琉球島料理 田芋(たーんむ)

祝い事に欠かせない県民食材を
味わい尽くせる田芋料理専門店
【投稿日】2018年03月06日(火)
朱塗りの門が特徴の外観
風情のある朱塗りの門が目印です。暖簾の上には裏庭になっているバナナが下げられていたり、茂みの裏にはスパイダーマンが潜んでいたりとフォトジェニックな仕掛けがあります。
田芋定食1500円税込
看板メニューは田芋定食(1500円 税込)。揚げる、煮るなど様々な調理法を駆使して田芋の美味しさが引き出されています。
田芋の茎の部分「ムジ」
最初に紹介したいのは「ムジ」と呼ばれている田芋の茎の部分です。柔らかい歯ざわりと酢味噌の爽やかさが印象的。手間がかかるのでなかなかお目にかかれないレアな部位です。
ドゥル天
続いては琉球料理店でもおなじみのドゥル天です。表面はカリッと、中は柔らかいのが特徴です。単品でも注文できるので、ぜひトライしてみてください。       
オジサンの唐揚げ(時価)
こちらはユーモラスなあだ名を持つ沖縄の魚「おじさん」の唐揚げ(時価)です。ヒゲが生えていて、ふらりふらりと千鳥足のように夜の海を歩いていることから、このあだ名がつけられたのだそう。旨みたっぷりの皮と、しっとりあっさりした白身が自慢です。       
  久米島産の地鶏が美味しいトロトロ卵の親子丼 (900円 税込)
ご飯ものでおすすめなのが、久米島産の地鶏が美味しいトロトロ卵の親子丼 (900円 税込)。清らかな水と瑞々しい森で知られる久米島は自然豊かな離島です。この島でのびのびと走り回り、ウコンや月桃を混ぜた自家配合飼料で育った鶏なので、臭みがなく、プリップリの肉質と旨味を楽しめます。     
田芋のスコーン
デザートは、田芋スコーン(450円 税込)。田芋を生地に練りこんであるのでしっとりなめらか。パイナップルやパッションフルーツのフルーツバターが味を引き立てます。   
田芋内観写真   
外からの自然光と琉球ガラスのランプシェードが放つ柔らかい光に包まれた店内。壁には紅型の着物や花笠が。窓の外には写真映えするオブジェがあります。
  

祝い事に欠かせない県民食材を 味わい尽くせる田芋料理専門店

「琉球島料理 田芋(たーんむ)」は、沖縄でもあまりお目にかからない田芋料理の専門店です。子孫繁栄の象徴的な食材である田芋は、独特の甘みと旨みが特長の美味しい芋なのですが、アクが強く下ごしらえに手間暇がかかることから、一から手作りされた料理を味わうことが難しいレアなグルメ食材です。こちらのお店では、直営の水田で丹精こめて育てた田芋を使っているので、でき上がった料理から関わった人の愛情が伝わってきます。店長の一番のおすすめは、ドゥル天です。下ごしらえした後、練り上げた田芋をだし汁で練り、椎茸やムジ(田芋の茎)を加えて作ったドゥルワカシーをカリッと揚げた天ぷらです。そのほか、タレを絡めた唐揚げや、黒糖を使って甘く練った田楽など、代表的な田芋料理を堪能できます。子ども連れのお客さんに配慮して、魚の唐揚げが食べやすいようにカットされていたり、気の利いた写真が撮れるように仕掛けがあったりと、沖縄流の心配りがありがたいお店です。2階席もあるので団体での利用にもおすすめです。お店のすぐ近くには、県内でも1、2位を争う人気の道の駅(道の駅おんな)や、眺めのいい図書館や博物館がありますので、お腹を満たした後は周辺をのんびり歩いてもいいかもしれません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 琉球島料理 田芋(たーんむ)
住所 沖縄県恩納村仲泊2081-1
営業時間 ランチ/12時〜17時(ラストオーダー16時)、ディナー/17時〜23時(ラストオーダー22時)
定休日 不定休
電話番号 098-964-6444
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約10分
外部サイト ぐるなび
平均予算 ランチ600〜1500円
クレジットカード ディナーのみ可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 60席
駐車場 あり 
メニュー一例 田芋定食 1500円/ソーキそば 600円/トロトロ卵の親子丼 900円/たっぷり!海ぶどう丼 900円/ラフテー丼目玉のっけ 900円/生マグロの自家製ダレの漬け丼 950円/田芋スコーン 450円/オリオン樽生ビール 500円/ソフトドリンク 200円 *上記のメニューはランチメニューです。夜はディナーメニューを楽しめます。 *価格はすべて税込。