チャーリー多幸寿国際通り店

これぞ王道オキナワンタコス!
創業60年以上を誇る老舗の味
【投稿日】2017年12月29日(金)
店の外観
国際通り店は、チャーリー多幸寿の2号店に当たります。本店は沖縄市(コザ)にあり、2018年で創業62年目を迎える老舗です。
店内の風景
本店のレトロな雰囲気をそのまま持ってきたような店内。場所柄、観光客が昼夜問わず訪れる人気店です。
3種類のタコス
左からビーフ、チキン、ツナ(単品各250円 税込)。全部で3種類のタコスがあります。定番ビーフはしっかり濃いめの味付け。肉の旨味と歯ごたえを感じられるよう、粗めにミンチされています。濃厚なチェダーチーズと相まって、がっつり感満載。ほんのりカレー味チキンと、あっさりマヨネーズ味のツナは、ビーフとは対照的にさっぱりとしているので、サンドウィッチ感覚で食べられます。 自家製トルティーヤは外はカリッと、中はもっちりとした絶妙な食感。創業当時のレシピを受け継ぎながらも、もっちり感が持続するようもち麦を少し加えるなど、改良を重ねています。
タコスのソース
沖縄産「島唐辛子」入りの辛味と酸味が効いたオリジナルソースはお好みで。3段階の辛さから選べます。             
タコスの写真
手のひらにすっぽり収まるジャストサイズながらも、肉やレタスがたっぷり入っているので食べ応え十分。3個食べれば、女性ならお腹いっぱいに。
チャーリーセット
「チャーリーセットS(770円 税込)」は、タコスとチャーリーライス、ドリンクがついてお得です。チャーリーライスとはタコライスのこと。ご飯の上にはタコスミートと2種類のチーズがたっぷり。レタスとトマトは別盛りなのがチャーリー流。             
        
タコライス
タコスミートをご飯に載せたまかない飯が、いつしか店の人気メニューに。チーズとしっかり味のビーフの最強コンビネーションは、トルティーヤだけでなくご飯との相性も抜群です。大きな口で頬張りたい逸品。

チャーリー多幸寿国際通り店

チャーリー多幸寿国際通り店は、創業62年目を迎える「チャーリー多幸寿」の2号店。本店は沖縄市(コザ)のパークアベニュー通りにあり、米軍統治下時代にAサインレストランとしてオープンしたのが始まりです。本店さながらの古き良きアメリカンダイナーのような作りが、味のあるレトロな雰囲気を醸し出しています。 名物タコスの味は3種類。創業当時からあるビーフは定番の味ですが、後に加わったチキンとツナは、コザという場所柄生まれたメニュー。アメリカをはじめ、インドやアジア各国の人々が暮らすコザには、宗教上ビーフが食べられない人やベジタリアンが多くいます。誰でもタコスを楽しめるようにと、チキンとツナが考案され、今ではビーフに匹敵するほど人気の味になりました。そんな老舗ならではの歴史の詰まったタコスは、どれも具材たっぷりでボリューム満点。がっつり食べたいならビーフ、あっさり軽食にはチキンやツナがおすすめです。 タコスと人気を二分するメニューが「チャーリーライス」というタコライス。どちらも食べたいなら、チャーリーライスにタコス、ドリンクが付いた「チャーリーセット」がお得です。その他、エンチラーダやパスタなどもあり、すべてテイクアウト可能です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 チャーリー多幸寿国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾1丁目3-4
営業時間 11時〜21時(ラストオーダー20時45分)
定休日 木曜
電話番号 098-861-9995
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000円
クレジットカード 利用不可
席数 38席
駐車場 なし
メニュー一例 タコス(単品) 250円/(3個セット) 690円/チャーリーライス 690円/チャーリーセット(タコス、チャーリーライス、ドリンク) 770円〜 ※タコスの数、チャーリーライスの量を選べます/タコスセット(タコス、ドリンク、ポテト、オニオンリング) 580円〜 ※タコスの数、サイドメニューの種類などを選べます/エンチラーダ 690円/パスタ 690円 *価格はすべて