島唄を世界に広げたネーネーズが生演奏
初めての民謡ライブにおすすめの店
【投稿日】2016年12月18日(日)
入口風景
観光客で賑わう国際通りのほぼ中央。おきなわ屋本店の3階に、本格的な島唄を聴かせてくれるお店があります。
出演者一覧
ステージにこれから立つのは結成27年を迎えたあのネーネーズ。どんな演奏を披露してくれるか楽しみです。
オリオンビール
ぜひオーダーしてみたいのが沖縄生まれのオリオンビール(550円 税別)。亜熱帯の島によく似合う味がします。             
コルコル
こちらは沖縄県産のラム「コルコル」。ネーネーズのメンバーの一人、沖山美鈴さんの生まれ故郷、南大東島で作られているレアなお酒です。
ラフテー
沖縄宮廷料理の代表選手のラフテー(850円 税別)はぜひ頼んでほしい一品。余分な脂分が丁寧に取り除かれていて、あっさり上品な味に仕上がっています。             
        
人参シリシリ
定番メニューの人参シリシリ(580円 税別)は、たっぷりの人参を独特の器具で千切りにしたヘルシーメニュー。沖縄名物のポークランチョンミートがアクセントでお酒にも合います。
ソーメンチャンプルー
沖縄の県民食、ソーミンチャンプルー(580円 税別)。素麺を野菜と炒めて食べるのは沖縄独特のスタイル。小腹が空いた時におすすめです。
ライブの風景 ライブの風景2
しっとりと心が潤う島唄を聴けるライブは19時、20時30分、22時スタートの1日3ステージ。ステージごとに演目と衣装が変わります。             
カチャーシー
締めはやっぱりカチャーチー。踊り方を教えてくれるので踊ったことがない人でも、心から楽しく踊れます。             

ライブハウス島唄

ライブハウス島唄は、90年代以降の沖縄ブームを音楽面から盛り上げた沖縄音楽界のレジェンド、知名定男さんのお店です。1995年にオープンしてから22年、情緒豊かなメロディで心を癒す伝統的な沖縄民謡から、アレンジが効いてノリのいい沖縄ポップまで生ライブで楽しめます。一番人気のアーティストはネーネーズ。彼女たちのライブで披露されるのは、大好きだった人への切ない恋心を歌った「ウムカジ」や、くよくよしないで一緒に楽しもうという「テーゲー」、そして代表曲の「黄金の花」など。ユーモアのあるMCで疲れた心を癒してくれたり、染み入るように響く歌声で、忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれます。ライブは入替制ではないので、最初から最後のステージまで、沖縄料理やお酒を味わいながら、沖縄の夜をゆっくり満喫できます。「幅広い年齢層のお客さんに心ゆくまで味わっていただきたい」と、料理はどれも食べやすく、優しい仕上がりになっています。90分の飲み放題プランも用意されていますので、お酒が好きな人も財布を気にせず楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ライブハウス島唄
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目-2-31ハイサイおきなわビル 3F
営業時間 18時〜23時(ラストオーダー22時)
定休日 なし
電話番号 098-863-6040
外部サイト 公式HP
平均予算 4000〜5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 150席
駐車場 なし
メニュー一例 ライブチャージ 大人 2000円・小中高生 1000円/オリオン瓶ビール 850円/オリオン生ビール(中) 550円/泡盛(グラス) 505円〜/COR COR 800円/やわらかラフテー 850円/ソーミンちゃんぷるー 580円/人参シリシリ 580円/グルクン唐揚げ 630円/タコライス 615円 *価格はすべて税別

おばあちゃんの家のような懐かしさ
アットホームな雰囲気で本物の島唄を
【投稿日】2016年12月18日(日)
お店入口
風にそよぐ暖簾をくぐって階段を登ると、突き当たりには魔除けの石敢当が。石垣島名物のアンガマのお面が飾られた入口を抜けるとそこは別世界。
ドリンク
テーブルについたらオリオンビールでまず乾杯。生ジョッキが沖縄の夜を盛り上げてくれます。
アヒポキ
沖縄の近海で獲れた県産マグロをハワイのソウルフード、アヒポキで。ビールや泡盛によく合います。       
島ドーフとザーサイのラー油がけ
芳ばしさとピリ辛感が南国気分を盛り上げる島ドーフとザーサイのラー油がけ。島豆腐をおいしくいただく石垣流の食べ方です。
石垣牛のチャンプルー
柔らかくてうま味がしっかりした石垣牛のチャンプルー。お肉たっぷりで大満足。        
        
メニューの写真
温かみのある手書きのメニュー。石垣牛のメンチカツ、石垣島ラー油がけ揚げギョーザなど、自然豊かな八重山の食材を活かした料理が食欲をそそります。
ライブ写真
「安里屋ユンタ」、「オジー自慢のオリオンビール」など、八重山や本島のメジャーな曲が演じられるステージはおよそ30分。唄い手に合わせて「いやささー」、「ゆい、ゆい」と聞き手がお囃子で返すキャッチボールは、打ち寄せては返す波のバイブレーションのよう。
カチャーシー
偶然居合わせたお客さんたちが家族のように一丸となって盛り上がるのも、「あっぱりしゃん」の面白さ。沖縄の熱に心と体をゆだねてみましょう。             

隠れ家 あっぱりしゃん

那覇の中心部から歩いてすぐにもかかわらず、落ち着いた雰囲気が印象的な久茂地川沿いの一角に、隠れ家のように佇む「あっぱりしゃん」は、本格的な島唄とひと手間かけられた手料理が自慢の民謡居酒屋です。オーナーは小学校5年生の頃、大好きだった担任の先生の影響で三線をはじめたという長浜タケヨシさん。「八重山の島唄はショービジネスの世界からは程遠い島の暮らしの中に生きている人たちととともにあり続けてきたんです。島唄は日々の生活を織りなす人間模様とともにあるんです。そういう八重山の心を食と酒と音楽を通じて届けたい」という長浜さんの言葉の通り、那覇にいながらにして沖縄本島よりさらに南にある八重山諸島の魅力を体全体で感じることができる店です。パイナップルやオオタニワタリ、かまぼこ、ピーパーチ、塩など石垣島をはじめ八重山諸島の食材を活かした料理にも定評があり、地元の人が沖縄に来た友人や仕事関係の人をもてなす際に利用するお店としても知られています。

地図を見る

店舗データを開く

店名 隠れ家 あっぱりしゃん
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目23-8 
営業時間 17時30分〜25時
定休日 なし
電話番号 098-861-1112
アクセス 沖縄モノレール県庁前駅下車 久茂地川沿い美栄橋駅方面徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 オリオン生(中) 500円/泡盛グラス 450円〜/黒糖梅酒 600円/ソフトドリンク 300円/石垣牛チャンプルー 880円/島豆腐とザーサイの島ラー油がけ 580円/島マグロのアヒポキ 880円/塩から3点豆腐のせ 780円/お造り(小)1200円/海鮮海人サラダ 880円/てびち 680円/お通し 300円*価格はすべて税別

あぐーを一頭買い!カルビからホルモンまで。
多彩な部位まで焼肉で頬張ろう
【投稿日】2016年12月18日(日)
店内の風景
国際通り沿い「ドンキホーテ」の7階にあり、アクセスは抜群。
店内の風景
     沖縄らしいインテリア
店内には15ものテーブル席が並び、広々。花ブロックなどの沖縄らしいインテリアが随所に施され、旅の気分を盛り上げてくれます。
島豚あぐー豚の焼肉コース
琉球在来島豚あぐー豚の焼肉コース(4298円 税込)。日ごとに異なる3種の部位と、カルビ一枚焼き、ホルモンなど、いろいろなあぐーの部位の他6品がついてこのお値段。リーズナブルに提供できるのは、実はあぐーを一頭買いしているため。             
豪快なカルビ一枚焼き
豪快なカルビ一枚焼き。 肉質の良さに定評があるこちらのお店。最適な状態で提供できる工夫が、肉の管理から切り方にまで徹底しているためです。 まず、肉の旨味を損なわないよう、保管温度に細心の注意を払います。さらに肉の部位によって切り方を変え、食べやすさとともに食感にまで気を配っています。
ハラミの写真
ホルモンは日によって部位が異なります。今日はハラミ。 珍しいあぐー豚のホルモンが食べられるのも、一頭買いしているからこそ。                      
        
前菜類が充実
島野菜のナムルにキムチ盛り合わせと、前菜類が充実。こちらは沖縄産のモズクキムチ。沖縄で人気の手作りキムチ店「やまや」から取り寄せていて、県産モズクの歯ごたえと辛味がクセになる逸品です。
カルビの一枚焼き
まずはカルビの一枚焼きからスタート。脂肪の溶ける温度が一般の豚に比べて低いあぐー豚。あっという間に脂が溶け出し、香ばしい香りが漂い始めます。すぐに焦げてしまうので、あまり焼きすぎないのがコツ。
長いカルビをハサミで
焼きあがったら、長いカルビをハサミでジョキジョキ!これぞ、大きな肉を食べる時の醍醐味です。                        
ロースや豚トロも
ロースや豚トロもどんどん焼きましょう。あぐー豚の旨味成分は通常の豚肉の約2.5倍あるにもかかわらず、コレステロールはなんと4分の1!たくさん食べてもヘルシーです。ご飯はおかわり自由なので、この際、あぐー豚と白飯の組み合わせを存分に楽しんで。             
泡盛と店員さんの写真
あぐー豚の焼肉のお供には、ご飯もいいけど泡盛も最高!泡盛に詳しいスタッフがいるので、おすすめの一杯を気軽に聞いてみてください。  

焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店

国際通り沿い、ドンキホーテの7階にある「吉崎食堂」の前身は、焼肉専門店「玄GeN(ゲン)」。20年ほど前に、琉球在来島豚あぐー豚の焼肉を沖縄で初めて提供した店で、質の高いあぐー豚を食べられる店として、定評があります。あぐー豚を一頭買いしているため、さまざまなあぐー豚の部位が揃うのが特徴。県内でもあぐー豚のホルモンを常に置いている焼肉店は珍しく、貴重です。 おすすめは「あぐー豚の焼肉コース」。あぐー豚は、ロースや豚トロなど、日によって異なる部位が3種類と、ホルモン1種類、大きなカルビがセットに。その他、キムチ盛り合わせと、ゴーヤなどの県産野菜のナムル3種類、島野菜と島豆腐のサラダ、豆乳プリンなど6品ついて、ボリューム満点。 野菜は全て沖縄県北部の契約農家から無農薬の有機野菜を仕入れ、サラダの豆腐やプリンの豆乳は、豆腐専門店「ひやごん豆腐」の手作りの品を使うなど、肉だけでなく食材全てにこだわりがあります。 焼肉コース以外にも、あぐーを使った単品料理が豊富。また、あぐー豚のしゃぶしゃぶコースや、沖縄産の黒毛和牛の焼肉コースも人気です。日替わりのホルモンや部位を求め、足繁く通うリピーターも多いとか。常連客気分で、その日おすすめのお肉を聞いてみては?

地図を見る

店舗データを開く

店名 焼肉としゃぶしゃぶ 吉崎食堂 那覇国際通り店
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目8-19 7階
営業時間 17時~(ラストオーダー)22時30分 、(土日祝)11時30分~(ラストオーダー)14時30分、17時~(ラストオーダー)22時30分
定休日 なし
電話番号 098−861−0429
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩5分
外部サイト 公式HP
平均予算 5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 60席
駐車場 なし
メニュー一例 琉球在来島豚あぐー豚の焼き肉コース 4298円/おきなわ黒毛和牛の焼肉コース 4298円/あぐー豚のしゃぶしゃぶコース 5378円/「あぐー」蒸し餃子 626円/「あぐー」生ハム 734円/「あぐー」てびち唐揚げ 842円/泡盛グラス 410円〜/オリオンビール 540円 *価格はすべて税込

あぐーしゃぶしゃぶをリーズナブルに!
ランチ限定のお手軽セット
【投稿日】2016年12月18日(日)
NAKAMAの外観

国際通りからすぐ。豚のシルエットが目印です。

沖縄らしい風景
店内のインテリアには赤瓦屋根や石垣が使われ、まるで古民家のよう。沖縄らしい風景を楽しめます。
広い店内
座敷席、掘りごたつ席、テーブル席があり、全部で90もの座席数を完備。グループ旅行にもおすすめです。
紅型模様の衣装を着たスタッフ
スタッフは、紅型模様をあしらった衣装を着てサービス。その華やかな柄と色味が、南国気分をさらに盛り上げてくれます。
アグー豚しゃぶしゃぶランチ
アグー豚しゃぶしゃぶランチ(税込 2138円)には、「金武(きん)アグー」という名のアグー豚がなんと160グラムも入っています。金武アグーは、沖縄県中部の金武町で育てられているアグーで、臭みが少なく脂身がしつこくないのが特徴。さっぱりしながらも甘みが強く、柔らかい肉質はしゃぶしゃぶで食べるのにぴったりです。 その他ハンダマなどの新鮮な県産野菜や島豆腐、小鉢が二つとスープ、ご飯がついているのでボリューム満点。
しゃぶしゃぶのたれ
黒糖ベースのゴマだれとシークヮーサーを使ったポン酢は自家製。ポン酢は1、2週間寝かせていて、酸味よりも甘みが際立ち、そのまま飲めそうなほどまろやかな味。刻みゴーヤを漬けた塩ダレは薬味として、お肉に少し乗せてどうぞ。
    
金武アグー
肉には火を通しすぎないのがコツ。赤味がなくなれば食べられます。スープに出た灰汁は取りすぎないように。金武アグーは灰汁さえも旨味です。 スープは昆布と鰹節の出汁を使用。沖縄産の鰹節は脂質が少なくさっぱりとしているので、しゃぶしゃぶとの相性抜群。
しゃぶしゃぶのセットランチ
金武アグーのロースとバラ肉が入っているので、ぜひ味の違いを味わって。これだけしっかりしゃぶしゃぶのセットをランチで食べられる場所は、沖縄でもほとんどありません。
「アグー豚ローストポーク丼」
より手軽に金武アグーを楽しめるのが「アグー豚ローストポーク丼」。小鉢、ミニサラダ、スープがついて950円(税込)!金武アグーのもも肉で作ったローストポークは、火の入れ方が絶妙。しっとり、じんわりと、豚肉の旨味が広がります。黄身と絡めれば、よりマイルドでボリューミーに。                          
ライブの様子
19時40分〜と20時40分からの2回、民謡ライブが毎晩開催されています。チャージ料は無料なので、時間を合わせて夜も楽しんで!       

島しゃぶしゃぶNAKAMA

国際通りからすぐの場所に、平成29年にオープンしたばかりの「島しゃぶしゃぶNAKAMA」。ハイクオリティーの沖縄ブランド肉を、リーズナブルな価格で食べられるお店です。特に「金武アグー」と呼ばれるアグー豚のしゃぶしゃぶが名物で、2138円のランチセットが人気です。 金武アグーとは沖縄県中部の金武町発の豚で、金武町産のブナシメジや酒粕を配合した栄養満点の飼料で育てられています。沖縄県内でもほとんど流通していない珍しい金武アグーですが、豚特有の臭みが少なく、脂質、甘み、旨味のバランスが取れた優秀な肉質に定評があります。 金武アグーだけでなく石垣牛のしゃぶしゃぶもあり、金武アグーと石垣牛の両方がついたセットなら食べ比べを楽しめます。しゃぶしゃぶ以外でも、ローストポーク丼や豚汁定食など、より手軽に金武アグーを食べられる料理が揃います。 夜は本格的なしゃぶしゃぶコースを提供。野菜類は全てバイキングなのもポイントです。チャージ無料の民謡ライブを聞きながら、ぜひブランド肉のおいしさを堪能してください。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島しゃぶしゃぶ NAKAMA
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目3-1
営業時間 ランチ:11時30分〜15時(ラストオーダー14時) ディナー:17時~24時(ラストオーダー23時)
定休日 なし
電話番号 098-917-1529
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩3分
外部サイト 公式HP
平均予算 ランチ2000円、ディナー5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 90席、個室 あり(予約制:8〜16名まで)
駐車場 なし
メニュー一例 ランチ:アグー豚しゃぶしゃぶランチ 2138円/島しゃぶ満喫ランチ(アグー豚と石垣牛)3866円/石垣牛しゃぶすきランチ 4838円/アグー豚ローストポーク丼 950円/とろとろラフテー丼 950円/具だくさん豚汁定食 842円 ディナー:島豚コース 4190円/島しゃぶ食べ尽くしコース 6458円/石垣牛しゃぶすきコース 8294円 飲み物: オリオンビール(大)1026円(中)540円/泡盛グラス486円/マンゴージュース486円 *価格はすべて税込

せいろ蒸しでうま味凝縮!
プレミアムあぐー「島黒」を食べよう
【投稿日】2016年12月18日(日)
夜の外観

国際通りから徒歩約3分。飲食店が並ぶ繁華街でひときわ目を引く外観です。

沖縄感満載の店内
カウンター席、半個室、テーブル席がある店内。赤瓦やシーサーなどが随所にあしらわれ、沖縄感満載です。
島黒(しまくるー)
「島黒(しまくるー)」と呼ばれるあぐー豚をせいろ蒸しで提供するのが、この店のスタイル。島黒とは、琉球在来豚アグーの血統を75%以上受け継いだ豚肉で、出荷頭数が少なく幻の豚と言われています。 「しまくる〜せいろ蒸しセット」は、そんな貴重な豚肉のバラ、モモ、ロースが全部で150グラムとたっぷり入り、さらに島野菜とあぐー豚のつみれがついて2592円(税込)。
あぐー豚のつみれ
各席に一つずつ設置されたコンロにせいろを載せて温めます。十分熱くなったところへ、まずあぐー豚のつみれを投入。料理を自分で作り上げていく行程も、せいろ蒸しの楽しみの一つ。
沖縄産の野菜
次に野菜を敷き詰めます。ゴーヤ、紅芋などの島野菜をはじめ、沖縄産の野菜をたっぷり食べられるのでヘルシー。蒸すことで、野菜の甘みがぐっと増します。
豚肉を重ねる
最後に、豚肉を重ならないように敷いたら準備完了。             
        
蒸し時間
蓋をして3分。おいしい料理の出来上がりを待つ時間は、何よりも楽しいもの。
完成写真
3分経過し、ついに完成!蓋を開けた瞬間に、湯気とともに肉や野菜の甘い香りがふわっと広がります。
島黒
島黒は、脂身が白く締まった肉質が特徴。蒸すことで脂がサッと溶け出し、うま味が凝縮。そして肉全体がふんわりと柔らかく仕上がります。                          
野菜の写真
島黒のおいしい脂を吸った野菜は、せいろ蒸しのもう一つの主役。これだけの量の野菜でも、豚のうま味のおかげであっという間に食べられます。             
調味料は宮古島のパウダーソルト「雪塩」、県産シークァーサーを使った自家製ポン酢、久米島産の白味噌にごまや黒糖を合わせた自家製味噌ダレの3種類。島黒そのものの、うま味をまず味わいたいなら、最初はシンプルに雪塩で食べるのがおすすめです。        

スチームダイニング しまぶた屋

国際通りから歩くこと約3分。豚が描かれた看板がインパクト大の店が「スチームダイニングしまぶた屋」です。ここでは、「島黒(しまくるー)」という貴重なあぐー豚をせいろ蒸しで食べられます。 「島黒」とは、県内有数の畜産メーカー「我那覇畜産」が手がけるブランド肉。琉球在来種アグーの血統が75%入り、限りなく純粋なアグー豚に近い希少な豚です。 せいろ蒸しコースは前菜から始まり、ゴーヤーチャンプルーやグルクンの唐揚げなど全部で9品ついてかなりのボリューム。もっと気軽に島黒のせいろ蒸しを味わいたいなら、セットがおすすめです。セットには島黒が150グラムと十分な量がついていますが、足りなければ単品で肉だけ注文可能。「やんばる島豚あぐー」という、別の種類のあぐー豚もあるので、単品で頼んで島黒と食べ比べるのも、この店だからできるあぐー豚の楽しみ方です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 スチームダイニング しまぶた屋
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目29-1
営業時間 17時~24時(ラストオーダー23時)
定休日 水曜
電話番号 098−861−2739
アクセス ゆいレール県庁前駅から徒歩7分
外部サイト 公式HP
平均予算 3500円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 47席
駐車場 なし
メニュー一例 せいろ蒸しセット(島黒2592円、やんばる島豚あぐー1944円)/せいろ蒸しと沖縄料理コース(島黒4082円、やんばる島豚あぐー3758円)/あぐーの生ハム 626円/蒸しじーまーみー豆腐 518円/あぐースペアリブのせいろ蒸し 950円/生ビール 540円 *価格はすべて税込

三線の音色を聞きながら
新鮮な地魚を食べ尽くす!
【投稿日】2016年12月18日(日)
ちぬまん 国際通り牧志店

国際通りのほぼ中央に位置。セリ権を持つ同店では、県内各地の漁港で直接セリ落としてきた新鮮な地魚がリーズナブルに楽しめます。

店頭の生け簀
店頭の生け簀には沖縄近海で穫れた巨大な活魚が泳ぎ、全国から取り寄せたイセエビやサザエが動き回る姿に心が躍ります。
当日水揚げされたばかりの鮮魚はどれもおすすめ
水槽横には、「赤マチ」や「タマン」など南国らしい色とりどりの魚が並びます。当日水揚げされたばかりの鮮魚は、「本日のオススメ」としてメニューに掲載されているのでぜひチェックを。
島唄三線ライブで雰囲気抜群
ライブチャージ無料の島唄三線ライブは、毎日19時~、20時~、21時~の3回開催!美味しい料理と共に沖縄らしい雰囲気が1階でも2階でも楽しめます。(※2階席での開催時間は19時40分~、20時40分~、21時40分~)
うちなーカクテル
オリオンビールや泡盛のほか、シークァーサーやマンゴーを使った「うちなーカクテル」(580円 税別)も多数用意されています。
あぐー豚しゃぶサラダ
「あぐー豚しゃぶサラダ」(780円 税別)はボリューム満点の一皿。グルタミン酸を豊富に含むあぐー豚は甘みが強く、豚肉特有の臭みも一切感じません。
本日の地物刺身
「本日の地物刺身」は、「ちぬまん」で必ず注文したい一品。県内各地の漁港で毎日のようにセリ落とされるため、鮮度は折り紙付き。※写真は5点盛り(1980円 税別)
石垣牛炙り握り(4貫) 人参しりしりー
今や沖縄を代表する料理にまで知名度を上げた「人参しりしりー」(580円 税別)や、沖縄を代表する高級食材である石垣牛を使った「石垣牛炙り握り(4貫)」(980円 税別)まで、料理の種類は80種に迫ります。
女性客や家族連れも多い
女性客や家族連れも多く、連日大変な賑わいをみせる人気店。メニュー数が多いので、何人かでシェアして楽しむのがおすすめ。

ちぬまん 国際通り牧志店

地魚と沖縄料理が味わえる人気の居酒屋「ちぬまん」。那覇市の泊港や中城港など、6カ所の仲買人資格を持っており、朝市で競り落とされる新鮮な地魚が店頭に並びます。一方、肉料理にも力を入れており、石垣牛の焼き肉や握り、あぐーのしゃぶしゃぶやホルモン炒めなど、思わず目移りしそうなほど。
毎日3回開催される無料の島唄三線ライブは、耳馴染みの良いナンバーや盛り上がる曲ばかり。隣り合った人同士がリズムに合わせてカリー(乾杯)するなど、島唄と島酒に酔いしれる楽しい夜が過ごせます。興に乗れば、沖縄で製造される唯一の日本酒「黎明(れいめい)」(680円)や「ハブ酒」(680円)といった珍しいドリンクメニューも。20時まではタイムサービスとして、ちぬまん名物の「沖縄県産生鮪づくし」が1280円→980円、「沖縄県産海ぶどう」が580円→380円とお得に注文できるので、早めの来店の際にはぜひ!
地元の人気グルメが揃うランチタイムは、ランチメニューの他、夜メニューの注文や昼呑みもOK!お昼も夜も賑わうお店です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ちぬまん 国際通り牧志店
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目2-26
営業時間 ランチ 11時30分~15時/ディナー 17時~24時(料理ラストオーダー23時、ドリンクラストオーダー23時30分)
定休日 なし
電話番号 098-941-0998
アクセス ゆいレール県庁前駅・美栄橋駅からいずれも徒歩約5分
外部サイト 公式HP
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、銀聯等)
席数 約120席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 自慢のラフテー 680円/沖縄天婦羅盛り合わせ 880円/ヒラヤーチー(沖縄版チヂミ) 480円/オリオン生 480円 ※価格はすべて税別

沖縄の古き良き家並みで堪能する
島唄と沖縄料理の共演
【投稿日】2016年12月18日(日)
とぅばらーま外観

ゆいレール「牧志駅」から徒歩1分に位置。外壁を覆い尽くすほどに生い茂ったハイビスカスと、入口に配された巨大な三線が目を引きます。

とぅばらーまの店内
店内1階フロアには、古き良き沖縄の家並みが再現されています。赤瓦の家々を横目に石畳のすーじぐゎー(小路や路地の意)を歩けば、まるでタイムスリップしたかのような気分。
藁葺きの家を再現
赤瓦のイメージが強い沖縄ですが、はるか昔に実在した藁葺きの家を再現したスペースも。まるで田舎の祖父母の家にでも遊びにきたような気分で過ごせます。
定番メニュー
定番メニューは県産の野菜や肉、魚や島豆腐などを使用した多彩な沖縄地料理が楽しめます。あれもこれもと迷った場合には、定番の沖縄料理がラインナップされるコース料理(3150円 税別~)がおすすめ。
グルクン(たかさご)の姿揚げ 表面はパリパリ
沖縄の県魚でもある「グルクン(たかさご)の姿揚げ」(820円税別)は人気メニューの一つ。表面がパリパリと香ばしい一方、白身はふっくらとして柔らかい。アルコールにもよく合います。
らふてぃ
たっぷりと時間をかけて煮込まれる「らふてぃ」(800円 税別)は、とろけるような柔らかさ。泡盛を入れて煮込むことで沖縄料理らしい独特の風味とコクが生まれます。
三線・島唄のライブ 2階フロア
2階フロアでは、沖縄料理を食べながら楽しめる三線・島唄のライブ(ライブチャージ500円 税別/中学生以上)が連日開催されています。
一緒に盛り上がる三線・島唄のライブ
三線・島唄のライブは飛び入り参加も大歓迎。恥ずかしがらずに一緒に盛り上がれば、きっと忘れられない思い出になるはず。

島唄と地料理 とぅばらーま

戦前の沖縄や、離島に残る素朴な空間を模した1階店内のしつらいが素晴らしく、一歩足を踏み入れた瞬間から「とぅばらーま」の作り出す独自の世界観にどっぷりと浸かれます。座敷席や半個室も多く、子ども連れのファミリーやグループにもぴったり。
一方、2階席にはステージが設けられ、毎夜「三線・島唄ライブ」が開催。カチャーシーのレクチャーも行われ、「演客一体」の盛り上がりを見せるライブは必見です。平成27年に旭日双光章を受賞した唄者、宮良康正さんも毎週定期的にステージに上がるなど、第一人者のパフォーマンスに触れられることも。
初めての沖縄旅行であれば、「龍泉利き酒セット」(1680円 税別)を試してみては?新酒・古酒・ハブ酒という3種の泡盛を飲み比べ、味わいの違いをぜひ感じてみて。
午前の11時から営業しており、昼は「沖縄そば」や「タコライス」といったランチ、夜は島唄と地料理を楽しむ居酒屋として、一日を通して利用できるのも便利です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島唄と地料理 とぅばらーま
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目7-25
営業時間 11時~24時(料理ラストオーダー23時、ドリンクラストオーダー23時30分)
定休日 なし
電話番号 098-862-3124
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩約1分
外部サイト 公式HP
平均予算 ランチ 650円~1100円/ディナー 2000円~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 約402席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 フーチャンプルー 650円/ミミガー 420円/もずくの天ぷら 580円/オリオン生 620円 *価格はすべて税別

脈々と受け継がれる沖縄家庭料理の味
泡盛と美食に酔いしれる桜坂の名店
【投稿日】2016年12月18日(日)
琉球料理と泡盛の店 カラカラ

正面に「桜坂劇場」、はす向かいに「ハイアットリージェンシー」と、那覇の最もホットなエリアに位置します。

店内に並ぶ泡盛の新酒や古酒の数々
店内に並ぶ泡盛の新酒や古酒の数々。料理とのマリアージュを考え、何種かにチャレンジしてみるのも楽しそうです。
カウンター席
入口すぐに設けられたカウンター席では、女性一人でも気おくれすることなく沖縄料理と泡盛が味わえます。
泡盛マイスターとの泡盛談義も旅の素敵な思い出に
泡盛紅茶リキュール(瑞泉酒造)など、初心者でも楽しめるメニューも。泡盛マイスターとの泡盛談義も旅の素敵な思い出に。
スーチカー   
粟国島の天然海水塩を使用したこだわりの「スーチカー」(600円 税別)。ミネラル豊富な塩気が泡盛にぴったり。
塩やきそば 島野菜のピクルス
フーチバー(よもぎ)入りの沖縄そばを使った「塩やきそば」(680円 税別)や、「島野菜のピクルス」(450円 税別)。
カラカラ
店名にも用いられる「カラカラ」はさまざまな種類が用意されており、どのカラカラで供されるかも楽しみの一つ。
泡盛をカラカラからお猪口へ
泡盛をカラカラからお猪口へ。泡盛を空気に触れさせることで、味がまろやかに変化するといいます。
桜坂エリアをぶらり
周囲には飲食店が点在しているので、気になったお店を何軒か回ってみるのも良さそうです。

琉球料理と泡盛の店 カラカラ

文化や芸術の発信拠点として、地域の人々に親しまれる桜坂劇場。その桜坂劇場の道向かいに位置する「琉球料理と泡盛の店 カラカラ」は、島野菜をふんだんに盛り込んだ伝統的な沖縄料理や創作料理が気軽に楽しめる人気店です。
素材の味わいを活かすため、あえて卵を入れずに仕上げる「ゴーヤーチャンプルー」や、仕込みに3日を費やす「自家製ラフテー」のほか、ゴーヤーを芯に豚肉を巻いた「カラカラ風とんかつ」といった創作料理まで、随所に感じられる食へのこだわり。
また、泡盛を楽しむための酒器「カラカラ」を店名に持つ通り、泡盛のラインナップにも余念がなく、沖縄の全蔵元の泡盛が一堂に揃います。新酒から40年ものの古酒まで、市場にはあまり出回ることのない貴重な一杯にも出合えることも。泡盛マイスターの資格を持つスタッフが、利用客の質問や要望にも気軽に応じてくれます。
周囲には様々な飲食店が軒を連ね、酔い覚ましのそぞろ歩きも楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 琉球料理と泡盛の店 カラカラ
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目2-30
営業時間 17時~24時(料理・ドリンク共にラストオーダー23時30分)
定休日 月曜
電話番号 098-864-2588
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩7~8分
外部サイト 公式Facebook
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 28席
駐車場 なし
メニュー一例 海ぶどう 480円/クーブイリチー 500円/ゴーヤーチャンプルー 680円/オリオン生 500円 *価格はすべて税別

喧騒から隔絶された都心の隠れ家
上質な素材にこだわる珠玉の沖縄料理店
【投稿日】2016年12月18日(日)
じまんや

築50年の古民家をリノベーションした「じまんや」。温かみとセンスが光る外観に、南国らしい植栽が見事に調和。

カウンター席
気さくな店員と会話がはずむカウンターは全7席。料理や泡盛のことなど、分からないことは気軽に質問してみてください。
レタスとハンダマのサラダ
「レタスとハンダマのサラダ」(750円 税込)は梅シソドレッシングで。煎りジャコのカリカリと食感もクセになりそう。
つけもずく(100g)(つけダレ付)
「ざるそば」のような見た目が楽しい「つけもずく(100g)(つけダレ付)」(550円~税込)。絶品のつけ汁は門外不出の秘伝味。
史上最強のトンテキ   
パイナップルポークを丁寧に焼き上げた「史上最強のトンテキ」(1700円 税込)は、濃厚な旨味と柔らかさに驚くはず。
キンキンに冷えた状態で提供されるオリオンビールで乾杯
キンキンに冷えた状態で提供されるオリオンビール(500円 税込)!南国の強い陽射しで火照った身体に染み渡ります。
木の温もりに包まれる店内
木の温もりに包まれる店内の雰囲気。まるで自宅のようにくつろげるとあって、食事やアルコールがすすみます。
泡盛マイスターの資格をもつ店長
泡盛マイスターの資格をもつ店長が、合わせる料理やゲストの味の好みに応じた泡盛を紹介してくれます。

じまんや

国際通りのほぼ中央に位置する「むつみ橋」交差点より徒歩3分ほど。落ち着いた街並みにひっそり佇む古民家が、今回ご紹介する「じまんや」です。国際通りの喧噪を離れ、少し気を緩めると見落としてしまいそうな店舗ながら、本格的な沖縄料理を求める観光客や地元客で連日大いに賑わいます。心安らぐ雰囲気は、半世紀以上にわたって実際に使用されてきた民家ならでは。
カウンター席や間仕切りが設けられたテーブル席、完全な個室として利用可能な座敷席など、人数や用途に応じて選べます。最大30名程度まで対応可能な座敷席が用意されているのも嬉しいポイント。
パイナップルを飼料として育つパイナップルポークの専門店であり、県産にこだわった島野菜にも定評があります。今回ご紹介した「トンテキ」や「つけもずく」以外にも、料理長渾身の「パイナップルポークのしゃぶしゃぶ」や「スパイシースペアリブ」などチャレンジしたいメニューが後を絶ちません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 じまんや
住所 沖縄県那覇市牧志2丁目17-46
営業時間 17時30分~翌1時(料理・ドリンク共にラストオーダー24時)
定休日 なし
電話番号 098-943-2081
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩5分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000~4000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 53席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 豚しゃぶサラダ 780円 /もずく酢 390円/島豆腐の厚揚げ 390円/オリオン生 500円 *価格はすべて税込

沖縄の本土復帰の年に創業した
新たな沖縄文化を創造する栄町の老舗店
【投稿日】2016年12月18日(日)
うりずん

戦後の復興期に誕生した栄町に位置する「うりずん」。沖縄の家庭料理から宮廷料理まで食べられ、「どぅる天発祥の店」としても知られています。

カウンター席
1972年の創業時とかわらぬ素朴な店内。カウンターやテーブル席、2階には40名程度が利用可能な座敷も用意されています。
泡盛で乾杯
沖縄県内全酒造所の泡盛を取り揃え、一合ずつ注文できるので、気の置けない友人と飲み比べてみるのも楽しいです。
古酒蔵で熟成される「咲元古酒(8年)」
首里の古酒蔵で熟成される「咲元古酒(8年)」(一合1000円 税別)は、店内の巨大な甕から注がれます。
うりずん発祥の「どぅる天」   
うりずん発祥の「どぅる天」(600円 税別)はマストで頼みたい一品。練った田芋をコロッケのように揚げ、表面はカラり、中はふっくらと仕上げています。
ゴーヤーちゃんぷるー
宮廷料理のセーファン(500円 税別)。澄んだ鶏出汁がごはんにしみ込んだ、上品な出汁茶漬け。
石焼タコライス
常連客に意外と人気なのが沖縄そば(500円 税別)。沖縄そばはハーフサイズも用意されているので〆にもぴったり。
木の温もりが伝わる店内 木の温もりが伝わる店内
木の温もりが伝わる店内は居心地がよく、時間の過ぎるのを忘れて島酒と沖縄料理をじっくり堪能できます。
店員さんのにっこり笑顔
琉球グラスでいただく泡盛と、やちむんに盛り付けられた沖縄料理の数々。素朴ながら贅沢な沖縄がここにありました。

うりずん

昔ながらの風情ある面影を残す「栄町商店街」。一時はシャッター商店街化していたものの、現在では若い人々による新たな飲食店が次々と出店し、夜になると多くの地元客や観光客で賑わいます。
そんな栄町を代表する老舗店であると同時に、栄町を世に知らしめた立役者が今回ご紹介する「うりずん」。沖縄の伝統料理である、田芋を練った「ドゥルワカシー」をコロッケ状にまとめて揚げた「ドゥル天」発祥の店としても知られます。気鋭の創作料理も、今や沖縄料理の定番として各家庭で楽しまれるまでになっています。「ドゥル天」以外にも、カツオ出汁の効いた「沖縄そば」や箸がスッと入るほど柔らかく煮込まれた「ラフテー」など、とにかく一品一品のクオリティが極めて高く、何を頼んでも間違いがありません。 戦後の泡盛復興にも尽力し、首里に構えた古酒蔵では、「うりずん」オリジナルの古酒を、甕で丁寧に育てています。お店を訪れた際には、時間と甕が育てる泡盛の深い味わいに触れてみて!

地図を見る

店舗データを開く

店名 古酒と琉球料理 うりずん
住所 沖縄県那覇市安里388-5
営業時間 17時30分~24時
定休日 なし
電話番号 098-885-2178
アクセス ゆいレール安里駅から徒歩2~3分
外部サイト 公式HP
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 110席(座敷あり)
駐車場 なし(近くにコインP有り)
メニュー一例 ミヌダル 700円/スクガラス豆腐 300円/麩チャンプルー 500円/オリオン生 600円 ※すべて税別料金

昔ながらの沖縄の雰囲気を感じるならここ!
古民家で沖縄の味を堪能
【投稿日】2016年12月18日(日)
琉歌

初めてでもどこかほっとする赤瓦の屋根に、風通しの良い木の空間。連日多くの人で賑わう「琉歌」は沖縄の古民家を改装したお店です。のんびりと寛ぎながら本場の沖縄料理を存分に楽しめます。

スタッフが笑顔で出迎えてくれる
気さくなスタッフさんが笑顔でお出迎え。「特別な時間を過ごしてほしい」という思いから始めたメッセージカードやインスタントカメラの貸出もうれしいサービス。
木の温もりが感じられる店内
木の温もりが感じられる店内にはテーブル席や座敷席、半個室など、人数や好みに応じたさまざまな席を用意。天気の良い日は夜風が気持ち良いテラス席もおすすめです。
カウンター席 カウンター席
カウンター席には泡盛のボトルがずらりと並びます。グラスは280円~、泡盛で漬け込んだ「黒糖梅酒」(520円 税込)はまろやかな口当たりで女性に人気。
島らっきょう   
盛り付けがかわいい「島らっきょう」(620円 税込)。伊江島産の大ぶりな島らっきょうを塩漬けにした一品はそのまま食べても、添えてある八丁味噌をつけてもおいしい。
ゴーヤーちゃんぷるー
メニューの種類が多く、たいていの沖縄料理が食べられます。「ゴーヤーちゃんぷるー」(680円 税込)は豪快に大皿で登場。丁寧に下処理を行うことでゴーヤーの苦みを抑えています。
石焼タコライス
食事の〆にぜひ頼んで欲しいのが、香ばしい匂いとともに運ばれる「石焼タコライス」(680円 税込)。半熟卵をご飯に絡めて、カリカリのチーズおこげと一緒に熱々はふはふ。
みんなで料理を分け合う
どれもおいしくてボリューム満点の料理はふたりで取り分けながら食べるのにちょうど良さそう。アラカルトの他に飲み放題付きのコースや女子会コースもあり、事前予約で2名~利用できます。
海ぶどうのつかみ取り
店頭では海ぶどうのつかみ取りイベントを開催中。期間限定なので気になる人はお早めに!

琉歌

今回ご紹介した「琉歌」は、長年民家として使用されてきた古民家をそのまま店舗として使用しており、古きよき沖縄の暮らしぶりを感じながら美味しい食事やアルコールが楽しめます。国際通りから徒歩2分、ゆいレールの「県庁前駅」からも徒歩5分程度の距離にあり、街中で思いがけず出合う伝統的な赤瓦の建物に心が弾みます。
「雨端(あまはじ)」とよばれる大きなひさしの下にはテラス席が設けられ、店の雰囲気と相まった素敵な空間。店内には、小あがりの座敷やカウンター、テーブル席まで用意されており、一人旅からグループ旅行まで気軽に訪れることができます。
伝統的な沖縄料理の数々がメニューに並ぶほか、沖縄食材をアレンジしたオリジナルメニューも豊富。種類豊富なアラカルトメニューに加え、2名からオーダー可能な飲み放題コースも用意されているので、気軽な1杯から本格的な飲み会まで幅広い用途でオススメできる一店です。

地図を見る

店舗データを開く

店名 琉歌
住所 沖縄県那覇市久茂地3丁目13-16
営業時間 月~木、日、祝日/17時~翌2時(料理ラストオーダー翌1時、ドリンクラストオーダー翌1時30分) 金、土、祝前日/17時~翌3時(料理ラストオーダー翌2時、ドリンクラストオーダー翌2時30分)
定休日 なし
電話番号 050-5854-8272
アクセス ゆいレール県庁前駅・美栄橋駅からいずれも徒歩5分
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCBなど)
席数 56席(座敷あり)
駐車場 なし
メニュー一例 島らっきょう 620円/ゴーヤーチャンプルー 680円/石焼タコライス680円/オリオン生 480円 ※価格はすべて税込

串焼き&特製煮込みが自慢
ふらりと立ち寄れる大衆居酒屋
【投稿日】2016年12月18日(日)
全色本店

栄町の市場近くにある大衆酒場「全色本店」はまだ陽の高い夕方17時から開店します。

日本酒のラインナップも豊富
泡盛はもちろん日本酒のラインナップも豊富。沖縄唯一の清酒「黎明」はとろりとしたコクと甘い香りが印象的。
溢れるほどになみなみ注いでくれるグラスにニンマリ!
一本一本丁寧に焼き上げる串焼き 串焼き
看板料理は一本一本丁寧に焼き上げる串焼きと長時間炊いた特製煮込み。
串物は食材に合わせて藁焼きで香ばしく仕上げます。
1階カウンター席 2階席
1階のカウンター席は一人でも、広々とした2階席は大人数や家族連れで訪れても。
昔懐かしい雰囲気で落ち着いて過ごせます。
麻婆ピザ   
追加で頼む場合は壁面の短冊をお見逃しなく。
居酒屋料理の定番から麻婆ピザなんていう変わりダネまでありますよ。

地図を見る

店舗データを開く

店名 全色本店(フルカラー)
住所 沖縄県那覇市安里388-6
営業時間 17時~翌3時
定休日 不定休
電話番号 098-887-3224
アクセス ゆいレール安里駅から徒歩2分
外部サイト Facebook
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 不可
駐車場 なし
メニュー一例 鶏串各種120円~/お刺身各種190円~/玉子サンド500円/

合言葉はいちゃりばちょーでー
地元の人と気軽に交流できる飲み屋
【投稿日】2016年12月18日(日)
ひいき屋

小さな飲み屋がひしめく栄町市場は地元の常連客や観光客で連日賑わう人気スポット。赤提灯に誘われて貝料理専門酒場「ひいき屋」へ。

ひいき屋の夜光貝
貝尽くしのお品書きから選んだのは弾力のある食感と独特の旨味がおいしい夜光貝。
カウンター席 地元の人と交流
通路に面したカウンター席で地元の人との交流。
合言葉は「いちゃりばちょーでー」。ひとたび出逢えば皆兄弟という島言葉がここではしっくりと馴染んでいます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 貝料理専門酒場「ひいき屋」
住所 沖縄県那覇市安里379
営業時間 17時~23時
定休日 不定休
電話番号 080-6491-0437
アクセス ゆいレール安里駅から徒歩5分
外部サイト Facebook
平均予算 2000~3000円
クレジットカード 不可
駐車場 なし
メニュー一例 ミル貝ワサビ和え400円/牡蠣350円/夜行貝刺600円