沖縄でメキシコ体験。異国情緒に浸る那覇の夜

沖縄でメキシコ体験異国情緒に浸る那覇の夜 「ボラーチョス」のある場所は、国際通りから一本入った「パラダイス通り」。おしゃれなカフェやバーが軒を連ねる路地です。 メキシコで買いつけたカラフルな雑貨が並ぶ店内は、異国情緒たっぷり。スタッフの風貌もなんとなく日本人離れしていて、まるで海外のバーにいるよう。 テーブルの上にはタバスコだけでなく、見慣れないさまざまなソースが並んでいます。それぞれ辛さも違うので、気になるものがあればぜひお試しを!        ハードシェルタコスは2個で756円(税込)。一見するとスタンダードな沖縄のタコスですが、レタス、タコミート、トマトの上にはパクチーが乗り、一味違う味わいに。チーズの代わりにサワークリームが使われているので、さっぱりといただけます。 お店イチオシのタコスがこちら。本場メキシコのタコスさながらの、ソフトな自家製トルティーヤが使われています。メキシコから取り寄せたとうもろこし粉の一種「マサ粉」で作られたトルティーヤは、香ばしくて素朴な味なので、どんな具材とも好相性。         6種類の具材の中で一番人気の味はビーフ(3個入り810円 税込)。ビーフを数種類のスパイスとパインジュースで柔らかく煮込み、シュレッド。その料理とともに玉ねぎやパクチーをトルティーヤに乗せ、包んで食べます。嚙みしめるたびに煮込んだ肉のうま味がジュワッと広がり、たまらないおいしさに。軽食と呼ぶのが失礼に感じてしまう、立派な一品料理です。          自家製サルサソースは、ソースというよりサラダと呼びたい一品。たっぷりのフレッシュトマトにライムジュースやハラペーニョなどを混ぜた爽やかなサルサが、濃厚な味のタコスを一気に食べやすくしてくれます。 鉄板に乗って提供されるタコライス(972円 税込)。タコミートとライスが予め混ぜられ、リゾットのような食感に。たっぷりレタスの上にはトルティーヤチップスがトッピング。 目の前でスタッフが混ぜてくれます。鉄板で焼けるチーズとガーリックの香ばしい匂いが立ち込め、食欲をそそります。熱々のうちに食べるのがおすすめ!              料理と一緒に、ぜひおいしいお酒を。人気のフローズンマルガリータ(756円~)はライムやストロベリーなどのフレイバーから選べます。テキーラの品揃えには定評あり、その数なんと50種類以上。              平日は17時から翌朝の5時までオープン。他では食べられないタコスやメキシコ料理とおいしいお酒で、那覇の夜を満喫してみては?

Borrachos(ボラーチョス)

沖縄でメキシコ体験
異国情緒に浸る那覇の夜
【投稿日】2018年01月11日(木)
店の外観
「ボラーチョス」のある場所は、国際通りから一本入った「パラダイス通り」。おしゃれなカフェやバーが軒を連ねる路地です。
店内の風景
メキシコで買いつけたカラフルな雑貨が並ぶ店内は、異国情緒たっぷり。スタッフの風貌もなんとなく日本人離れしていて、まるで海外のバーにいるよう。
薬味の写真
テーブルの上にはタバスコだけでなく、見慣れないさまざまなソースが並んでいます。それぞれ辛さも違うので、気になるものがあればぜひお試しを!       
ハードシェルタコス
ハードシェルタコスは2個で756円(税込)。一見するとスタンダードな沖縄のタコスですが、レタス、タコミート、トマトの上にはパクチーが乗り、一味違う味わいに。チーズの代わりにサワークリームが使われているので、さっぱりといただけます。
お店の一押しタコス
お店イチオシのタコスがこちら。本場メキシコのタコスさながらの、ソフトな自家製トルティーヤが使われています。メキシコから取り寄せたとうもろこし粉の一種「マサ粉」で作られたトルティーヤは、香ばしくて素朴な味なので、どんな具材とも好相性。        
6種類の具材の中で一番人気の味はビーフ(3個入り810円 税込)。ビーフを数種類のスパイスとパインジュースで柔らかく煮込み、シュレッド。その料理とともに玉ねぎやパクチーをトルティーヤに乗せ、包んで食べます。嚙みしめるたびに煮込んだ肉のうま味がジュワッと広がり、たまらないおいしさに。軽食と呼ぶのが失礼に感じてしまう、立派な一品料理です。
        
自家製サルサソース
自家製サルサソースは、ソースというよりサラダと呼びたい一品。たっぷりのフレッシュトマトにライムジュースやハラペーニョなどを混ぜた爽やかなサルサが、濃厚な味のタコスを一気に食べやすくしてくれます。
タコライス
鉄板に乗って提供されるタコライス(972円 税込)。タコミートとライスが予め混ぜられ、リゾットのような食感に。たっぷりレタスの上にはトルティーヤチップスがトッピング。
混ぜている写真
目の前でスタッフが混ぜてくれます。鉄板で焼けるチーズとガーリックの香ばしい匂いが立ち込め、食欲をそそります。熱々のうちに食べるのがおすすめ!             
フローズンマルガリータ
料理と一緒に、ぜひおいしいお酒を。人気のフローズンマルガリータ(756円~)はライムやストロベリーなどのフレイバーから選べます。テキーラの品揃えには定評あり、その数なんと50種類以上。             
食べる写真
平日は17時から翌朝の5時までオープン。他では食べられないタコスやメキシコ料理とおいしいお酒で、那覇の夜を満喫してみては?

沖縄でメキシコ体験。異国情緒に浸る那覇の夜

国際通りから一本入った路地裏の「パラダイス通り」。小さくておしゃれなカフェやレストランが軒を連ねるこの通りでも、ひときわ目立つカラフルなお店が「ボラーチョス」です。ここは、タコスだけでなく本格的なメキシコ料理が味わえる人気店。オーナーがメキシコを巡って集めたという雑貨が飾られ、鮮やかでポップな店内は、異国情緒たっぷり。沖縄のチャンプルー文化を感じられます。 タコスは、スタンダードな沖縄タコス風のハードシェルタイプと、ソフトなトルティーヤの2種類あり、お店の一押しはソフトなタコス。「マサ粉」というメキシコから取り寄せたとうもろこしの粉で作られた自家製トルティーヤで、さまざまな具材を包んで食べます。具材は、ビーフ、チキン、ポーク、エビ、ヤギ、ラムの6種類。それぞれ異なる味付けと方法で調理されており、一品料理としての完成度が高いものばかり。メキシコでは、トルティーヤで好きな具材を包んで食べるもの全般をタコスと呼ぶそうで、ここでは本場さながらのタコスが味わえるのです。 他にもブリトーやエンチラーダなどのメイン料理や、ビーフやチキンの肉料理、軽いおつまみなど多彩なメキシコ料理が揃います。定番のコロナだけでなく珍しいメキシコのビールもあり、お酒の種類も豊富。月曜から土曜は朝の5時まで営業しているとあって、夜な夜な地元の人が多く訪れ、お酒と料理を楽しむ姿が見られます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Borrachos(ボラーチョス)
住所 沖縄県那覇市牧志1-3-31
営業時間 月〜土曜 17時〜翌5時(ラストオーダー翌4時) 日曜、祝日 17時〜翌2時(ラストオーダー翌1時)
定休日 不定休
電話番号 098−943−4488
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000円
クレジットカード 不可
席数 20席
駐車場 なし
メニュー一例 タコス(3個入り)756円〜/ハードシェルタコス(2個入り)756円〜/タコライス 972円/ブリトー 918円〜/エンチラーダ 864円〜/フィファータ 1080円〜/ケサディア 648円〜/モルツ生 540円/フローズンマルガリータ 756円〜 *価格はすべて税込

ランチにも、飲んだ〆にも。スパイシーサルサがアクセントのタコス

ランチにも、飲んだ後の〆にも。スパイシーサルサがアクセントのタコス 「Tacos-ya」は、国際通りから一本入った「パラダイス通り」沿いにあります。ビビッドな水色のドアが目印。 内観も水色を基調とし、カラフルなイスがポップな印象を与えてくれます。 タコス(1ピース180円 税込)。手のひらにすっぽり入るほどの大きさなので、小腹が空いた時にぴったり。タコミートと野菜の量は多すぎず少なすぎず、絶妙なバランスです。 26年前の創業時から、トルティーヤとタコミート、サルサソースは手作り。特にトルティーヤは、季節によって変動する湿度や温度に応じて作り方を変えるほどのこだわりです。 このサルサソース、ケチャップのように見えるからといってたっぷりかけるのはやめましょう。辛味はかなり強めです。このスパイシーさがあっさり風味のタコミートと好相性。癖になるファンは多く、サルサを目当てに食べに来るリピーターもいるほど。         しっかり食事をしたいなら、「TACOS-YA PLATE(タコスヤプレート)650円 税込」がおすすめ。タコス1ピース、タコライス、プレンチフライ、オニオンリングがセットになってお得です。プラス60円で、タコミートを春巻きの皮で巻いた「タコスティック」を付けられます。 タコライスもタコスと同様あっさり味。沖縄ではポピュラーな食べ方、お酒を飲んだ後に食べる「〆タコライス」をしても、翌朝胃もたれしないとか。ぜひお試しを!                 サイドメニューも人気。大ぶりの手作りオニオンリング(4P240円 税込)は、香ばしく揚げられ、サクサクの食感です。 全てのメニューがテイクアウトOK。テイクアウト専用の窓口もあるので、散歩の途中に気軽に立ち寄れます。

タコス専門店 Tacos-ya(タコスヤ)

ランチにも、飲んだ後の〆にも。
スパイシーサルサがアクセントのタコス
【投稿日】2018年01月11日(木)
店の外観
「Tacos-ya」は、国際通りから一本入った「パラダイス通り」沿いにあります。ビビッドな水色のドアが目印。
店内の風景
内観も水色を基調とし、カラフルなイスがポップな印象を与えてくれます。
タコスの写真
タコス(1ピース180円 税込)。手のひらにすっぽり入るほどの大きさなので、小腹が空いた時にぴったり。タコミートと野菜の量は多すぎず少なすぎず、絶妙なバランスです。
26年前の創業時から、トルティーヤとタコミート、サルサソースは手作り。特にトルティーヤは、季節によって変動する湿度や温度に応じて作り方を変えるほどのこだわりです。
サルサソース
このサルサソース、ケチャップのように見えるからといってたっぷりかけるのはやめましょう。辛味はかなり強めです。このスパイシーさがあっさり風味のタコミートと好相性。癖になるファンは多く、サルサを目当てに食べに来るリピーターもいるほど。        
タコスヤプレート
しっかり食事をしたいなら、「TACOS-YA PLATE(タコスヤプレート)650円 税込」がおすすめ。タコス1ピース、タコライス、プレンチフライ、オニオンリングがセットになってお得です。プラス60円で、タコミートを春巻きの皮で巻いた「タコスティック」を付けられます。
タコライス
タコライスもタコスと同様あっさり味。沖縄ではポピュラーな食べ方、お酒を飲んだ後に食べる「〆タコライス」をしても、翌朝胃もたれしないとか。ぜひお試しを!       
        
オニオンリング
サイドメニューも人気。大ぶりの手作りオニオンリング(4P240円 税込)は、香ばしく揚げられ、サクサクの食感です。
テイクアウトもある
全てのメニューがテイクアウトOK。テイクアウト専用の窓口もあるので、散歩の途中に気軽に立ち寄れます。

ランチにも、飲んだ〆にも。スパイシーサルサがアクセントのタコス

創業26年、北谷町で誕生した「Tacos-ya」は、現在では沖縄県内で3つの店を構える人気のタコス専門店。国際通りのほぼ中央にある「国際通り店」は、ショッピングの合間などに立ち寄れる好立地で、季節を問わず多くの人で賑わいます。 創業時からのこだわりは、トルティーヤ、タコミート、サルサソースが全て手作りということ。創業者ご夫妻が試行錯誤して生み出したレシピは門外不出、スタッフにも教えていないとか。しかし一口食べれば、そのこだわりは伝わってきます。ほんのり塩味の効いたトルティーヤは適度にクリスピーで、油っこさは皆無。あっさり味のタコミートとレタス、トマトの量がちょうどよく、サイズも大きすぎず小さすぎず、全体のバランスが絶妙。辛味の強いサルサソースとの相性は抜群です。 タコス、タコライスのほか、やはり手作りにこだわったオニオンリングも人気。「タコスティック」という棒状のスナックもあり、サイドメニューが充実しているのも好ポイント。また「タコスヤプレート」というセットメニューならしっかりとした食事になるので、おやつだけでなくランチの利用もOK。全てのメニューはテイクアウトできるので、夜食にもおすすめです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 タコス専門店 Tacos-ya(タコスヤ)
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目1-42
営業時間 11時〜17時(ラストオーダー16時30分)
定休日 なし
電話番号 098-862-6080
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩8分
外部サイト 食べログ
平均予算 700円
クレジットカード 利用不可
席数 20席
駐車場 なし
メニュー一例 タコス1ピース 180円/タコライス 580円/タコスヤプレート 650円/フレンチフライ 220円/オニオンリング4ピース 240円/タコステック5ピース 350円/コーラ 170円/コロナ(瓶)400円/オリオン(瓶)400円 *価格はすべて税込