島唄と地料理 とぅばらーま

沖縄の古き良き家並みで堪能する
島唄と沖縄料理の共演
【投稿日】2017年06月30日(金)
とぅばらーま外観

ゆいレール「牧志駅」から徒歩1分に位置。外壁を覆い尽くすほどに生い茂ったハイビスカスと、入口に配された巨大な三線が目を引きます。

とぅばらーまの店内
店内1階フロアには、古き良き沖縄の家並みが再現されています。赤瓦の家々を横目に石畳のすーじぐゎー(小路や路地の意)を歩けば、まるでタイムスリップしたかのような気分。
藁葺きの家を再現
赤瓦のイメージが強い沖縄ですが、はるか昔に実在した藁葺きの家を再現したスペースも。まるで田舎の祖父母の家にでも遊びにきたような気分で過ごせます。
定番メニュー
定番メニューは県産の野菜や肉、魚や島豆腐などを使用した多彩な沖縄地料理が楽しめます。あれもこれもと迷った場合には、定番の沖縄料理がラインナップされるコース料理(3150円 税別~)がおすすめ。
グルクン(たかさご)の姿揚げ 表面はパリパリ
沖縄の県魚でもある「グルクン(たかさご)の姿揚げ」(820円税別)は人気メニューの一つ。表面がパリパリと香ばしい一方、白身はふっくらとして柔らかい。アルコールにもよく合います。
らふてぃ
たっぷりと時間をかけて煮込まれる「らふてぃ」(800円 税別)は、とろけるような柔らかさ。泡盛を入れて煮込むことで沖縄料理らしい独特の風味とコクが生まれます。
三線・島唄のライブ 2階フロア
2階フロアでは、沖縄料理を食べながら楽しめる三線・島唄のライブ(ライブチャージ500円 税別/中学生以上)が連日開催されています。
一緒に盛り上がる三線・島唄のライブ
三線・島唄のライブは飛び入り参加も大歓迎。恥ずかしがらずに一緒に盛り上がれば、きっと忘れられない思い出になるはず。

島唄と地料理 とぅばらーま

戦前の沖縄や、離島に残る素朴な空間を模した1階店内のしつらいが素晴らしく、一歩足を踏み入れた瞬間から「とぅばらーま」の作り出す独自の世界観にどっぷりと浸かれます。座敷席や半個室も多く、子ども連れのファミリーやグループにもぴったり。
一方、2階席にはステージが設けられ、毎夜「三線・島唄ライブ」が開催。カチャーシーのレクチャーも行われ、「演客一体」の盛り上がりを見せるライブは必見です。平成27年に旭日双光章を受賞した唄者、宮良康正さんも毎週定期的にステージに上がるなど、第一人者のパフォーマンスに触れられることも。
初めての沖縄旅行であれば、「龍泉利き酒セット」(1680円 税別)を試してみては?新酒・古酒・ハブ酒という3種の泡盛を飲み比べ、味わいの違いをぜひ感じてみて。
午前の11時から営業しており、昼は「沖縄そば」や「タコライス」といったランチ、夜は島唄と地料理を楽しむ居酒屋として、一日を通して利用できるのも便利です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島唄と地料理 とぅばらーま
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目7-25
営業時間 11時~24時(料理ラストオーダー23時、ドリンクラストオーダー23時30分)
定休日 なし
電話番号 098-862-3124
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩約1分
外部サイト 公式HP
平均予算 ランチ 650円~1100円/ディナー 2000円~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 約402席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 フーチャンプルー 650円/ミミガー 420円/もずくの天ぷら 580円/オリオン生 620円 *価格はすべて税別