは復帰前からそばを作っている大ベテランの料理人で、30年以上前からマチグヮー周辺で「安くて美味しいソーキそばの店を開きたい」と思い、徹底的なコストダウンと今あるもので美味しいものを作る努力によって看板メニューのソーキそばを考案し、17年前に今の場所にお店をオープンさせた。新城さんのモットーは「安い、美味しい、早い、働く人のためのそば」。人気の「ソーキそば」は肉の味がしっかり残っているのに軟骨がトロトロにとろけるほどやわらかい軟骨ソーキをトッピング。スープはメインの豚骨を徹底的に脂分取り除きじっくり煮出し、厚く削られた上質の鰹節をたっぷり使い、すっきりと澄んでいながらもコクと深い旨みが感じられる味わい。細くて平たい宮古そばの麺との相性もよく、麺とスープと具がそれぞれのよさを引き出しあっている。料金に惹かれて注文するお客も多いが、一度食べるとその美味しさにほとんどがリピータになるほど。店内外のレトロな空気を感じながら「これぞ沖縄そば!」を堪能できることまちがいなし。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ソーキそば専門店 田舎 公設市場前南店
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目10-20
営業時間 10時~18時50分
定休日 無休
電話番号 なし
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩約8分
外部サイト 食べログ
平均予算 ランチ:390円~
クレジットカード 使用不可
席数 約20席、カウンター・座敷有り
メニュー一例 おすすめソーキそば 390円/ソーキそば (大)650円/てびちそば (大)650円(小)450円/沖縄そば (大)650円(小)450円/ネギそば 300円 *価格はすべて税込

島唄を世界に広げたネーネーズが生演奏
初めての民謡ライブにおすすめの店
【投稿日】2016年12月18日(日)
入口風景
観光客で賑わう国際通りのほぼ中央。おきなわ屋本店の3階に、本格的な島唄を聴かせてくれるお店があります。
出演者一覧
ステージにこれから立つのは結成27年を迎えたあのネーネーズ。どんな演奏を披露してくれるか楽しみです。
オリオンビール
ぜひオーダーしてみたいのが沖縄生まれのオリオンビール(550円 税別)。亜熱帯の島によく似合う味がします。             
コルコル
こちらは沖縄県産のラム「コルコル」。ネーネーズのメンバーの一人、沖山美鈴さんの生まれ故郷、南大東島で作られているレアなお酒です。
ラフテー
沖縄宮廷料理の代表選手のラフテー(850円 税別)はぜひ頼んでほしい一品。余分な脂分が丁寧に取り除かれていて、あっさり上品な味に仕上がっています。             
        
人参シリシリ
定番メニューの人参シリシリ(580円 税別)は、たっぷりの人参を独特の器具で千切りにしたヘルシーメニュー。沖縄名物のポークランチョンミートがアクセントでお酒にも合います。
ソーメンチャンプルー
沖縄の県民食、ソーミンチャンプルー(580円 税別)。素麺を野菜と炒めて食べるのは沖縄独特のスタイル。小腹が空いた時におすすめです。
ライブの風景 ライブの風景2
しっとりと心が潤う島唄を聴けるライブは19時、20時30分、22時スタートの1日3ステージ。ステージごとに演目と衣装が変わります。             
カチャーシー
締めはやっぱりカチャーチー。踊り方を教えてくれるので踊ったことがない人でも、心から楽しく踊れます。             

ライブハウス島唄

ライブハウス島唄は、90年代以降の沖縄ブームを音楽面から盛り上げた沖縄音楽界のレジェンド、知名定男さんのお店です。1995年にオープンしてから22年、情緒豊かなメロディで心を癒す伝統的な沖縄民謡から、アレンジが効いてノリのいい沖縄ポップまで生ライブで楽しめます。一番人気のアーティストはネーネーズ。彼女たちのライブで披露されるのは、大好きだった人への切ない恋心を歌った「ウムカジ」や、くよくよしないで一緒に楽しもうという「テーゲー」、そして代表曲の「黄金の花」など。ユーモアのあるMCで疲れた心を癒してくれたり、染み入るように響く歌声で、忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれます。ライブは入替制ではないので、最初から最後のステージまで、沖縄料理やお酒を味わいながら、沖縄の夜をゆっくり満喫できます。「幅広い年齢層のお客さんに心ゆくまで味わっていただきたい」と、料理はどれも食べやすく、優しい仕上がりになっています。90分の飲み放題プランも用意されていますので、お酒が好きな人も財布を気にせず楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ライブハウス島唄
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目-2-31ハイサイおきなわビル 3F
営業時間 18時〜23時(ラストオーダー22時)
定休日 なし
電話番号 098-863-6040
外部サイト 公式HP
平均予算 4000〜5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 150席
駐車場 なし
メニュー一例 ライブチャージ 大人 2000円・小中高生 1000円/オリオン瓶ビール 850円/オリオン生ビール(中) 550円/泡盛(グラス) 505円〜/COR COR 800円/やわらかラフテー 850円/ソーミンちゃんぷるー 580円/人参シリシリ 580円/グルクン唐揚げ 630円/タコライス 615円 *価格はすべて税別

おばあちゃんの家のような懐かしさ
アットホームな雰囲気で本物の島唄を
【投稿日】2016年12月18日(日)
お店入口
風にそよぐ暖簾をくぐって階段を登ると、突き当たりには魔除けの石敢当が。石垣島名物のアンガマのお面が飾られた入口を抜けるとそこは別世界。
ドリンク
テーブルについたらオリオンビールでまず乾杯。生ジョッキが沖縄の夜を盛り上げてくれます。
アヒポキ
沖縄の近海で獲れた県産マグロをハワイのソウルフード、アヒポキで。ビールや泡盛によく合います。       
島ドーフとザーサイのラー油がけ
芳ばしさとピリ辛感が南国気分を盛り上げる島ドーフとザーサイのラー油がけ。島豆腐をおいしくいただく石垣流の食べ方です。
石垣牛のチャンプルー
柔らかくてうま味がしっかりした石垣牛のチャンプルー。お肉たっぷりで大満足。        
        
メニューの写真
温かみのある手書きのメニュー。石垣牛のメンチカツ、石垣島ラー油がけ揚げギョーザなど、自然豊かな八重山の食材を活かした料理が食欲をそそります。
ライブ写真
「安里屋ユンタ」、「オジー自慢のオリオンビール」など、八重山や本島のメジャーな曲が演じられるステージはおよそ30分。唄い手に合わせて「いやささー」、「ゆい、ゆい」と聞き手がお囃子で返すキャッチボールは、打ち寄せては返す波のバイブレーションのよう。
カチャーシー
偶然居合わせたお客さんたちが家族のように一丸となって盛り上がるのも、「あっぱりしゃん」の面白さ。沖縄の熱に心と体をゆだねてみましょう。             

隠れ家 あっぱりしゃん

那覇の中心部から歩いてすぐにもかかわらず、落ち着いた雰囲気が印象的な久茂地川沿いの一角に、隠れ家のように佇む「あっぱりしゃん」は、本格的な島唄とひと手間かけられた手料理が自慢の民謡居酒屋です。オーナーは小学校5年生の頃、大好きだった担任の先生の影響で三線をはじめたという長浜タケヨシさん。「八重山の島唄はショービジネスの世界からは程遠い島の暮らしの中に生きている人たちととともにあり続けてきたんです。島唄は日々の生活を織りなす人間模様とともにあるんです。そういう八重山の心を食と酒と音楽を通じて届けたい」という長浜さんの言葉の通り、那覇にいながらにして沖縄本島よりさらに南にある八重山諸島の魅力を体全体で感じることができる店です。パイナップルやオオタニワタリ、かまぼこ、ピーパーチ、塩など石垣島をはじめ八重山諸島の食材を活かした料理にも定評があり、地元の人が沖縄に来た友人や仕事関係の人をもてなす際に利用するお店としても知られています。

地図を見る

店舗データを開く

店名 隠れ家 あっぱりしゃん
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目23-8 
営業時間 17時30分〜25時
定休日 なし
電話番号 098-861-1112
アクセス 沖縄モノレール県庁前駅下車 久茂地川沿い美栄橋駅方面徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 オリオン生(中) 500円/泡盛グラス 450円〜/黒糖梅酒 600円/ソフトドリンク 300円/石垣牛チャンプルー 880円/島豆腐とザーサイの島ラー油がけ 580円/島マグロのアヒポキ 880円/塩から3点豆腐のせ 780円/お造り(小)1200円/海鮮海人サラダ 880円/てびち 680円/お通し 300円*価格はすべて税別

あぐーを一頭買い!カルビからホルモンまで。
多彩な部位まで焼肉で頬張ろう
【投稿日】2016年12月18日(日)
店内の風景
国際通り沿い「ドンキホーテ」の7階にあり、アクセスは抜群。
店内の風景
     沖縄らしいインテリア
店内には15ものテーブル席が並び、広々。花ブロックなどの沖縄らしいインテリアが随所に施され、旅の気分を盛り上げてくれます。
島豚あぐー豚の焼肉コース
琉球在来島豚あぐー豚の焼肉コース(4298円 税込)。日ごとに異なる3種の部位と、カルビ一枚焼き、ホルモンなど、いろいろなあぐーの部位の他6品がついてこのお値段。リーズナブルに提供できるのは、実はあぐーを一頭買いしているため。             
豪快なカルビ一枚焼き
豪快なカルビ一枚焼き。 肉質の良さに定評があるこちらのお店。最適な状態で提供できる工夫が、肉の管理から切り方にまで徹底しているためです。 まず、肉の旨味を損なわないよう、保管温度に細心の注意を払います。さらに肉の部位によって切り方を変え、食べやすさとともに食感にまで気を配っています。
ハラミの写真
ホルモンは日によって部位が異なります。今日はハラミ。 珍しいあぐー豚のホルモンが食べられるのも、一頭買いしているからこそ。                      
        
前菜類が充実
島野菜のナムルにキムチ盛り合わせと、前菜類が充実。こちらは沖縄産のモズクキムチ。沖縄で人気の手作りキムチ店「やまや」から取り寄せていて、県産モズクの歯ごたえと辛味がクセになる逸品です。
カルビの一枚焼き
まずはカルビの一枚焼きからスタート。脂肪の溶ける温度が一般の豚に比べて低いあぐー豚。あっという間に脂が溶け出し、香ばしい香りが漂い始めます。すぐに焦げてしまうので、あまり焼きすぎないのがコツ。
長いカルビをハサミで
焼きあがったら、長いカルビをハサミでジョキジョキ!これぞ、大きな肉を食べる時の醍醐味です。                        
ロースや豚トロも
ロースや豚トロもどんどん焼きましょう。あぐー豚の旨味成分は通常の豚肉の約2.5倍あるにもかかわらず、コレステロールはなんと4分の1!たくさん食べてもヘルシーです。ご飯はおかわり自由なので、この際、あぐー豚と白飯の組み合わせを存分に楽しんで。             
泡盛と店員さんの写真
あぐー豚の焼肉のお供には、ご飯もいいけど泡盛も最高!泡盛に詳しいスタッフがいるので、おすすめの一杯を気軽に聞いてみてください。  

焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店

国際通り沿い、ドンキホーテの7階にある「吉崎食堂」の前身は、焼肉専門店「玄GeN(ゲン)」。20年ほど前に、琉球在来島豚あぐー豚の焼肉を沖縄で初めて提供した店で、質の高いあぐー豚を食べられる店として、定評があります。あぐー豚を一頭買いしているため、さまざまなあぐー豚の部位が揃うのが特徴。県内でもあぐー豚のホルモンを常に置いている焼肉店は珍しく、貴重です。 おすすめは「あぐー豚の焼肉コース」。あぐー豚は、ロースや豚トロなど、日によって異なる部位が3種類と、ホルモン1種類、大きなカルビがセットに。その他、キムチ盛り合わせと、ゴーヤなどの県産野菜のナムル3種類、島野菜と島豆腐のサラダ、豆乳プリンなど6品ついて、ボリューム満点。 野菜は全て沖縄県北部の契約農家から無農薬の有機野菜を仕入れ、サラダの豆腐やプリンの豆乳は、豆腐専門店「ひやごん豆腐」の手作りの品を使うなど、肉だけでなく食材全てにこだわりがあります。 焼肉コース以外にも、あぐーを使った単品料理が豊富。また、あぐー豚のしゃぶしゃぶコースや、沖縄産の黒毛和牛の焼肉コースも人気です。日替わりのホルモンや部位を求め、足繁く通うリピーターも多いとか。常連客気分で、その日おすすめのお肉を聞いてみては?

地図を見る

店舗データを開く

店名 焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目8-19 7階
営業時間 17時~(ラストオーダー)22時30分 、(土日祝)11時30分~(ラストオーダー)14時30分、17時~(ラストオーダー)22時30分
定休日 なし
電話番号 098−861−0429
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩5分
外部サイト 公式HP
平均予算 5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 琉球在来島豚あぐー豚の焼き肉コース 4298円/おきなわ黒毛和牛の焼肉コース 4298円/あぐー豚のしゃぶしゃぶコース 5378円/「あぐー」蒸し餃子 626円/「あぐー」生ハム 734円/「あぐー」てびち唐揚げ 842円/泡盛グラス 410円〜/オリオンビール 540円 *価格はすべて税込