国際通りのど真ん中。「本格派」な
沖縄の食と歌と踊りを一度に楽しむ
【投稿日】2016年12月18日(日)
外観
国際通りのちょうど真ん中に位置する「Show & Restaurant SunSeaN -三線-」。
オーナー我如古より子
沖縄民謡界の大御所・我如古(がねこ)より子さんの歌はもちろん、琉球舞踊やエイサーや民謡ポップスなど、プロのエンターテイナーのショーが日替わりで楽しめます。足しげく通う地元客も多数。
琉球舞踊民謡ポップス歌手エイサー
ステージは入れ替えなし。時間さえ許せば、1回分のチャージ料金(1500円 税込)でプログラムの異なる全ステージを堪能できます。
そーめんチャンプルー
沖縄の文化を、食とエンターテイメントを通して伝えたい、という同店。「そーみんちゃんぷる~(700円 税込)」は家庭の味をそのままに楽しめます。       
うちな~ピッツア
オリジナルのうちな~ピッツァ「ラフテー&ゴーヤーの油みそ(900円 税込)」。油みそとチーズの相性が意外なほどにぴったりくる一品。
    
ヒラヤーチー
泡盛にもぴったりな沖縄風お好み焼き「ヒラヤーチー(600円 税込)」。他にも、沖縄の食材を使ったオリジナル創作料理を豊富に楽しめます。
飲み放題泡盛コーナー
新セルフサービスの泡盛FREE BAR(ドリンクバー付)(1500円 税込)も。なんと10銘柄が飲み放題。その中には3年古酒も含まれています。*2018年5月8日(火)よりサービス開始
歌姫入口
レストラン三線のショーを楽しんだ後は、沖縄文化にもっとどっぷり浸ってみませんか?飛び入りやリクエストのできる昔ながらの超参加型の民謡酒場「民謡ステージ歌姫」は、同店と同じフロアにあり、すぐ移動できます。
  
歌姫内観
料理メニューはShow&Restaurant SunSeaN -三線-と同じものが注文できます。ステージがより近く、会場の一体感を味わうなら「歌姫」ははずせないお店です。
     
歌姫カチャーシー
リクエストも気軽に受けてくれます。会場のみんなが踊りだす「カチャーシー」から、涙誘う民謡まで。泡盛片手に、骨の髄まで沖縄民謡に酔いしれられるお店です。

国際通りのど真ん中。「本格派」な
沖縄の食と歌と踊りを一度に楽しむ

沖縄市で40年以上も老舗民謡酒場として名を馳せてきた「民謡ステージ姫」。二代目オーナー我如古より子が国際通りに新しいレストランを開業したのは平成28年(2016)のこと。民謡歌手の我如古盛栄(がねこ・せいえい)を父に持ち、幼少のころから舞台で唄い続ける我如古より子さん。沖縄の歌姫と呼ばれ、坂本龍一氏など日本国内外のトップアーティストとの共演実績も多数ある我如古さんの唄を聞こうと、県内外からファンが訪れます。同店では民謡だけではなく、エイサーから琉球舞踊、島唄ポップスまで幅広く披露。どの出演者も演奏だけで生計を立てている「プロ」であることが出演必須条件で、本格派のエンターテイメントが自慢です。沖縄の文化を、食を通しても伝える、という想いもあり、沖縄料理も一通り楽しめるのも嬉しいところ。沖縄の家庭の味をそのままに伝える「そーみんちゃんぷる~」は何度も食べたくなる懐かしい美味しさ。他のお店と食べ比べれば、やっぱりここ、とこれを食べに戻ってきたくなりそう。うちな~ピッツァなど、創作沖縄料理もおすすめの一品です。
  昔ながらの民謡酒場を楽しみたいなら、同じ階に隣接する「歌姫」にもぜひ足を運んでみて。軽快なトークから始まり、客席の一人一人と会話を楽しみながら進むステージ。リクエストすることもできますし、時にはお客がステージに上がって唄や三線を披露することも。会場が一体となるカチャーシーは、沖縄に来たならぜひ一度は体験してほしい演目ですよ。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Show & Restaurant SunSeaN -三線-&歌姫(さんしん&うたひめ)
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目2-31 ハイサイおきなわビル B1F
営業時間 【三線】18時~23時(フードラストオーダー21時45分、ドリンクラストオーダー22時30分)
【歌姫】20時~25時
定休日 【三線】月曜定休 ※店舗貸切時のみ応相談
【歌姫】年中無休
電話番号 098-894-3443
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩約6分
外部サイト 公式HP
平均予算 3500円~
クレジットカード VISA、MASTER、JCB等
席数 【三線】約90席
駐車場 なし
メニュー一例 【三線】ライブチャージ  1500円
【歌姫】「さんべろ」プラン 3000円(ドリンク3杯、お通し、通常1000円のライブチャージ込)
【共通料理メニュー】ゴーヤーチャンプルー 750円/そーみんちゃんぷる~ 750円/ラフテー沖縄そば 800円 
※価格は全て税込

飲んで食べて歌って踊れる
お店全体で盛り上がる民謡居酒屋
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
国際通りから一歩入り、松尾交差点から消防署方面へ向うとすぐ赤提灯が目印の「島唄ライブ樹里」があります。
盛り上がっているライブステージ
店内へ入ると、ライブステージと観客席の近さが魅力。満員率の高い店内は、盛り上がりも最高で国際通りの中でもピカイチ!
生演奏とカシャーシーと踊るスタッフさん
ステージの途中、今まで料理などを運んでいたホールスタッフが突然ステージに上がり、三線を引いたり踊りを披露したりとさらに盛り上げてくれます。樹里のスタッフ皆さん、音楽芸に長けているんだそう。
色々な魚料理
民謡ライブを楽しみながらの飲食メニューも本格的。やちむん(沖縄の焼き物の器)に盛りつけられた沖縄料理や100種類以上の泡盛も楽しめます。       
ゴーヤーチャンプルー
ゴーヤーチャンプルーと泡盛の相性は抜群。ゴーヤーチャンプルー680円(税込)
    
お刺身五点盛り
赤マチ、セイイカ、イラブチャーなど沖縄の海で採れた刺身。お刺身五点盛り1500円(税込み)沖縄らしいウロコが青い魚「イラブチャー」は見た目も珍しくコリっとした歯ごたえある食感が美味!
親子でも楽しめるステージパフォーマンス
親子で来ても楽しめる何とも言えない「我が家」感も魅力の一つ。18歳未満はサービスチャージ料が無料なのも嬉しいポイント。
お店全体で盛り上がるカチャーシー
ステージの最後は、沖縄の祝い事や結婚式で踊る「カチャーシー」で盛り上がり最高潮!初めて出会い合わせた観客達でワイワイ踊り盛り上がります。

飲んで食べて歌って踊れる
お店全体で盛り上がる民謡居酒屋

生演奏、生歌声の民謡ステージでみんなで歌って踊って盛り上がりたいのなら、「島唄ライブ樹里」がオススメ。国際通りから松尾交差点を消防署向けに進んだすぐの場所にありアクセスも抜群!ステージは、19時20分、20時30分、21時45分の1日3ステージ。生演奏の三線や太鼓、歌声の沖縄民謡が響き渡る店内は、沖縄旅行の楽しさをさらに盛り上げてくれること間違いなしです。特に、ライブ感や一体感を楽しみたい方に一押しのお店ですが、しっとりとした曲やリクエスト曲も即興で演奏し楽しませてくれますよ。満員率の高いお店なので、予約をした方が確実です。ステージを楽しむだけではなく、やちむん(沖縄の焼き物の器)に盛りつけられた種類豊富な沖縄料理メニューや沖縄県内47酒造所の100種類以上の泡盛も取り揃えていて、飲食に魅了されるリピーターも多いのだそうです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島唄ライブ樹里(しまうたらいぶじゅり)
住所 沖縄県那覇市松尾2-2-29
営業時間 18時〜24時(フードラストオーダー23時)
ステージ時間 19時20分〜・20時30分〜・21時45分〜
定休日 年末年始以外無休
電話番号 098-861-0722
アクセス ゆいレール県庁前駅から534m
外部サイト 公式HP
平均予算 3000円〜3999円
クレジットカード 可 (JCB、VISA、MASTER、AMEX)
席数 48席
駐車場 なし(近隣有料パーキングあり)
メニュー一例 ゴーヤーチャンプルー680円/軟骨ソーキ580円/お刺身5点盛り1500円/ジーマーミ豆腐とトマトのカプレーゼ580円/あきさみよ〜コース(3時間飲み放題+料理6品+ライブチャージ込み)3000円/めんそ〜れコース(3時間飲み放題+料理8品+ライブチャージ込み)4000円 ※コースは4名様より来店日2日前23時までに要予約*価格はすべて税込

島の恵みで元気をチャージ!
ひと味違う、収穫したてのやんばる野菜
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
店内の雰囲気
なごアグリパーク内の人気店『Cookhal(クックハル)』でいただけるのは、やんばるの風土で育まれた食材を使ったカフェご飯。「安心安全な旬のやんばる食材を、美味しく食べてもらいたい」そんな思いから生まれたメニューの数々を味わってみませんか?
プレートメニュー
エッグベネディクト
9時から食べられる朝のおすすめは「エッグベネディクト 800円 税込」(モーニングのラストオーダーは10時45分)。名護で大人気のパン屋さん「pain de kaito」の特製オリジナルブレッドに、自家製のベーコンとポーチドエッグがトッピングされています。       
玉子がトロっと割れる写真
ナイフを入れると玉子がとろーり。思わずニンマリとしてしまいます。スムージーを付ければ、栄養満点な朝食になりますね。
    
YAKI-Panino
1日10食限定の「YAKI-Panino 850円 税込」を目指して来るお客様も少なくありません。中に挟まれているのは、やんばる産100%の自家製無添加ソーセージ。
ハルサーボウル
旬の野菜がたっぷり入った「畑人(ハルサー)Bowl 750円 税込」は6月までの限定メニューです。温泉タマゴを絡めて食べれば、まろやかな味に。
3色ミニトマトとチーズマフィン
やんばるの野菜やフルーツを使った焼き菓子も充実。こちらは「3色ミニトマトとチーズマフィン 200円 税込」。夏はローゼルジャムのマフィンやパイナップルのマフィン、秋はレモンや紅茶のマフィンなどが登場します。
販売用の野菜
カブを手にとっている女性
採れたて野菜の店頭販売もしています。中にはあまり見かけない珍しい野菜も。Cookhalで食事を楽しんだ後に購入したいですね。
瓶詰めされた鮮やかなやんばるピクルス
飾っておきたいほど色鮮やかで美しい「やんばるピクルス」。自宅用はもちろん、お土産にしても喜ばれそうですね。
おしゃれにギフト用の箱に梱包された県産商品
ギフト用に梱包して県外に郵送することも出来るので、お世話になった方へのお礼として、お中元やお歳暮で贈るのも良いかもしれません。

島の恵みで元気をチャージ!
ひと味違う、収穫したてのやんばる野菜

自分たちで収穫した農作物を「多くの人たちに味わってもらいたい」という畑人(ハルサー)の思いからオープンした『Cookhal(クックハル)』。代表の芳野 幸雄(よしの ゆきお)さんは「やんばるの食材を使った料理をカフェで提供して、お客さんから“やんばるは美味しい”と感じてもらえたら。」と話します。クックハルでは、季節の新鮮野菜を使った “畑に寄り添うメニュー開発” を心がけています。カフェで使用している野菜は販売もしており、購入していかれる方も多いのだとか。このようなサイクルができて、農家も地域も元気になることが、芳野さんの目標なのだと言います。
名護市古我知(こがち)にある自社農園で栽培した野菜や名護市羽地産のお米、大宜味村の安室養鶏場の卵など、やんばるの食材にこだわったカフェでいただけるのは、素材の味を生かしたメニュー。
イチオシは、9時~10時45分(ラストオーダー)限定の「エッグベネディクト 800円 税込」。名護の人気パン屋さん「pain de kaito(パンドカイト)」のほんのり甘いパンに、やんばる豚の自家製ベーコンとポーチドエッグがトッピングされています。味の決め手となっているのは、農家のお母さんが作った味噌をベースにした濃厚味噌ソース。 
1日10食限定の「YAKI-Panino(ヤキパニーノ)」(850円)もおすすめです。県産小麦を配合した全粒粉パンに、県産豚100%のソーセージと紫キャベツのザワークラウトを挟み、自社農園で栽培するシマナーの種を使ったマスタードを塗ったYAKI-Paninoは、モーニングでもランチタイムもオーダー可。早い者勝ちなので、売り切れる前に、お早めに。
「畑人(ハルサー)ボウル 750円 税込」は、クックハルオリジナルのタコライス。やんばる産の豚ひき肉の上には、キャベツやサニーレタス、ニンジン、ラディッシュ、きゅうり、ぐるぐるビーツ、ミニトマト、エディブルフラワーなど約10種類の野菜と温泉卵がのって栄養バランスも◎
カフェで販売されている野菜や加工品は配送することも出来ます。料理好きの方は自分用のお土産に送るのも良いかもしれませんね。“美味しいやんばる” をぜひ体験してください。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Cookhal(くっくはる)
住所 沖縄県名護市名護4607-1 ネオパークオキナワ駐車場奥
営業時間 9時~17時(16時30分ラストオーダー)
定休日 不定休
電話番号 0980-43-7170
アクセス 許田インターから車で約20分。ネオパークオキナワ駐車場の奥のなごアグリパーク内
外部サイト 公式HP
平均予算 1300円
クレジットカード VISA 、Master、AMEX(3000円以上から)
席数 36席
駐車場 あり(200台)
メニュー一例 エッグベネディクト 800 円/KAYA Toast 650円/YAKI-Panino 850円(テイクアウト 600円)/やんばる産若鶏と黒コショウのカレー 950円/畑人Bowl 750円/ビーツとドラゴンのRed Smoothie 400円/一杯でGreen50g鉄分たっぷりSmoothie 400円/スパイスチャイ 350円※価格は全て税込

魚市場に毎朝出向いて仕入れ。
イキのいい地魚が自慢の沖縄居酒屋
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
赤い暖簾と提灯が目印。居酒屋と名打ってはいますが、居酒屋プラスアルファの実力を持つお店です。
カウンター席の雰囲気
元々お寿司屋さんとしてスタートしたということで、入口左手のカウンターでは職人さんがテキパキ腕をふるっています。
色鮮やかな近海魚
お隣の読谷村にある都屋漁港に毎朝出かけ、市場で競り落としてきた新鮮な近海魚がカウンターの前に並べられています。
寿司を握る板前さん
慣れた手つきで握る板前さん。オープン以来のベテランで、巧みな話術でお客さんを楽しませてくれます。       
刺身盛り合わせ
イラブチャー、マーマチ、ミーバイなど沖縄を代表する魚を新鮮な状態で楽しめる、刺身盛り合わせ(5品/1600円 税込)。
    
ゴーヤーチャンプルー
シャキシャキしたゴーヤーに豚の旨みと鰹の風味がしっかり効いたゴーヤーチャンプルー(650円 税込)。アンマー(お母さん)の味を堪能できる沖縄料理もこの店では人気です。
黒毛和牛のモモ肉のタタキ
赤身ならではの旨味を楽しめる黒毛和牛のモモ肉のタタキ(1300円 税込)。沖縄名物のBBQソースで味わってみましょう。
バター焼き
こちらでは、好きな魚を塩焼き、煮付け、マース煮、バター焼きのうち2種類の調理法で料理してくれます。海水や塩水で煮るマース煮のほか、バターを惜しまず、たっぷり使って美しく焼き上げたバター焼きがおすすめです。魚は時価ですが、たいてい1000円台から用意されています。

魚市場に毎朝出向いて仕入れ。
イキのいい地魚が自慢の沖縄居酒屋

ダイビングショップや飲食店が集まる恩納村の前兼久(まえがねく)エリアにある「恩納つばき」は、2018年(平成30年)3月に18周年を迎えた地元客に人気の居酒屋です。元々はお寿司屋さんとしてオープンしただけあって、仲買人の資格を持つ経験豊かなスタッフが魚市場に直接足を運び、競り落としてきた新鮮な地魚がお店の一番の自慢です。
イラブチャー(ブダイ)やビタロー(フエダイ)など、沖縄ならではの魚を自分の目で見て、選んで、好みの調理方法で料理してくれるのも嬉しいところ。もちろん、魚に詳しくなくても心配ありません。それぞれの魚の個性に合った食べ方をお店の方が教えてくれますし、予算に応じて選べるようにと数種類の魚が用意されています(天候によって魚の種類や数は変わります)。
また、ワインのソムリエと日本酒の唎酒師の資格を持ったスタッフが料理に合ったお酒選びを手伝ってくれます。
オープン以来変わらず調理場を仕切って来た料理長が味を守ってきたというこのお店。あぐーや沖縄食材の居酒屋メニュー、チャンプルーなどの沖縄料理も気軽に楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 恩納つばき
住所 沖縄県国頭郡恩納村前兼久858-1
営業時間 17時30分~24時(L.O. 23時)
定休日 なし
電話番号 098-965-7705
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約8分
外部サイト 公式HP
平均予算 3000~4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 45席
駐車場 あり(5台)
メニュー一例 お通し320円 オリオン樽生 500円/ ボトルワイン 1600円~/ ノンアルコールカクテル 400円/ ソフトドリンク 320円~/ 刺身盛り合わせ 1100円~/ 海鮮サラダ 860円/ ゴーヤーチャンプルー 650円/ 黒毛和牛タタキ 1300円~/ 地魚バター焼き 時価 / グルクンの唐揚げ760円 / ソーメンタシヤー 540円*価格はすべて税込

フレンドリーなおもてなしと
新鮮な食材が自慢の沖縄居酒
【投稿日】2016年12月18日(日)
店外画像
青い海と白い砂浜を描いた壁画が目印。駐車場は観光バスが駐車できるほど広々しています。
カウンターで寿司を握る職人
鮮度の良いマグロ
活きのいい近海魚が琉球亭の自慢。食材の鮮度にはこだわりがあるそうです。魚介類と沖縄料理の両方を味わえるのが嬉しいです。
米城さん家の盛り合わせ
米城さん家の盛り合わせ(2580円 税別)は4〜5名向けにぴったりのお刺身です。タマン、セイイカ、サザエなどの近海の魚や貝が7種類。ネタは時期や天候によって変わります。       
島野菜サラダ
ハンダマー、ゴーヤー、島にんじんなど季節の島野菜と旬の野菜を新鮮な状態でおいしく食せる島野菜サラダ(980円 税別)。
    
ラフテー
沖縄県産の豚の三枚肉を使ったラフテー(830円 税別)はボリューム満点。お箸で切り分けられるくらいの適度な柔らかさ。
ゴーヤーチャンプルー
沖縄県産のゴーヤー(夏場はうるま市の契約農家が栽培したゴーヤー)を島豆腐や卵と炒めたゴーヤーチャンプルー(830円 税別)。メニューにないものも材料があればリクエストに応じて作ってくれるそうです。
イカスミ炒飯
イカリングがトッピングされたイカスミ炒飯(860円 税別)は締めにぴったり。たっぷり使われたイカスミが明日の活力を養ってくれるはず。
店内の雰囲気
客席は、掘りごたつ、座敷、テーブル、カウンターとバリエーション豊かなので、ひとりでも3世代でも大人数のグループでも楽しめます。

フレンドリーなおもてなしと
新鮮な食材が自慢の沖縄居酒屋

前菜・サラダに始まって、お刺身、沖縄料理、肉料理、寿司・魚料理、丼ぶり物まで幅広いメニューが揃っているので、3世代での家族旅行やグループ旅行にもぴったり。ホテルで13年の経験を持つ代表の仲松さんが心がけているのは、食材の新鮮さとおもてなし。だしもしっかりとられ、ボリュームがあるのもおすすめポイント。
「生ものはその日に使い切ることで美味しさと安心安全を提供しています。もう一つ力を入れているのは接客です。沖縄が初めての方もいらっしゃいますし、一人で来店される方もいますから、フレンドリーでアットホームなもてなしをこころがけています」と仲松さん。お客さんもそれぞれなので、スタッフそれぞれの個性でやりとりを楽しんでもらおうと、マニュアル化していないのだとか。
メニュー名に、「宮城さん家の○○」、「米城さん家の○○」と、スタッフの苗字を使ったり、自分が好きな泡盛をお客さんにおすすめするようにしたりと、会話のきっかけづくりに余念がないのも嬉しいですね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 琉球亭
住所 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1593−8
営業時間 12時〜15時(L.O. 15時)、17時〜24時(L.O. 22時30分)
定休日 なし
電話番号 098-989-4991
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約10分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000〜2000円(ランチ)、3000〜4000円(ディナー)
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 120席
駐車場 あり(約30台)
メニュー一例 テーブルチャージ 350円/ 刺身の盛り合わせ1280円〜/ 沖縄天ぷら3点盛り 880円/ イカスミ炒飯 860円/ ゴーヤーチャンプルー 830円/ ラフテー 830円/ 島野菜サラダ 980円/海鮮海ぶどう丼 1380円/ 握り寿司 1680円〜/ オリオン生ビール 550円/ サワー各種 600円 / 泡盛グラス 500円〜*価格はすべて税別

看板猫と静かな浜辺がお出迎え
トロピカルなコテージ風居酒屋
【投稿日】2016年12月18日(日)
海風よ外観
58号線からちょっとだけ海側に入ると見えてくる、コテージ風な建物が印象的な南国風居酒屋「海風よ」。
浜辺の画像
お店から歩いてわずか数十秒で、手つかずのビーチへ。緑を抜ける小径の先にはプライベート感いっぱいの静かな浜辺が。天気がよければ夕陽や星空を眺めることができます。
    
猫出勤中の看板
お店の扉には、思わず顔がほころぶ張り紙「本日、猫出勤中です」があり…。
山ちゃん
門松君
入口では看板猫の山ちゃんがちょこんと座ってお出迎え。店内では門松君がゴロゴロ、スヤスヤまどろんでいました。山ちゃんを入れて3匹の猫がいます。
店内の雰囲気
落ち着いたライティングが心地よいウッディーな店内。素朴でナチュラルなインテリアが旅の疲れを癒してくれそう。       
お刺身の盛り合わせ
タマン、イラブチャー、アカマチなど近海で獲れた新鮮なお魚を楽しめるお刺身の盛り合わせ(1200円 税別)。生ビールや泡盛にぴったり。
    
焼肉盛り合わせ
陶製の鍋
あぐーのいろんな部位を楽しめる焼肉盛り合わせ(1580円 税別)は一番人気のメニュー。鉄板に比べ遠赤外線が4〜5倍といわれている陶製の鍋で焼いて食べるお肉はひと味違います。
紅芋コロッケ
色鮮やかな紅芋コロッケ(500円 税別)。ホクホクした食感とほんのりした甘みを楽しめる自家製コロッケです。
あさりとアーサの泡盛蒸し
沖縄で海藻といえばアーサ(アオサ)です。アーサの香りが沖縄感を盛り立てるあさりとアーサの泡盛蒸し(700円)はおなかを優しくいたわってくれます。
食事を楽しむカップル
店内は気取りがなくカジュアルな雰囲気でいっぱいだから、トロピカルな夜をゆったりと満喫できそう。
ハンドメイドのアクセサリー
お土産にはオーナーとスタッフが作っているハンドメイドのアクセサリーを。400円から3000円と手頃な価格帯も嬉しいです。

看板猫と静かな浜辺がお出迎え
トロピカルなコテージ風居酒屋

離島の浜辺にひっそり佇むコテージのような、居心地のいい隠れ家的なお店です。歩いてすぐのところには静かなビーチがあります。また、お店は人懐っこい3匹の看板猫がいて、猫に会いにやってくる人も多いそうです。
人気メニューは焼肉や近くで獲れた新鮮な魚。そのほか、定番の海ぶどうや島らっきょ、ソウルフードのタコライスや沖縄そばを使ったオリジナルメニューの沖縄ナポリタンもおすすめです。
「ふらっと沖縄に旅行に来て、なんとなく住み始めたら居心地がよくて、そのまま居ついてしまった」というオーナーの小貫さんと3匹の猫と海が大好きなスタッフと一緒に、ゆるくてほっこりした時間を満喫できそうです。
オリオンビール、泡盛、カクテル、ウイスキーなどの飲み放題90分(1580円)もあるので、お酒を片手にゆっくり楽しみたい人にもおすすめ。ハンドメイドが以前から大好きだったという小貫さんが作った、貝やシルバー、天然石のアクセサリーも店内で販売しています。

地図を見る

店舗データを開く

店名 海風よ(うみかじよ)
住所 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2606
営業時間 17時30分〜23時(L.O. 22時30分)
定休日 なし
電話番号 050-5571-6212
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約25分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 不可
席数 40席
駐車場 あり(7台)
メニュー一例 焼肉盛り合わせ 1380円/ 海ぶどう 500円/ 島らっきょうの塩漬け 500円/ ミミガー 400円/ ゴーヤちゃんぷる 680円/ タコスサラダ 600円/ あさりとアーサの泡盛蒸し700円/ 紅芋コロッケ 500円/ オリオン生ビール 500円/ サワー各種 400円/泡盛カクテル 500円/ カクテル各種 600円/ フルーツジュース各種 400円 *価格はすべて税別

「純血アグー」と沖縄の家庭の味を
アットホームな雰囲気で
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
観光客に人気のお店「おBAR」の姉妹店「おJi〜」は、国道58号を名護方面に向かって右手にあります。大きな看板と提灯が目印。
純血アグー豚しゃぶしゃぶ
両親ともアグーの純血アグー豚しゃぶしゃぶ(2800円 税別)。希少価値が高く、なかなかお目にかかれません。
しゃぶしゃぶの写真
お湯にさっとくぐらせて、柔らかな肉質を楽しみましょう。脂身が甘くてとろけそう!旨み成分のイノシン酸が多く含まれているので美味しさが違います。
ふーちゃんぷる
沖縄の家庭料理の代表選手、ふーちゃんぷる(600円 税別)。昔は貴重だった卵を、家族で分け合うために編み出されたという、心温まる沖縄料理。       
プリプリ唐あげ
表面のカリッとした食感とぷりぷり感のコントラストがたまらないコラーゲン豊富な、豚足のプリプリ唐あげ(850円 税別)。
    
紅芋ウムクジ天ぷら
独特の歯ざわりが特徴の紅芋ウムクジ天ぷら(450円 税別)は、箸休めにも最適。紅芋の自然な色が表面まできれいな紫色に染めています。
食事をとりながらくつろいでいるカップル
4つのテーブル席とカウンターだけのこじんまりとしたお店なので、ゆったりくつろいで食事を楽しめます。

「純血アグー」と沖縄の家庭の味を
アットホームな雰囲気で

許田ICを降りて海沿いの国道を車で走ること数分。「出会いの全てが宝物。今日のこの出会いのおかげでまた笑顔が増えていくんだから」と書かれた看板が目を引くこじんまりしたお店です。
席数はカウンターと4つのテーブルを合わせて20席。お店の看板メニューは母豚も父豚も両方アグーの「純血アグー」。沖縄で飼育されているアグーのうち、純血アグーの割合は3%前後。そんな超レアなアグーを、しゃぶしゃぶかせいろ蒸しで堪能できるのです。
その他、ラフテーや煮込みソーキの炙りや島豆腐チャンプルーなど沖縄の定番メニューも楽しめます。「アグーはもちろんだけど、沖縄の普通の家庭で、普通のお母さんやお祖母さんが、子や孫のために作っている沖縄の家庭の味を楽しめるのもこの店の自慢だよ。
例えばこのフーチャンプルーだけど、卵が貴重だった時代に、一個の卵を3~4人家族で食べられるように考え出されたものなんだよ」とオーナーの屋部笑美子さん。気さくでフレンドリーなおかみさんが提供する「おBARなうちな〜料理」もぜひ味わってみたいですね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 おJi〜(オジー)
住所 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2561-2
営業時間 17時〜23時(LO22時30分)
定休日 不定休
電話番号 098-967-7355
アクセス 沖縄自動車道許田ICから 車で約3分
外部サイト 食べログ
平均予算 4000〜5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 20席
駐車場 あり
メニュー一例 純血アグー豚しゃぶしゃぶ 2800円/ 純血アグー豚セイロ蒸し 2800円/ ゴーヤーちゃんぷる 600円/ ソーミンちゃんぷる 600円/ テビチ煮付け 850円/ 自家製スーチカー 600円/ / / / 煮込みソーキ炙り 850円/ オリオン生(中) 500円/泡盛梅酒500円/ 紅芋梅酒 500円/泡盛の炭酸割り 550円 *価格はすべて税別
ラストオーダー LO22時30分

旬の食材をおいしくおしゃれに味わえる
沖縄料理のヌーヴェルキュイジーヌ
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
直線的でシンプル洗練された門構え。典型的な沖縄料理店の賑やかさとは趣が違う佇まいに、ワクワク感が高まります。
メニュー
オーナーが厳選した食材を使った「本日のおすすめ料理」。近海で獲れた魚や新鮮な野菜と季節に応じた料理法。沖縄らしい食の旬を味わえそう。
ハルパッチョ
沖縄の言葉で畑を意味するハルと、カルパッチョを掛け合わせたハルパッチョ(850円 税別)。オープン以来の看板メニューの一つです。名前通り、沖縄の野菜とお魚のマリアージュを楽しめます。
コラーゲンしゃぶしゃぶ
紅豚アグーと雲南百薬のコラーゲンしゃぶしゃぶ(1880円 税別)。紅芋を加えた独自の自家配合飼料で育てられた紅豚アグーは、ふわっととろける脂味がたまりません。沖縄を感じてもらいたいと、旬の島野菜が添えられています。       
ぶどうのそうめんタシヤー
彩りと盛りつけにうっとりする海ぶどうのそうめんタシヤー(800円 税別)。青紫蘇とほうれん草のソースをジェノベーゼのように素麺にからめていただきます。
    
炭火で串焼きにしている写真
炭火焼
焼き入りこんがりの沖縄和牛の炭火焼(1650円 税別)。ジューシーで柔らかく仕上げられています。塩胡椒と黒糖ソースをお好みで。噛むたびに、なんとも言えない旨みがお口の中に広がってきます。
様々なフルーツを漬け込んでいる瓶
シークヮーサー、マンゴー、ローゼル、レモン、タンカンなど、沖縄で採れた亜熱帯のフルーツを泡盛でじっくり漬けこんだ自家製果実酒(500円 税別)。独創的なお料理によく合います。
料理とお酒を楽しんでいる女性
芭蕉紙を使った柔らかい光の照明と、シンプルなインテリアが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。カウンターには新鮮な食材が並べてあるなど、細やかな演出も楽しめます。

旬の食材をおいしくおしゃれに味わえる
沖縄料理のヌーヴェルキュイジーヌ

2006年のオープン以来、日本料理やイタリアンなど和と洋のアイデアやテクニックで、今までにない沖縄料理の世界を創り上げてきた創作系沖縄料理のお店です。
「常夏の島の印象が強いせいか季節感を受け取りに一般的な沖縄料理とは違って、沖縄の季節の移ろいを意識して作っています」と語るオーナーの小渡栄さん。
大阪や神戸の日本料理店で腕を磨いていた頃から、沖縄に戻った時日本料理の良さをどう活かすかを、いつも考えていたそうです。Uターン後は創作沖縄料理の世界でレジェンド的存在だった地球食堂でシェフとして勤務。経験を積んだ後独立してこのお店を始めたそうです。
地元の常連客に加え、本物の沖縄の魅力を再発見したいと考えている沖縄旅行のリピーターにも評価されています。こだわりはそれだけではありません。料理に使用する器は県外にもファンが多い大嶺工房や北窯のやちむん(陶器)。BGMは小渡さんが自らセレクトしたジャズ。心地よい雰囲気の中で沖縄をスタイリッシュに味わうことができます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 榮(さかえ)料理店
住所 沖縄県うるま市石川1-27-35
営業時間 17時〜23時
定休日 日曜
電話番号 098-964-7733
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約3分
外部サイト 公式HP
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 70席
駐車場 あり(20台)
メニュー一例 紅豚アグーの炭火焼 1350円/スーチカーの島らっきょうあぶり焼 580円/ てびち唐あげ黒酢南蛮たれ 580円/ ジーマーミ豆腐の揚げだし 510円/ 島野菜のモロミ酢ピクルス 380円/ 魚カブトのスープ 580円〜 / オリオン生(中) 490円/ 泡盛1合 730円〜/ 泡盛古酒グラス 420円〜/ カクテル 500円/ ソフトドリンク 350円〜 *価格はすべて税別

海産物料理出身の店主が味で勝負
シンプルに素材を味わう沖縄そば&食堂
【投稿日】2016年12月18日(日)
店舗入り口
沖縄自動車道許田I.Cより車で5分ほど。海とリゾートホテルに囲まれた人気な観光ドライブのメッカ、国道58号沿いにあります。いんぶビーチ向かいです。
店内の雰囲気
店に入ると、ほっこりした従業員さんの笑顔が迎えてくれました。座敷があるので、観光で疲れた足をリラックスできそうです。
ソーキそば
看板料理のソーキそば(780円 税込)。麺はコシが強く、ツルっと細麺であっさり味なので、ペロリと食べられちゃいます。
ソーキ
ド迫力の400gのソーキは、14年前に創業して以来、ずっと秘伝の煮汁を継ぎ足して作っている自慢の一品。県内ではなかなか手に入れるのが難しい肉を使用しています。       
定食の写真     
定食のチキン
そば定食(850円 税込)。年中注文が絶えないボリューミーな人気メニュー。トッピングは、チキンorポークorエビカツから選べるのが嬉しい!
出汁の写真
なかま食堂の料理は、どれもシンプル味。天然の海産系だしと塩のみだそうです。「普通の家庭より調味料が少ないはず」と店長。
タコスボール
観光客に人気なタコスボール(600円 税込)。タコスを変わり種で味わうならコレ。一口サイズなので、皆でシェアして食べるのも楽しそう。

海産物料理出身の店主が味で勝負
シンプルに素材を味わう沖縄そば&食堂

創業14年目(2018年1月現在)。店主は、もとは那覇で海産物料理屋。なかま食堂のメニュー全般に、かつおやアサリなど県内の魚介類を使った海鮮系出汁を使用。店で使う塩は100%海水から汲み上げし、独自のルートで製造しています。
メニューは、看板メニューのソーキそば他チャンプルー類が人気で、地元客も納得の旨い料理が揃います。そばの麺は、店独自のオリジナル麺を使用。創業時、4カ月間毎日専門家へブレンドの修正をお願いし、こだわりの麺ブレンドを完成させた麺です。
夏場はランチから21~22時までひっきりなしにお客さんが訪れる同店。子供連れも多いため、子供客にはお菓子のサービスがあるなどサービス満点です。
メニューはどれもシンプルな薄味。10年以上通う観光客もおり、中にはこちらの食堂に来るために来沖したり、周辺のホテルに宿泊する客もいます。店にサインシャツが飾られているF1レーサーで自転車選手の片山右京さんなど、毎年店に訪れる有名人もいるそうですが、店主は「味で勝負しているから有名人のサインはもらわないし、飾らない」と男前の笑顔を見せます。何度もリピートしたくなる沖縄の味を、ぜひ堪能してみては。

地図を見る

店舗データを開く

店名 なかま食堂
住所 沖縄県恩納村名嘉真2217-1
営業時間 11時~21時(完売次第終了)
定休日 スタッフが足りない時(要電話確認)
電話番号 098-967-7377
アクセス 許田I.Cから車で約5分
平均予算 ランチ500円~/ディナー1000円~
クレジットカード 不可
席数 40席
駐車場 あり15台(共用
メニュー一例 ソーキそば 780円/そば定食850円/タコスボール600円/ イカ墨炒め1300円/ヤギ刺し1200円 *価格はすべて税込

厳選された沖縄各地の一級肉が集う
職人達の本気の料理に舌鼓
【投稿日】2016年12月18日(日)
店の外観
国際通りから歩いて1分という絶好な立地で、今日も県内外の客で賑わっています。
オープンキッチンのカウンター
広めのカウンター席は足元が畳になっているので、ゆっくり疲れた足を伸ばせます。
お品書き
肉専門店ですが、一品料理も豊富。日本各地から集めたオススメ日本酒は50種以上!
山羊刺身
「山羊刺身」(1620円 税込)。「にく久」では若い山羊を使用して臭みを取っているので、初心者でも食べやすいタイプです。       
山羊汁
「山羊汁」(1296円 税込)。あっさり味で飲みやすいのが特徴。ほのかな山羊の匂いも一緒に召し上がれ。       
    
レクチャーしてくれる店員さん
「ヤギ汁の塩はお好みで入れてください」と店員さん。よもぎやニンニクスライスなど、山羊料理それぞれにあった食べ方をレクチャーしてくれました。
黒毛和牛レアカツレツ
沖縄県産もとぶ牛「黒毛和牛レアカツレツ」(2138円 税込)。ほどよい脂身と甘みのある肉質が特徴。塩やわさびで上品に。
カウンターで乾杯する女性たち
那覇で県内各地の肉を堪能できるのはオイシイ。旅の思い出を語りながら、旨い肉と酒でゆっくり乾杯。

厳選された沖縄各地の一級肉が揃う
職人たちの本気の料理が光る

平日も予約必至の人気店。県内の鶏や山羊、牛、豚など約50種の肉メニューが揃い、どれも一級肉ばかり。舌が肥えるグルメ客も納得の味。30代以上の客が多く、カジュアルな接待やデート、観光など様々なシチュエーションで使われています。
客席はカウンター席、テーブル席(個室)、掘りごたつ席(個室)がそろい、目的に合わせてそれぞれの席を楽しむことができます。
沖縄の郷土料理「山羊料理」で使用する山羊は、店で一頭買い。「にく久」では若い山羊を使用しているので、臭みが少なく、「思ったより食べやすい」と、客からよく言われるとのことです。
注文をするのは8~9割が県外客で、初めて食べる人がほとんどだそう。
「山羊の値段は高いですが、来店は観光客が多いので、ぜひ地元のものを食べてほしいから、できるだけ上質な肉を提供し続けられるように、頑張っている」と店長。
ホールスタッフが女性ばかりというのも「にく久」の特徴でしょうか。女性スタッフそれぞれに個性があり、来店者からも評判が良いそうです。
50種以上の日本酒とともに、沖縄県産肉を味わい尽くす。たまらない那覇の夜になりそうですね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 大衆肉割烹「にく久」
住所 沖縄県那覇市久茂地3-12-1 第一久茂地ビル
営業時間 月~木17時~24時(ラストオーダー23時)、金~土・祝前日17時~24時30分(ラストオーダー23時半)
定休日 なし
電話番号 098-869-1888
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩4分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000円~4000円
クレジットカード 可(VISA ,MASTER ,JCB ,銀聯)
席数 約50席
駐車場 なし
メニュー一例 馬刺し盛合わせ2138円/馬サーロインステーキ3218円/馬レアヒレカツ1598円/霜降り馬肉の生雲丹軍艦1296円/活シャコ貝刺し小950円~/ 甘熟島豚と白ネギのすきしゃぶ1人前2030円/もとぶ牛の炙り握り(2貫)734円※価格は全て税込

島唄を世界に広げたネーネーズが生演奏
初めての民謡ライブにおすすめの店
【投稿日】2016年12月18日(日)
入口風景
観光客で賑わう国際通りのほぼ中央。おきなわ屋本店の3階に、本格的な島唄を聴かせてくれるお店があります。
出演者一覧
ステージにこれから立つのは結成27年を迎えたあのネーネーズ。どんな演奏を披露してくれるか楽しみです。
オリオンビール
ぜひオーダーしてみたいのが沖縄生まれのオリオンビール(550円 税別)。亜熱帯の島によく似合う味がします。             
コルコル
こちらは沖縄県産のラム「コルコル」。ネーネーズのメンバーの一人、沖山美鈴さんの生まれ故郷、南大東島で作られているレアなお酒です。
ラフテー
沖縄宮廷料理の代表選手のラフテー(850円 税別)はぜひ頼んでほしい一品。余分な脂分が丁寧に取り除かれていて、あっさり上品な味に仕上がっています。             
        
人参シリシリ
定番メニューの人参シリシリ(580円 税別)は、たっぷりの人参を独特の器具で千切りにしたヘルシーメニュー。沖縄名物のポークランチョンミートがアクセントでお酒にも合います。
ソーメンチャンプルー
沖縄の県民食、ソーミンチャンプルー(580円 税別)。素麺を野菜と炒めて食べるのは沖縄独特のスタイル。小腹が空いた時におすすめです。
ライブの風景 ライブの風景2
しっとりと心が潤う島唄を聴けるライブは19時、20時30分、22時スタートの1日3ステージ。ステージごとに演目と衣装が変わります。             
カチャーシー
締めはやっぱりカチャーチー。踊り方を教えてくれるので踊ったことがない人でも、心から楽しく踊れます。             

ライブハウス島唄

ライブハウス島唄は、90年代以降の沖縄ブームを音楽面から盛り上げた沖縄音楽界のレジェンド、知名定男さんのお店です。1995年にオープンしてから22年、情緒豊かなメロディで心を癒す伝統的な沖縄民謡から、アレンジが効いてノリのいい沖縄ポップまで生ライブで楽しめます。一番人気のアーティストはネーネーズ。彼女たちのライブで披露されるのは、大好きだった人への切ない恋心を歌った「ウムカジ」や、くよくよしないで一緒に楽しもうという「テーゲー」、そして代表曲の「黄金の花」など。ユーモアのあるMCで疲れた心を癒してくれたり、染み入るように響く歌声で、忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれます。ライブは入替制ではないので、最初から最後のステージまで、沖縄料理やお酒を味わいながら、沖縄の夜をゆっくり満喫できます。「幅広い年齢層のお客さんに心ゆくまで味わっていただきたい」と、料理はどれも食べやすく、優しい仕上がりになっています。90分の飲み放題プランも用意されていますので、お酒が好きな人も財布を気にせず楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ライブハウス島唄
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目-2-31ハイサイおきなわビル 3F
営業時間 18時〜23時(ラストオーダー22時)
定休日 なし
電話番号 098-863-6040
外部サイト 公式HP
平均予算 4000〜5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 150席
駐車場 なし
メニュー一例 ライブチャージ 大人 2000円・小中高生 1000円/オリオン瓶ビール 850円/オリオン生ビール(中) 550円/泡盛(グラス) 505円〜/COR COR 800円/やわらかラフテー 850円/ソーミンちゃんぷるー 580円/人参シリシリ 580円/グルクン唐揚げ 630円/タコライス 615円 *価格はすべて税別

おばあちゃんの家のような懐かしさ
アットホームな雰囲気で本物の島唄を
【投稿日】2016年12月18日(日)
お店入口
風にそよぐ暖簾をくぐって階段を登ると、突き当たりには魔除けの石敢当が。石垣島名物のアンガマのお面が飾られた入口を抜けるとそこは別世界。
ドリンク
テーブルについたらオリオンビールでまず乾杯。生ジョッキが沖縄の夜を盛り上げてくれます。
アヒポキ
沖縄の近海で獲れた県産マグロをハワイのソウルフード、アヒポキで。ビールや泡盛によく合います。       
島ドーフとザーサイのラー油がけ
芳ばしさとピリ辛感が南国気分を盛り上げる島ドーフとザーサイのラー油がけ。島豆腐をおいしくいただく石垣流の食べ方です。
石垣牛のチャンプルー
柔らかくてうま味がしっかりした石垣牛のチャンプルー。お肉たっぷりで大満足。        
        
メニューの写真
温かみのある手書きのメニュー。石垣牛のメンチカツ、石垣島ラー油がけ揚げギョーザなど、自然豊かな八重山の食材を活かした料理が食欲をそそります。
ライブ写真
「安里屋ユンタ」、「オジー自慢のオリオンビール」など、八重山や本島のメジャーな曲が演じられるステージはおよそ30分。唄い手に合わせて「いやささー」、「ゆい、ゆい」と聞き手がお囃子で返すキャッチボールは、打ち寄せては返す波のバイブレーションのよう。
カチャーシー
偶然居合わせたお客さんたちが家族のように一丸となって盛り上がるのも、「あっぱりしゃん」の面白さ。沖縄の熱に心と体をゆだねてみましょう。             

隠れ家 あっぱりしゃん

那覇の中心部から歩いてすぐにもかかわらず、落ち着いた雰囲気が印象的な久茂地川沿いの一角に、隠れ家のように佇む「あっぱりしゃん」は、本格的な島唄とひと手間かけられた手料理が自慢の民謡居酒屋です。オーナーは小学校5年生の頃、大好きだった担任の先生の影響で三線をはじめたという長浜タケヨシさん。「八重山の島唄はショービジネスの世界からは程遠い島の暮らしの中に生きている人たちととともにあり続けてきたんです。島唄は日々の生活を織りなす人間模様とともにあるんです。そういう八重山の心を食と酒と音楽を通じて届けたい」という長浜さんの言葉の通り、那覇にいながらにして沖縄本島よりさらに南にある八重山諸島の魅力を体全体で感じることができる店です。パイナップルやオオタニワタリ、かまぼこ、ピーパーチ、塩など石垣島をはじめ八重山諸島の食材を活かした料理にも定評があり、地元の人が沖縄に来た友人や仕事関係の人をもてなす際に利用するお店としても知られています。

地図を見る

店舗データを開く

店名 隠れ家 あっぱりしゃん
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目23-8 
営業時間 17時30分〜25時
定休日 なし
電話番号 098-861-1112
アクセス 沖縄モノレール県庁前駅下車 久茂地川沿い美栄橋駅方面徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 オリオン生(中) 500円/泡盛グラス 450円〜/黒糖梅酒 600円/ソフトドリンク 300円/石垣牛チャンプルー 880円/島豆腐とザーサイの島ラー油がけ 580円/島マグロのアヒポキ 880円/塩から3点豆腐のせ 780円/お造り(小)1200円/海鮮海人サラダ 880円/てびち 680円/お通し 300円*価格はすべて税別

あぐーを一頭買い!カルビからホルモンまで。
多彩な部位まで焼肉で頬張ろう
【投稿日】2016年12月18日(日)
店内の風景
国際通り沿い「ドンキホーテ」の7階にあり、アクセスは抜群。
店内の風景
     沖縄らしいインテリア
店内には15ものテーブル席が並び、広々。花ブロックなどの沖縄らしいインテリアが随所に施され、旅の気分を盛り上げてくれます。
島豚あぐー豚の焼肉コース
琉球在来島豚あぐー豚の焼肉コース(4298円 税込)。日ごとに異なる3種の部位と、カルビ一枚焼き、ホルモンなど、いろいろなあぐーの部位の他6品がついてこのお値段。リーズナブルに提供できるのは、実はあぐーを一頭買いしているため。             
豪快なカルビ一枚焼き
豪快なカルビ一枚焼き。 肉質の良さに定評があるこちらのお店。最適な状態で提供できる工夫が、肉の管理から切り方にまで徹底しているためです。 まず、肉の旨味を損なわないよう、保管温度に細心の注意を払います。さらに肉の部位によって切り方を変え、食べやすさとともに食感にまで気を配っています。
ハラミの写真
ホルモンは日によって部位が異なります。今日はハラミ。 珍しいあぐー豚のホルモンが食べられるのも、一頭買いしているからこそ。                      
        
前菜類が充実
島野菜のナムルにキムチ盛り合わせと、前菜類が充実。こちらは沖縄産のモズクキムチ。沖縄で人気の手作りキムチ店「やまや」から取り寄せていて、県産モズクの歯ごたえと辛味がクセになる逸品です。
カルビの一枚焼き
まずはカルビの一枚焼きからスタート。脂肪の溶ける温度が一般の豚に比べて低いあぐー豚。あっという間に脂が溶け出し、香ばしい香りが漂い始めます。すぐに焦げてしまうので、あまり焼きすぎないのがコツ。
長いカルビをハサミで
焼きあがったら、長いカルビをハサミでジョキジョキ!これぞ、大きな肉を食べる時の醍醐味です。                        
ロースや豚トロも
ロースや豚トロもどんどん焼きましょう。あぐー豚の旨味成分は通常の豚肉の約2.5倍あるにもかかわらず、コレステロールはなんと4分の1!たくさん食べてもヘルシーです。ご飯はおかわり自由なので、この際、あぐー豚と白飯の組み合わせを存分に楽しんで。             
泡盛と店員さんの写真
あぐー豚の焼肉のお供には、ご飯もいいけど泡盛も最高!泡盛に詳しいスタッフがいるので、おすすめの一杯を気軽に聞いてみてください。  

焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店

国際通り沿い、ドンキホーテの7階にある「吉崎食堂」の前身は、焼肉専門店「玄GeN(ゲン)」。20年ほど前に、琉球在来島豚あぐー豚の焼肉を沖縄で初めて提供した店で、質の高いあぐー豚を食べられる店として、定評があります。あぐー豚を一頭買いしているため、さまざまなあぐー豚の部位が揃うのが特徴。県内でもあぐー豚のホルモンを常に置いている焼肉店は珍しく、貴重です。 おすすめは「あぐー豚の焼肉コース」。あぐー豚は、ロースや豚トロなど、日によって異なる部位が3種類と、ホルモン1種類、大きなカルビがセットに。その他、キムチ盛り合わせと、ゴーヤなどの県産野菜のナムル3種類、島野菜と島豆腐のサラダ、豆乳プリンなど6品ついて、ボリューム満点。 野菜は全て沖縄県北部の契約農家から無農薬の有機野菜を仕入れ、サラダの豆腐やプリンの豆乳は、豆腐専門店「ひやごん豆腐」の手作りの品を使うなど、肉だけでなく食材全てにこだわりがあります。 焼肉コース以外にも、あぐーを使った単品料理が豊富。また、あぐー豚のしゃぶしゃぶコースや、沖縄産の黒毛和牛の焼肉コースも人気です。日替わりのホルモンや部位を求め、足繁く通うリピーターも多いとか。常連客気分で、その日おすすめのお肉を聞いてみては?

地図を見る

店舗データを開く

店名 焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目8-19 7階
営業時間 17時~(ラストオーダー)22時30分 、(土日祝)11時30分~(ラストオーダー)14時30分、17時~(ラストオーダー)22時30分
定休日 なし
電話番号 098−861−0429
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩5分
外部サイト 公式HP
平均予算 5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 琉球在来島豚あぐー豚の焼き肉コース 4298円/おきなわ黒毛和牛の焼肉コース 4298円/あぐー豚のしゃぶしゃぶコース 5378円/「あぐー」蒸し餃子 626円/「あぐー」生ハム 734円/「あぐー」てびち唐揚げ 842円/泡盛グラス 410円〜/オリオンビール 540円 *価格はすべて税込

あぐーしゃぶしゃぶをリーズナブルに!
ランチ限定のお手軽セット
【投稿日】2016年12月18日(日)
NAKAMAの外観

国際通りからすぐ。豚のシルエットが目印です。

沖縄らしい風景
店内のインテリアには赤瓦屋根や石垣が使われ、まるで古民家のよう。沖縄らしい風景を楽しめます。
広い店内
座敷席、掘りごたつ席、テーブル席があり、全部で90もの座席数を完備。グループ旅行にもおすすめです。
紅型模様の衣装を着たスタッフ
スタッフは、紅型模様をあしらった衣装を着てサービス。その華やかな柄と色味が、南国気分をさらに盛り上げてくれます。
アグー豚しゃぶしゃぶランチ
アグー豚しゃぶしゃぶランチ(税込 2138円)には、「金武(きん)アグー」という名のアグー豚がなんと160グラムも入っています。金武アグーは、沖縄県中部の金武町で育てられているアグーで、臭みが少なく脂身がしつこくないのが特徴。さっぱりしながらも甘みが強く、柔らかい肉質はしゃぶしゃぶで食べるのにぴったりです。 その他ハンダマなどの新鮮な県産野菜や島豆腐、小鉢が二つとスープ、ご飯がついているのでボリューム満点。
しゃぶしゃぶのたれ
黒糖ベースのゴマだれとシークヮーサーを使ったポン酢は自家製。ポン酢は1、2週間寝かせていて、酸味よりも甘みが際立ち、そのまま飲めそうなほどまろやかな味。刻みゴーヤを漬けた塩ダレは薬味として、お肉に少し乗せてどうぞ。
    
金武アグー
肉には火を通しすぎないのがコツ。赤味がなくなれば食べられます。スープに出た灰汁は取りすぎないように。金武アグーは灰汁さえも旨味です。 スープは昆布と鰹節の出汁を使用。沖縄産の鰹節は脂質が少なくさっぱりとしているので、しゃぶしゃぶとの相性抜群。
しゃぶしゃぶのセットランチ
金武アグーのロースとバラ肉が入っているので、ぜひ味の違いを味わって。これだけしっかりしゃぶしゃぶのセットをランチで食べられる場所は、沖縄でもほとんどありません。
「アグー豚ローストポーク丼」
より手軽に金武アグーを楽しめるのが「アグー豚ローストポーク丼」。小鉢、ミニサラダ、スープがついて950円(税込)!金武アグーのもも肉で作ったローストポークは、火の入れ方が絶妙。しっとり、じんわりと、豚肉の旨味が広がります。黄身と絡めれば、よりマイルドでボリューミーに。                          
ライブの様子
19時40分〜と20時40分からの2回、民謡ライブが毎晩開催されています。チャージ料は無料なので、時間を合わせて夜も楽しんで!       

島しゃぶしゃぶNAKAMA

国際通りからすぐの場所に、平成29年にオープンしたばかりの「島しゃぶしゃぶNAKAMA」。ハイクオリティーの沖縄ブランド肉を、リーズナブルな価格で食べられるお店です。特に「金武アグー」と呼ばれるアグー豚のしゃぶしゃぶが名物で、2138円のランチセットが人気です。 金武アグーとは沖縄県中部の金武町発の豚で、金武町産のブナシメジや酒粕を配合した栄養満点の飼料で育てられています。沖縄県内でもほとんど流通していない珍しい金武アグーですが、豚特有の臭みが少なく、脂質、甘み、旨味のバランスが取れた優秀な肉質に定評があります。 金武アグーだけでなく石垣牛のしゃぶしゃぶもあり、金武アグーと石垣牛の両方がついたセットなら食べ比べを楽しめます。しゃぶしゃぶ以外でも、ローストポーク丼や豚汁定食など、より手軽に金武アグーを食べられる料理が揃います。 夜は本格的なしゃぶしゃぶコースを提供。野菜類は全てバイキングなのもポイントです。チャージ無料の民謡ライブを聞きながら、ぜひブランド肉のおいしさを堪能してください。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島しゃぶしゃぶ NAKAMA
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目3-1
営業時間 ランチ:11時30分〜15時(ラストオーダー14時) ディナー:17時~24時(ラストオーダー23時)
定休日 なし
電話番号 098-917-1529
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩3分
外部サイト 公式HP
平均予算 ランチ2000円、ディナー5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 90席、個室 あり(予約制:8〜16名まで)
駐車場 なし
メニュー一例 ランチ:アグー豚しゃぶしゃぶランチ 2138円/島しゃぶ満喫ランチ(アグー豚と石垣牛)3866円/石垣牛しゃぶすきランチ 4838円/アグー豚ローストポーク丼 950円/とろとろラフテー丼 950円/具だくさん豚汁定食 842円 ディナー:島豚コース 4190円/島しゃぶ食べ尽くしコース 6458円/石垣牛しゃぶすきコース 8294円 飲み物: オリオンビール(大)1026円(中)540円/泡盛グラス486円/マンゴージュース486円 *価格はすべて税込

せいろ蒸しでうま味凝縮!
プレミアムあぐー「島黒」を食べよう
【投稿日】2016年12月18日(日)
夜の外観

国際通りから徒歩約3分。飲食店が並ぶ繁華街でひときわ目を引く外観です。

沖縄感満載の店内
カウンター席、半個室、テーブル席がある店内。赤瓦やシーサーなどが随所にあしらわれ、沖縄感満載です。
島黒(しまくるー)
「島黒(しまくるー)」と呼ばれるあぐー豚をせいろ蒸しで提供するのが、この店のスタイル。島黒とは、琉球在来豚アグーの血統を75%以上受け継いだ豚肉で、出荷頭数が少なく幻の豚と言われています。 「しまくる〜せいろ蒸しセット」は、そんな貴重な豚肉のバラ、モモ、ロースが全部で150グラムとたっぷり入り、さらに島野菜とあぐー豚のつみれがついて2592円(税込)。
あぐー豚のつみれ
各席に一つずつ設置されたコンロにせいろを載せて温めます。十分熱くなったところへ、まずあぐー豚のつみれを投入。料理を自分で作り上げていく行程も、せいろ蒸しの楽しみの一つ。
沖縄産の野菜
次に野菜を敷き詰めます。ゴーヤ、紅芋などの島野菜をはじめ、沖縄産の野菜をたっぷり食べられるのでヘルシー。蒸すことで、野菜の甘みがぐっと増します。
豚肉を重ねる
最後に、豚肉を重ならないように敷いたら準備完了。             
        
蒸し時間
蓋をして3分。おいしい料理の出来上がりを待つ時間は、何よりも楽しいもの。
完成写真
3分経過し、ついに完成!蓋を開けた瞬間に、湯気とともに肉や野菜の甘い香りがふわっと広がります。
島黒
島黒は、脂身が白く締まった肉質が特徴。蒸すことで脂がサッと溶け出し、うま味が凝縮。そして肉全体がふんわりと柔らかく仕上がります。                          
野菜の写真
島黒のおいしい脂を吸った野菜は、せいろ蒸しのもう一つの主役。これだけの量の野菜でも、豚のうま味のおかげであっという間に食べられます。             
調味料は宮古島のパウダーソルト「雪塩」、県産シークァーサーを使った自家製ポン酢、久米島産の白味噌にごまや黒糖を合わせた自家製味噌ダレの3種類。島黒そのものの、うま味をまず味わいたいなら、最初はシンプルに雪塩で食べるのがおすすめです。        

スチームダイニング しまぶた屋

国際通りから歩くこと約3分。豚が描かれた看板がインパクト大の店が「スチームダイニングしまぶた屋」です。ここでは、「島黒(しまくるー)」という貴重なあぐー豚をせいろ蒸しで食べられます。 「島黒」とは、県内有数の畜産メーカー「我那覇畜産」が手がけるブランド肉。琉球在来種アグーの血統が75%入り、限りなく純粋なアグー豚に近い希少な豚です。 せいろ蒸しコースは前菜から始まり、ゴーヤーチャンプルーやグルクンの唐揚げなど全部で9品ついてかなりのボリューム。もっと気軽に島黒のせいろ蒸しを味わいたいなら、セットがおすすめです。セットには島黒が150グラムと十分な量がついていますが、足りなければ単品で肉だけ注文可能。「やんばる島豚あぐー」という、別の種類のあぐー豚もあるので、単品で頼んで島黒と食べ比べるのも、この店だからできるあぐー豚の楽しみ方です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 スチームダイニング しまぶた屋
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目29-1
営業時間 17時~24時(ラストオーダー23時)
定休日 水曜
電話番号 098−861−2739
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩7分
外部サイト 公式HP
平均予算 3500円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 47席
駐車場 なし
メニュー一例 せいろ蒸しセット(島黒2592円、やんばる島豚あぐー1944円)/せいろ蒸しと沖縄料理コース(島黒4082円、やんばる島豚あぐー3758円)/あぐーの生ハム 626円/蒸しじーまーみー豆腐 518円/あぐースペアリブのせいろ蒸し 950円/生ビール 540円 *価格はすべて税込

三線の音色を聞きながら
新鮮な地魚を食べ尽くす!
【投稿日】2016年12月18日(日)
ちぬまん 国際通り牧志店

国際通りのほぼ中央に位置。セリ権を持つ同店では、県内各地の漁港で直接セリ落としてきた新鮮な地魚がリーズナブルに楽しめます。

店頭の生け簀
店頭の生け簀には沖縄近海で穫れた巨大な活魚が泳ぎ、全国から取り寄せたイセエビやサザエが動き回る姿に心が躍ります。
当日水揚げされたばかりの鮮魚はどれもおすすめ
水槽横には、「赤マチ」や「タマン」など南国らしい色とりどりの魚が並びます。当日水揚げされたばかりの鮮魚は、「本日のオススメ」としてメニューに掲載されているのでぜひチェックを。
島唄三線ライブで雰囲気抜群
ライブチャージ無料の島唄三線ライブは、毎日19時~、20時~、21時~の3回開催!美味しい料理と共に沖縄らしい雰囲気が1階でも2階でも楽しめます。(※2階席での開催時間は19時40分~、20時40分~、21時40分~)
うちなーカクテル
オリオンビールや泡盛のほか、シークァーサーやマンゴーを使った「うちなーカクテル」(580円 税別)も多数用意されています。
あぐー豚しゃぶサラダ
「あぐー豚しゃぶサラダ」(780円 税別)はボリューム満点の一皿。グルタミン酸を豊富に含むあぐー豚は甘みが強く、豚肉特有の臭みも一切感じません。
本日の地物刺身
「本日の地物刺身」は、「ちぬまん」で必ず注文したい一品。県内各地の漁港で毎日のようにセリ落とされるため、鮮度は折り紙付き。※写真は5点盛り(1980円 税別)
石垣牛炙り握り(4貫) 人参しりしりー
今や沖縄を代表する料理にまで知名度を上げた「人参しりしりー」(580円 税別)や、沖縄を代表する高級食材である石垣牛を使った「石垣牛炙り握り(4貫)」(980円 税別)まで、料理の種類は80種に迫ります。
女性客や家族連れも多い
女性客や家族連れも多く、連日大変な賑わいをみせる人気店。メニュー数が多いので、何人かでシェアして楽しむのがおすすめ。

ちぬまん 国際通り牧志店

地魚と沖縄料理が味わえる人気の居酒屋「ちぬまん」。那覇市の泊港や中城港など、6カ所の仲買人資格を持っており、朝市で競り落とされる新鮮な地魚が店頭に並びます。一方、肉料理にも力を入れており、石垣牛の焼き肉や握り、あぐーのしゃぶしゃぶやホルモン炒めなど、思わず目移りしそうなほど。
毎日3回開催される無料の島唄三線ライブは、耳馴染みの良いナンバーや盛り上がる曲ばかり。隣り合った人同士がリズムに合わせてカリー(乾杯)するなど、島唄と島酒に酔いしれる楽しい夜が過ごせます。興に乗れば、沖縄で製造される唯一の日本酒「黎明(れいめい)」(680円)や「ハブ酒」(680円)といった珍しいドリンクメニューも。20時まではタイムサービスとして、ちぬまん名物の「沖縄県産生鮪づくし」が1280円→980円、「沖縄県産海ぶどう」が580円→380円とお得に注文できるので、早めの来店の際にはぜひ!
地元の人気グルメが揃うランチタイムは、ランチメニューの他、夜メニューの注文や昼呑みもOK!お昼も夜も賑わうお店です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ちぬまん 国際通り牧志店
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目2-26
営業時間 ランチ 11時30分~15時/ディナー 17時~24時(料理ラストオーダー23時、ドリンクラストオーダー23時30分)
定休日 なし
電話番号 098-941-0998
アクセス ゆいレール県庁前駅・美栄橋駅からいずれも徒歩約5分
外部サイト 公式HP
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 約120席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 自慢のラフテー 680円/沖縄天婦羅盛り合わせ 880円/ヒラヤーチー(沖縄版チヂミ) 480円/オリオン生 480円 ※価格はすべて税別

沖縄の古き良き家並みで堪能する
島唄と沖縄料理の共演
【投稿日】2016年12月18日(日)
とぅばらーま外観

ゆいレール「牧志駅」から徒歩1分に位置。外壁を覆い尽くすほどに生い茂ったハイビスカスと、入口に配された巨大な三線が目を引きます。

とぅばらーまの店内
店内1階フロアには、古き良き沖縄の家並みが再現されています。赤瓦の家々を横目に石畳のすーじぐゎー(小路や路地の意)を歩けば、まるでタイムスリップしたかのような気分。
藁葺きの家を再現
赤瓦のイメージが強い沖縄ですが、はるか昔に実在した藁葺きの家を再現したスペースも。まるで田舎の祖父母の家にでも遊びにきたような気分で過ごせます。
定番メニュー
定番メニューは県産の野菜や肉、魚や島豆腐などを使用した多彩な沖縄地料理が楽しめます。あれもこれもと迷った場合には、定番の沖縄料理がラインナップされるコース料理(3150円 税別~)がおすすめ。
グルクン(たかさご)の姿揚げ 表面はパリパリ
沖縄の県魚でもある「グルクン(たかさご)の姿揚げ」(820円税別)は人気メニューの一つ。表面がパリパリと香ばしい一方、白身はふっくらとして柔らかい。アルコールにもよく合います。
らふてぃ
たっぷりと時間をかけて煮込まれる「らふてぃ」(800円 税別)は、とろけるような柔らかさ。泡盛を入れて煮込むことで沖縄料理らしい独特の風味とコクが生まれます。
三線・島唄のライブ 2階フロア
2階フロアでは、沖縄料理を食べながら楽しめる三線・島唄のライブ(ライブチャージ500円 税別/中学生以上)が連日開催されています。
一緒に盛り上がる三線・島唄のライブ
三線・島唄のライブは飛び入り参加も大歓迎。恥ずかしがらずに一緒に盛り上がれば、きっと忘れられない思い出になるはず。

島唄と地料理 とぅばらーま

戦前の沖縄や、離島に残る素朴な空間を模した1階店内のしつらいが素晴らしく、一歩足を踏み入れた瞬間から「とぅばらーま」の作り出す独自の世界観にどっぷりと浸かれます。座敷席や半個室も多く、子ども連れのファミリーやグループにもぴったり。
一方、2階席にはステージが設けられ、毎夜「三線・島唄ライブ」が開催。カチャーシーのレクチャーも行われ、「演客一体」の盛り上がりを見せるライブは必見です。平成27年に旭日双光章を受賞した唄者、宮良康正さんも毎週定期的にステージに上がるなど、第一人者のパフォーマンスに触れられることも。
初めての沖縄旅行であれば、「龍泉利き酒セット」(1680円 税別)を試してみては?新酒・古酒・ハブ酒という3種の泡盛を飲み比べ、味わいの違いをぜひ感じてみて。
午前の11時から営業しており、昼は「沖縄そば」や「タコライス」といったランチ、夜は島唄と地料理を楽しむ居酒屋として、一日を通して利用できるのも便利です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島唄と地料理 とぅばらーま
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目7-25
営業時間 11時~24時(料理ラストオーダー23時、ドリンクラストオーダー23時30分)
定休日 なし
電話番号 098-862-3124
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩約1分
外部サイト 公式HP
平均予算 ランチ 650円~1100円/ディナー 2000円~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 約402席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 フーチャンプルー 650円/ミミガー 420円/もずくの天ぷら 580円/オリオン生 620円 *価格はすべて税別

脈々と受け継がれる沖縄家庭料理の味
泡盛と美食に酔いしれる桜坂の名店
【投稿日】2016年12月18日(日)
琉球料理と泡盛の店 カラカラ

正面に「桜坂劇場」、はす向かいに「ハイアットリージェンシー」と、那覇の最もホットなエリアに位置します。

店内に並ぶ泡盛の新酒や古酒の数々
店内に並ぶ泡盛の新酒や古酒の数々。料理とのマリアージュを考え、何種かにチャレンジしてみるのも楽しそうです。
カウンター席
入口すぐに設けられたカウンター席では、女性一人でも気おくれすることなく沖縄料理と泡盛が味わえます。
泡盛マイスターとの泡盛談義も旅の素敵な思い出に
泡盛紅茶リキュール(瑞泉酒造)など、初心者でも楽しめるメニューも。泡盛マイスターとの泡盛談義も旅の素敵な思い出に。
スーチカー   
粟国島の天然海水塩を使用したこだわりの「スーチカー」(600円 税別)。ミネラル豊富な塩気が泡盛にぴったり。
塩やきそば 島野菜のピクルス
フーチバー(よもぎ)入りの沖縄そばを使った「塩やきそば」(680円 税別)や、「島野菜のピクルス」(450円 税別)。
カラカラ
店名にも用いられる「カラカラ」はさまざまな種類が用意されており、どのカラカラで供されるかも楽しみの一つ。
泡盛をカラカラからお猪口へ
泡盛をカラカラからお猪口へ。泡盛を空気に触れさせることで、味がまろやかに変化するといいます。
桜坂エリアをぶらり
周囲には飲食店が点在しているので、気になったお店を何軒か回ってみるのも良さそうです。

琉球料理と泡盛の店 カラカラ

文化や芸術の発信拠点として、地域の人々に親しまれる桜坂劇場。その桜坂劇場の道向かいに位置する「琉球料理と泡盛の店 カラカラ」は、島野菜をふんだんに盛り込んだ伝統的な沖縄料理や創作料理が気軽に楽しめる人気店です。
素材の味わいを活かすため、あえて卵を入れずに仕上げる「ゴーヤーチャンプルー」や、仕込みに3日を費やす「自家製ラフテー」のほか、ゴーヤーを芯に豚肉を巻いた「カラカラ風とんかつ」といった創作料理まで、随所に感じられる食へのこだわり。
また、泡盛を楽しむための酒器「カラカラ」を店名に持つ通り、泡盛のラインナップにも余念がなく、沖縄の全蔵元の泡盛が一堂に揃います。新酒から40年ものの古酒まで、市場にはあまり出回ることのない貴重な一杯にも出合えることも。泡盛マイスターの資格を持つスタッフが、利用客の質問や要望にも気軽に応じてくれます。
周囲には様々な飲食店が軒を連ね、酔い覚ましのそぞろ歩きも楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 琉球料理と泡盛の店 カラカラ
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目2-30
営業時間 17時~24時(料理・ドリンク共にラストオーダー23時30分)
定休日 月曜
電話番号 098-864-2588
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩7~8分
外部サイト 公式Facebook
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 28席
駐車場 なし
メニュー一例 海ぶどう 480円/クーブイリチー 500円/ゴーヤーチャンプルー 680円/オリオン生 500円 *価格はすべて税別

喧騒から隔絶された都心の隠れ家
上質な素材にこだわる珠玉の沖縄料理店
【投稿日】2016年12月18日(日)
じまんや

築50年の古民家をリノベーションした「じまんや」。温かみとセンスが光る外観に、南国らしい植栽が見事に調和。

カウンター席
気さくな店員と会話がはずむカウンターは全7席。料理や泡盛のことなど、分からないことは気軽に質問してみてください。
レタスとハンダマのサラダ
「レタスとハンダマのサラダ」(750円 税込)は梅シソドレッシングで。煎りジャコのカリカリと食感もクセになりそう。
つけもずく(100g)(つけダレ付)
「ざるそば」のような見た目が楽しい「つけもずく(100g)(つけダレ付)」(550円~税込)。絶品のつけ汁は門外不出の秘伝味。
史上最強のトンテキ   
パイナップルポークを丁寧に焼き上げた「史上最強のトンテキ」(1700円 税込)は、濃厚な旨味と柔らかさに驚くはず。
キンキンに冷えた状態で提供されるオリオンビールで乾杯
キンキンに冷えた状態で提供されるオリオンビール(500円 税込)!南国の強い陽射しで火照った身体に染み渡ります。
木の温もりに包まれる店内
木の温もりに包まれる店内の雰囲気。まるで自宅のようにくつろげるとあって、食事やアルコールがすすみます。
泡盛マイスターの資格をもつ店長
泡盛マイスターの資格をもつ店長が、合わせる料理やゲストの味の好みに応じた泡盛を紹介してくれます。

じまんや

国際通りのほぼ中央に位置する「むつみ橋」交差点より徒歩3分ほど。落ち着いた街並みにひっそり佇む古民家が、今回ご紹介する「じまんや」です。国際通りの喧噪を離れ、少し気を緩めると見落としてしまいそうな店舗ながら、本格的な沖縄料理を求める観光客や地元客で連日大いに賑わいます。心安らぐ雰囲気は、半世紀以上にわたって実際に使用されてきた民家ならでは。
カウンター席や間仕切りが設けられたテーブル席、完全な個室として利用可能な座敷席など、人数や用途に応じて選べます。最大30名程度まで対応可能な座敷席が用意されているのも嬉しいポイント。
パイナップルを飼料として育つパイナップルポークの専門店であり、県産にこだわった島野菜にも定評があります。今回ご紹介した「トンテキ」や「つけもずく」以外にも、料理長渾身の「パイナップルポークのしゃぶしゃぶ」や「スパイシースペアリブ」などチャレンジしたいメニューが後を絶ちません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 じまんや
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目17-46
営業時間 17時30分~翌1時(料理・ドリンク共にラストオーダー24時)
定休日 なし
電話番号 098-943-2081
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000~4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 53席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 豚しゃぶサラダ 780円 /もずく酢 390円/島豆腐の厚揚げ 390円/オリオン生 500円 *価格はすべて税込

沖縄の本土復帰の年に創業した
新たな沖縄文化を創造する栄町の老舗店
【投稿日】2016年12月18日(日)
うりずん

戦後の復興期に誕生した栄町に位置する「うりずん」。沖縄の家庭料理から宮廷料理まで食べられ、「どぅる天発祥の店」としても知られています。

カウンター席
1972年の創業時とかわらぬ素朴な店内。カウンターやテーブル席、2階には40名程度が利用可能な座敷も用意されています。
泡盛で乾杯
沖縄県内全酒造所の泡盛を取り揃え、一合ずつ注文できるので、気の置けない友人と飲み比べてみるのも楽しいです。
古酒蔵で熟成される「咲元古酒(8年)」
首里の古酒蔵で熟成される「咲元古酒(8年)」(一合1000円 税別)は、店内の巨大な甕から注がれます。
うりずん発祥の「どぅる天」   
うりずん発祥の「どぅる天」(600円 税別)はマストで頼みたい一品。練った田芋をコロッケのように揚げ、表面はカラり、中はふっくらと仕上げています。
ゴーヤーちゃんぷるー
宮廷料理のセーファン(500円 税別)。澄んだ鶏出汁がごはんにしみ込んだ、上品な出汁茶漬け。
石焼タコライス
常連客に意外と人気なのが沖縄そば(500円 税別)。沖縄そばはハーフサイズも用意されているので〆にもぴったり。
木の温もりが伝わる店内 木の温もりが伝わる店内
木の温もりが伝わる店内は居心地がよく、時間の過ぎるのを忘れて島酒と沖縄料理をじっくり堪能できます。
店員さんのにっこり笑顔
琉球グラスでいただく泡盛と、やちむんに盛り付けられた沖縄料理の数々。素朴ながら贅沢な沖縄がここにありました。

うりずん

昔ながらの風情ある面影を残す「栄町商店街」。一時はシャッター商店街化していたものの、現在では若い人々による新たな飲食店が次々と出店し、夜になると多くの地元客や観光客で賑わいます。
そんな栄町を代表する老舗店であると同時に、栄町を世に知らしめた立役者が今回ご紹介する「うりずん」。沖縄の伝統料理である、田芋を練った「ドゥルワカシー」をコロッケ状にまとめて揚げた「ドゥル天」発祥の店としても知られます。気鋭の創作料理も、今や沖縄料理の定番として各家庭で楽しまれるまでになっています。「ドゥル天」以外にも、カツオ出汁の効いた「沖縄そば」や箸がスッと入るほど柔らかく煮込まれた「ラフテー」など、とにかく一品一品のクオリティが極めて高く、何を頼んでも間違いがありません。 戦後の泡盛復興にも尽力し、首里に構えた古酒蔵では、「うりずん」オリジナルの古酒を、甕で丁寧に育てています。お店を訪れた際には、時間と甕が育てる泡盛の深い味わいに触れてみて!

地図を見る

店舗データを開く

店名 古酒と琉球料理 うりずん
住所 沖縄県那覇市安里388-5
営業時間 17時30分~24時
定休日 なし
電話番号 098-885-2178
アクセス ゆいレール安里駅から徒歩2~3分
外部サイト 公式HP
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 110席(座敷あり)
駐車場 なし(近くにコインP有り)
メニュー一例 ミヌダル 700円/スクガラス豆腐 300円/麩チャンプルー 500円/オリオン生 600円 ※すべて税別料金