飲んで食べて歌って踊れる お店全体で盛り上がる民謡居酒屋

国際通りのど真ん中。「本格派」な沖縄の食と歌と踊りを一度に楽しむ 国際通りのちょうど真ん中に位置する「Show & Restaurant SunSeaN -三線-」。 沖縄民謡界の大御所・我如古(がねこ)より子さんの歌はもちろん、琉球舞踊やエイサーや民謡ポップスなど、プロのエンターテイナーのショーが日替わりで楽しめます。足しげく通う地元客も多数。 ステージは入れ替えなし。時間さえ許せば、1回分のチャージ料金(1500円 税込)でプログラムの異なる全ステージを堪能できます。 沖縄の文化を、食とエンターテイメントを通して伝えたい、という同店。「そーみんちゃんぷる~(700円 税込)」は家庭の味をそのままに楽しめます。        オリジナルのうちな~ピッツァ「ラフテー&ゴーヤーの油みそ(900円 税込)」。油みそとチーズの相性が意外なほどにぴったりくる一品。      泡盛にもぴったりな沖縄風お好み焼き「ヒラヤーチー(600円 税込)」。他にも、沖縄の食材を使ったオリジナル創作料理を豊富に楽しめます。 新セルフサービスの泡盛FREE BAR(ドリンクバー付)(1500円 税込)も。なんと10銘柄が飲み放題。その中には3年古酒も含まれています。*2018年5月8日(火)よりサービス開始 レストラン三線のショーを楽しんだ後は、沖縄文化にもっとどっぷり浸ってみませんか?飛び入りやリクエストのできる昔ながらの超参加型の民謡酒場「民謡ステージ歌姫」は、同店と同じフロアにあり、すぐ移動できます。    料理メニューはShow&Restaurant SunSeaN -三線-と同じものが注文できます。ステージがより近く、会場の一体感を味わうなら「歌姫」ははずせないお店です。       リクエストも気軽に受けてくれます。会場のみんなが踊りだす「カチャーシー」から、涙誘う民謡まで。泡盛片手に、骨の髄まで沖縄民謡に酔いしれられるお店です。

Show & Restaurant SunSeaN -三線-&歌姫(さんしん&うたひめ)

国際通りのど真ん中。「本格派」な
沖縄の食と歌と踊りを一度に楽しむ
【投稿日】2018年04月18日(水)
外観
国際通りのちょうど真ん中に位置する「Show & Restaurant SunSeaN -三線-」。
オーナー我如古より子
沖縄民謡界の大御所・我如古(がねこ)より子さんの歌はもちろん、琉球舞踊やエイサーや民謡ポップスなど、プロのエンターテイナーのショーが日替わりで楽しめます。足しげく通う地元客も多数。
琉球舞踊民謡ポップス歌手エイサー
ステージは入れ替えなし。時間さえ許せば、1回分のチャージ料金(1500円 税込)でプログラムの異なる全ステージを堪能できます。
そーめんチャンプルー
沖縄の文化を、食とエンターテイメントを通して伝えたい、という同店。「そーみんちゃんぷる~(700円 税込)」は家庭の味をそのままに楽しめます。       
うちな~ピッツア
オリジナルのうちな~ピッツァ「ラフテー&ゴーヤーの油みそ(900円 税込)」。油みそとチーズの相性が意外なほどにぴったりくる一品。
    
ヒラヤーチー
泡盛にもぴったりな沖縄風お好み焼き「ヒラヤーチー(600円 税込)」。他にも、沖縄の食材を使ったオリジナル創作料理を豊富に楽しめます。
飲み放題泡盛コーナー
新セルフサービスの泡盛FREE BAR(ドリンクバー付)(1500円 税込)も。なんと10銘柄が飲み放題。その中には3年古酒も含まれています。*2018年5月8日(火)よりサービス開始
歌姫入口
レストラン三線のショーを楽しんだ後は、沖縄文化にもっとどっぷり浸ってみませんか?飛び入りやリクエストのできる昔ながらの超参加型の民謡酒場「民謡ステージ歌姫」は、同店と同じフロアにあり、すぐ移動できます。
  
歌姫内観
料理メニューはShow&Restaurant SunSeaN -三線-と同じものが注文できます。ステージがより近く、会場の一体感を味わうなら「歌姫」ははずせないお店です。
     
歌姫カチャーシー
リクエストも気軽に受けてくれます。会場のみんなが踊りだす「カチャーシー」から、涙誘う民謡まで。泡盛片手に、骨の髄まで沖縄民謡に酔いしれられるお店です。

飲んで食べて歌って踊れる お店全体で盛り上がる民謡居酒屋

沖縄市で40年以上も老舗民謡酒場として名を馳せてきた「民謡ステージ姫」。二代目オーナー我如古より子が国際通りに新しいレストランを開業したのは平成28年(2016)のこと。民謡歌手の我如古盛栄(がねこ・せいえい)を父に持ち、幼少のころから舞台で唄い続ける我如古より子さん。沖縄の歌姫と呼ばれ、坂本龍一氏など日本国内外のトップアーティストとの共演実績も多数ある我如古さんの唄を聞こうと、県内外からファンが訪れます。同店では民謡だけではなく、エイサーから琉球舞踊、島唄ポップスまで幅広く披露。どの出演者も演奏だけで生計を立てている「プロ」であることが出演必須条件で、本格派のエンターテイメントが自慢です。沖縄の文化を、食を通しても伝える、という想いもあり、沖縄料理も一通り楽しめるのも嬉しいところ。沖縄の家庭の味をそのままに伝える「そーみんちゃんぷる~」は何度も食べたくなる懐かしい美味しさ。他のお店と食べ比べれば、やっぱりここ、とこれを食べに戻ってきたくなりそう。うちな~ピッツァなど、創作沖縄料理もおすすめの一品です。
  昔ながらの民謡酒場を楽しみたいなら、同じ階に隣接する「歌姫」にもぜひ足を運んでみて。軽快なトークから始まり、客席の一人一人と会話を楽しみながら進むステージ。リクエストすることもできますし、時にはお客がステージに上がって唄や三線を披露することも。会場が一体となるカチャーシーは、沖縄に来たならぜひ一度は体験してほしい演目ですよ。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Show & Restaurant SunSeaN -三線-&歌姫(さんしん&うたひめ)
住所 沖縄県那覇市牧志1丁目2-31 ハイサイおきなわビル B1F
営業時間 【三線】18時~23時(フードラストオーダー21時45分、ドリンクラストオーダー22時30分)
【歌姫】20時~25時
定休日 【三線】月曜定休 ※店舗貸切時のみ応相談
【歌姫】年中無休
電話番号 098-894-3443
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩約6分
外部サイト 公式HP
平均予算 3500円~
クレジットカード VISA、MASTER、JCB等
席数 【三線】約90席
駐車場 なし
メニュー一例 【三線】ライブチャージ  1500円
【歌姫】「さんべろ」プラン 3000円(ドリンク3杯、お通し、通常1000円のライブチャージ込)
【共通料理メニュー】ゴーヤーチャンプルー 750円/そーみんちゃんぷる~ 750円/ラフテー沖縄そば 800円 
※価格は全て税込

お客さんに喜んでもらえる一杯を その思いは三線の音色とともに

お客さんに喜んでもらえる一杯をその思いは三線の音色とともに 那覇市泊の路地裏、静かな場所にひっそりと佇むこのお店。旅人が足を休める場所をイメージした入り口は、夏でも涼しい風が吹き抜けます。 まるでおばぁの家に来たような雰囲気の店内は心も体もリラックスできます。窓際の席は、柔らかな日差しが当たって気持ち良さそう。 「沖縄の芸能に気軽に触れてほしい。」と、店内のいたるところには三線が置かれています。注文の際は呼びベルならぬ、この呼び三線を鳴らしてみて。 定番のすぅ〜ぎぃ〜じぃそば(小)にマグロ漬け丼セットになった「マグロ漬け丼ぶりセット1080円 税込」。沖縄そばもさることながら、朝一番で買い付けるマグロの丼ぶりは新鮮で美味い。        「てびちそば780円 税込」。骨を省き食べやすくしたてびちは、それほど脂っぽくないのに肉のうまみが詰まっていてジューシー。2つの太さの麺で、歯ごたえも楽しめます。      本来のスープを思う存分味わったら、別皿の追いワサビを入れてみて。ふんわりとしたワサビの香りと味わいで、スープがさらにさっぱりとします。    そばと一緒に是非味わってほしいのが、この「ビーグじゅ〜し〜300円 税込」。ビーグとはい草のこと。ビーグの粉末を使い炊き込んだじゅーしーは、一口食べれば上品で爽やかな香りと味わいが口の中に広がります。 本琉球古典音楽師範代の免許を持つ崎濱さん。タイミングが良ければ、沖縄そばを食べながら崎濱さんの演奏も聞けることも。15時半からは三線教室も開催しています。初心者でも大歓迎。気になる方は問い合わせをしてみて。

沖縄そば すぅ〜ぎぃ〜じぃ

お客さんに喜んでもらえる一杯を
その思いは三線の音色とともに
【投稿日】2018年04月18日(水)
外観
那覇市泊の路地裏、静かな場所にひっそりと佇むこのお店。旅人が足を休める場所をイメージした入り口は、夏でも涼しい風が吹き抜けます。
内観
まるでおばぁの家に来たような雰囲気の店内は心も体もリラックスできます。窓際の席は、柔らかな日差しが当たって気持ち良さそう。
三線がベルのかわりに
「沖縄の芸能に気軽に触れてほしい。」と、店内のいたるところには三線が置かれています。注文の際は呼びベルならぬ、この呼び三線を鳴らしてみて。
マグロ漬け丼ぶりセット1080円 税込
定番のすぅ〜ぎぃ〜じぃそば(小)にマグロ漬け丼セットになった「マグロ漬け丼ぶりセット1080円 税込」。沖縄そばもさることながら、朝一番で買い付けるマグロの丼ぶりは新鮮で美味い。       
てびちそば780円税込
「てびちそば780円 税込」。骨を省き食べやすくしたてびちは、それほど脂っぽくないのに肉のうまみが詰まっていてジューシー。2つの太さの麺で、歯ごたえも楽しめます。
    
てびちそばにワサビをトッピング
本来のスープを思う存分味わったら、別皿の追いワサビを入れてみて。ふんわりとしたワサビの香りと味わいで、スープがさらにさっぱりとします。
  
ピーグじゅ~し~300円 税込
そばと一緒に是非味わってほしいのが、この「ビーグじゅ〜し〜300円 税込」。ビーグとはい草のこと。ビーグの粉末を使い炊き込んだじゅーしーは、一口食べれば上品で爽やかな香りと味わいが口の中に広がります。
三線教室の様子
本琉球古典音楽師範代の免許を持つ崎濱さん。タイミングが良ければ、沖縄そばを食べながら崎濱さんの演奏も聞けることも。15時半からは三線教室も開催しています。初心者でも大歓迎。気になる方は問い合わせをしてみて。

お客さんに喜んでもらえる一杯を その思いは三線の音色とともに

この沖縄がかつて琉球王国と呼ばれていた頃、当時那覇市泊(とまり)にあった霊徳山崇元寺(れいとくざんそうげんじ)周辺には、首里城へ向かう人々が足を休める茶屋がいくつかあったと言います。店名の「すぅ〜ぎぃ〜じぃ」は、その崇元寺の沖縄読みを元にしたもの。「当時のように、ここが仕事や観光の休憩場所になると嬉しいですね。」とオーナーの崎濱さんは言います。15歳から本格的に三線を始め、琉球古典音楽師範代の免許を持つ崎濱さんが沖縄そばに目覚めたきっかけは、大学生の頃に食べたとある那覇の名店のそば。「1つ1つの素材の旨味が伝わってくる麺とスープ、その洗練された味わいに感銘を受けて沖縄そばを始めました。」1から沖縄そばを勉強し、理想を追い求めてたどり着いたのがこの手作りの自家製麺です。手間がかかるし力が要る麺づくりですが、「小麦粉が自分の手で麺になっていく様を見ていると楽しくて、これだけは誰にも譲れません。」と、麺を語るその表情は我が子の成長を見守るお父さんのよう。今では沖縄そばの発展のための活動もしている崎濱さん。沖縄と、沖縄の文化が好きという心から生まれた至極の一杯をご堪能ください。

地図を見る

店舗データを開く

店名 沖縄そば すぅ〜ぎぃ〜じぃ
住所 沖縄県那覇市泊1丁目8-15
営業時間 午前11:30 - 午後15:00(売り切れ次第終了)
定休日 火曜日 ※不定休あり
電話番号 098-863-8553
アクセス 那覇ICから車で約15分
外部サイト 食べログ
平均予算 680円~
クレジットカード 利用不可
席数 約25席 
駐車場 あり 3台
メニュー一例 すぅ〜ぎぃ〜じぃそば(中)680円 (大)750円、ビーグじゅ〜し〜セット750円、てびちそば780円、マグロ漬け丼ぶりセット1,080円、ハラミ丼400円 ※価格は全て税込
利用シーン

自家製麺の風味に今までにない食感を コリふわ食感の合わせ技がたまらない

自家製麺の風味に今までにない食感をコリふわ食感の合わせ技がたまらない 大きな建物が立ち並ぶ大通り沿いでも目立つ上原そばの看板。名物料理が書かれた木の板がなんともシブい。 食堂とカフェを合わせたような店内。広々とくつろげる座敷席もいいが、窓際のカウンター席も温かくて気持ちいい。 「上原そば(並)500円 税込」。キクラゲと鶏そぼろの味わいが、あっさりスープにアクセントを与えます。しかも麺に絡めれば食感も楽しい。 無料でよもぎと黒天カスの天玉をトッピングできます。イカスミ風味の天玉は、スナック感覚で食べても美味しい。        インパクト大の黒天ぷら。右が「グルクン(1個)80円 税込」で左が「セーイカ(1個)60円 税込」です。ふっくらの黒い衣は、イカスミの優しい味がします。      名物のいなり。手前から「じゃこ(1個)80円 税込」「高菜(1個)70円 税込」「うなぎ(1個)90円 税込」「いなり(1個)60円 税込」。ほのかな酢の味わいが具材のうまみと上手くマッチしています。

沖縄そば自家製麺 上原そば(うえはらそば)

自家製麺の風味に今までにない食感を
コリふわ食感の合わせ技がたまらない
【投稿日】2018年04月17日(火)
上原そば外観
大きな建物が立ち並ぶ大通り沿いでも目立つ上原そばの看板。名物料理が書かれた木の板がなんともシブい。
内観
食堂とカフェを合わせたような店内。広々とくつろげる座敷席もいいが、窓際のカウンター席も温かくて気持ちいい。
上原そば
「上原そば(並)500円 税込」。キクラゲと鶏そぼろの味わいが、あっさりスープにアクセントを与えます。しかも麺に絡めれば食感も楽しい。
天かすを無料でトッピング
無料でよもぎと黒天カスの天玉をトッピングできます。イカスミ風味の天玉は、スナック感覚で食べても美味しい。       
黒天ぷら
インパクト大の黒天ぷら。右が「グルクン(1個)80円 税込」で左が「セーイカ(1個)60円 税込」です。ふっくらの黒い衣は、イカスミの優しい味がします。
    
いなり
名物のいなり。手前から「じゃこ(1個)80円 税込」「高菜(1個)70円 税込」「うなぎ(1個)90円 税込」「いなり(1個)60円 税込」。ほのかな酢の味わいが具材のうまみと上手くマッチしています。

自家製麺の風味に今までにない食感を コリふわ食感の合わせ技がたまらない

南風原町与那覇の大通り沿いに、大きな看板と居酒屋風の外観が目を引く「上原そば」があります。扉を開けると明るく迎えてくれる気さくなスタッフの方々。大きな窓から心地いい日差しが差し込む店内には20席以上ありながら、オープンしてすぐ仕事休憩や観光のお客さんでいっぱいになります。メニューは三枚肉そばやソーキそばと言った一般的なものもありますが、イチオシは鶏そぼろとキクラゲが麺の上に乗った「上原そば」。沖縄そばの常識を覆すような見た目だが、カツオに豚と鶏の出汁を合わせたあっさりスープは伝統的な味わいです。また、数量限定の「白湯なんこつそば」は対照的に、トンコツの効いたこってりスープが自慢。オーナーがこだわり抜いたという自家製麺はツルツルでコシのいい生麺ともちもちの茹で麺から選ぶことができます。その他にも、色々な具材が乗ったいなりや黒天ぷらなど食べてみたいメニューがいっぱいで、そば以外でも楽しめます。

地図を見る

店舗データを開く

店名 沖縄そば自家製麺 上原そば(うえはらそば)
住所 沖縄県南風原町与那覇48-3
営業時間 11時00分~15時(ラストオーダー14時30分)
定休日 第3日曜、不定休あり
電話番号 098-882-7474
アクセス 南風原北ICから車で約10分
外部サイト 食べログ
平均予算 500円~
クレジットカード 不可
席数 約20席 
駐車場 あり 6台
メニュー一例 上原そば(並)500円 (小)400円、ソーキそば(並)700円 (小)600円、白湯なんこつそば750円(数量限定)、黒天グルクン80円、黒天セーイカ60円、うなぎいなり90円、じゃこいなり80円、高菜いなり70円、いなり60円、キーマカレー350円 ※価格は全て税込

沖縄そばに選ぶ楽しさを 3種のスープに魅せられるかわりそば

沖縄そばに選ぶ楽しさを3種のスープに魅せられるかわりそば 20年近く愛される老舗「守礼そば」。龍をかたどった焼き物や壁に描かれた魚など、まるで竜宮城に来たような気分になります。 明るくて広い店内には、沖縄の雰囲気を味わってほしいというオーナーの工夫が散りばめられています。 壁に飾られている壺屋焼の焼き物。カラフルで斬新な絵柄は、眺めているだけでも楽しめます。 こちらでは、毎日12時から14時の間に民謡ライブを行っています。心地よい三線の音色は、観光客だけでなく地元のお客さんにも好評です。        定番の「守礼そば(中)710円 税込」。ジューシーな本ソーキと大きな軟骨ソーキは、無駄な味付けはしておらず、本来の肉の旨味を味わえます。シャキシャキ野菜と絡めれば、歯ごたえも楽しい。      店主イチオシの「よもぎ豆腐そば775円 税込」。そばの上に乗るゆし豆腐は、大豆の旨みが濃厚でこれだけでも大満足。緑色のよもぎ麺の独特な風味が味わいに花を添えます。3種のスープはどれを選んでもうまいが、カツオ風味のスープとの相性がピッタリです。

守礼そば(シュレイソバ)

沖縄そばに選ぶ楽しさを
3種のスープに魅せられるかわりそば
【投稿日】2018年04月09日(月)
外観
20年近く愛される老舗「守礼そば」。龍をかたどった焼き物や壁に描かれた魚など、まるで竜宮城に来たような気分になります。
内観
明るくて広い店内には、沖縄の雰囲気を味わってほしいというオーナーの工夫が散りばめられています。
壺屋焼の焼き物
壁に飾られている壺屋焼の焼き物。カラフルで斬新な絵柄は、眺めているだけでも楽しめます。
民謡ライブ
こちらでは、毎日12時から14時の間に民謡ライブを行っています。心地よい三線の音色は、観光客だけでなく地元のお客さんにも好評です。       
守礼そば
定番の「守礼そば(中)710円 税込」。ジューシーな本ソーキと大きな軟骨ソーキは、無駄な味付けはしておらず、本来の肉の旨味を味わえます。シャキシャキ野菜と絡めれば、歯ごたえも楽しい。
    
よもぎそば
店主イチオシの「よもぎ豆腐そば775円 税込」。そばの上に乗るゆし豆腐は、大豆の旨みが濃厚でこれだけでも大満足。緑色のよもぎ麺の独特な風味が味わいに花を添えます。3種のスープはどれを選んでもうまいが、カツオ風味のスープとの相性がピッタリです。

沖縄そばに選ぶ楽しさを 3種のスープに魅せられるかわりそば

国道331号線から少し中道に入った場所にある「守礼そば」。平日でも、ピークの時間帯はお店の外にまで長蛇の列ができるほどの人気店です。「大好きな沖縄そばを楽しく味わってほしい」と、オーナーが自ら考案した沖縄そばはなんと24種類。スープも3種類から選べます。沖縄そばを食べるのが初めてという方には、最後まで一気に飲み干せるほど上品なトンコツベースのあっさりスープを。それ以外にも味わいたい方には、豚肉のコクが効いたこってりスープや香り豊かなカツオ風味のスープを。さらに麺も「歯ごたえ細麺」と「柔らか平麺」の2種類から選べ、その組み合わせは無限大。毎日12時から14時の間は、沖縄民謡の生演奏もしています。三線の音色を聴きながら、自分好みの沖縄そばを楽しんで。

地図を見る

店舗データを開く

店名 守礼そば(シュレイソバ)
住所 沖縄県那覇市高良3丁目7-27
営業時間 11時30分~21時(ラストオーダー20時30分)
定休日 無休
電話番号 098-859-1155
アクセス 那覇空港から車で約5分
外部サイト 食べログ
平均予算 710円~
クレジットカード 不可
席数 約67席
駐車場 15台
メニュー一例 守礼そば(中)710円 (大)780円、軟骨ソーキそば(中)710円 (大)780円、本ソーキそば(中)750円 (大)815円、中味そば820円、てびちそば815円、よもぎ豆腐そば775円、イカスミ焼そば820円、沖縄ざるそば700円 ※価格は全て税込

都心からすぐそこの古民家は 静かな時間が流れる心のオアシス

都心からすぐそこの古民家は静かな時間が流れる心のオアシス 木々の奥に見える沖縄風の古民家は、元々はオーナーの祖父のご自宅だったそう。当時の雰囲気を大事にしたこの景色は壮観です。 ずらっと並ぶ色紙は、ここが名店である証。平日でも観光客や地元の人でいっぱいです。 店内に飾られる琉球衣装。沖縄そばのお店を開業するにあたり、ご家族が集めてくれたそうです。スタッフに申し出れば、これを着て記念撮影もできます。 店主自慢の「軟骨ソーキそば650円 税込」。スープも麺も1.5倍量の大盛りにしても、たったの850円。さらにプラス200円で、もずく酢や小鉢がついた定食にできます。        素朴な味わいが大人気の「ジューシー150円 税込」。極力具を少なくすることで、味付けに使っているそば出汁の旨味を際立たせています。      今回はお目にかかれなかったが、直径35cmの器にたっぷりそばが盛り付けられた「超大盛り楚辺そば1800円 税込」もあります。4種のお肉が乗ってボリューム超満点。一人で完食するとさんぴん茶などのサービスもあるので、自信がある方はぜひ挑戦してみて。 オーナーの國吉さんに噂の35cm器を持ってもらいました。この量のそばを想像しただけでも満腹に...。ちなみに、もっと新しいことに挑戦したいという國吉さん。今年の夏頃には、店舗の近くにタコス&タコライスのお店をオープンさせる予定です。

沖縄そばと海産物料理店 楚辺(そベ)

都心からすぐそこの古民家は
静かな時間が流れる心のオアシス
【投稿日】2018年03月29日(木)
外観
木々の奥に見える沖縄風の古民家は、元々はオーナーの祖父のご自宅だったそう。当時の雰囲気を大事にしたこの景色は壮観です。
内観
ずらっと並ぶ色紙は、ここが名店である証。平日でも観光客や地元の人でいっぱいです。
琉球衣装
店内に飾られる琉球衣装。沖縄そばのお店を開業するにあたり、ご家族が集めてくれたそうです。スタッフに申し出れば、これを着て記念撮影もできます。
軟骨ソーキそば
店主自慢の「軟骨ソーキそば650円 税込」。スープも麺も1.5倍量の大盛りにしても、たったの850円。さらにプラス200円で、もずく酢や小鉢がついた定食にできます。       
じゅーしー
素朴な味わいが大人気の「ジューシー150円 税込」。極力具を少なくすることで、味付けに使っているそば出汁の旨味を際立たせています。
    
メニュー表
今回はお目にかかれなかったが、直径35cmの器にたっぷりそばが盛り付けられた「超大盛り楚辺そば1800円 税込」もあります。4種のお肉が乗ってボリューム超満点。一人で完食するとさんぴん茶などのサービスもあるので、自信がある方はぜひ挑戦してみて。
オーナーの國吉さん
オーナーの國吉さんに噂の35cm器を持ってもらいました。この量のそばを想像しただけでも満腹に...。ちなみに、もっと新しいことに挑戦したいという國吉さん。今年の夏頃には、店舗の近くにタコス&タコライスのお店をオープンさせる予定です。

都心からすぐそこの古民家は 静かな時間が流れる心のオアシス

国際通りから車で約5分というアクセスしやすい場所にありながら、静かに沖縄そばを味わえるお店があります。築60年以上の古民家を改築した「沖縄そばと海産物料理店 楚辺」。その雰囲気はまさに、都会の隠れ家といったところ。かつては洋食屋をやっていたというオーナーの國吉さん。「古民家といえば沖縄そばかな。」と思い立ち、ご家族の力も借りながらほとんど独学でそばを勉強したと言います。本来の沖縄そばをイメージしながらも、オリジナリティを盛り込んだ自慢のスープ。ほとんどのメニューで肉が別皿で出されるのは、本来のスープの味わいがお肉を入れることでガラリと変わる様を楽しんでほしいから。「若い人たちにも、もっと沖縄そばを食べてほしい。」という國吉さん。他にはない沖縄そばを求めて、もっと驚きのメニューを考案中だそうです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 沖縄そばと海産物料理店 楚辺(そベ)
住所 沖縄県那覇市楚辺2丁目37-40
営業時間 11時30分~21時00分(ラストオーダー20時30分)
定休日 年中無休
電話番号 098-853-7224
アクセス 那覇ICから車で約20分
外部サイト 公式HP
平均予算 550円~
クレジットカード 不可
席数 約80席 
駐車場 あり 30台
メニュー一例 沖縄そば550円、軟骨ソーキそば650円、三枚肉そば850円、てびちそば650円、本ソーキそば700円、ジューシー150円、氷ぜんざい400円、かき氷350円 ※価格は全て税込

オーナーこだわりのジューシーお肉を 自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう

オーナーこだわりのジューシーお肉を自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう 浦添市(うらそえし)で人気に火がついた東江そばが、4年前に2号店をオープンさせました。 広い店内には三線などが飾られており、沖縄の雰囲気を味わえます。 テーブル席のほかに、ゆっくりくつろげる座敷席もたくさんあります。ファミリーでのお食事にピッタリ。 オーナーの東江さんの好みで作ったという「東江そば(中)750円 税込」。ソーキに三枚肉、トロトロのナンコツソーキとボリューム満天。コクを出すためにカツオをたっぷり使ったスープは、香りも味わいもバツグンです。        三枚肉がドドンと鎮座する「冷やし中華そば750円 税込」。沖縄そばの麺を使っており、もちもちとした食感が特長です。中華風ダレもこだわりの自家製。      創業40年以上、オーナーのご両親が経営する「味美餃子」の「手作りぎょうざ(5個)280円 税込」も。肉と7種類の野菜が入っており、ジューシーでヘルシーです。

東江そば 小禄店(あがりえそば おろくてん)

オーナーこだわりのジューシーお肉を
自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう
【投稿日】2018年03月29日(木)
外観
浦添市(うらそえし)で人気に火がついた東江そばが、4年前に2号店をオープンさせました。
内観
広い店内には三線などが飾られており、沖縄の雰囲気を味わえます。
こあがり席
テーブル席のほかに、ゆっくりくつろげる座敷席もたくさんあります。ファミリーでのお食事にピッタリ。
東江そば
オーナーの東江さんの好みで作ったという「東江そば(中)750円 税込」。ソーキに三枚肉、トロトロのナンコツソーキとボリューム満天。コクを出すためにカツオをたっぷり使ったスープは、香りも味わいもバツグンです。       
冷やし中華そば
三枚肉がドドンと鎮座する「冷やし中華そば750円 税込」。沖縄そばの麺を使っており、もちもちとした食感が特長です。中華風ダレもこだわりの自家製。
    
手作り餃子
創業40年以上、オーナーのご両親が経営する「味美餃子」の「手作りぎょうざ(5個)280円 税込」も。肉と7種類の野菜が入っており、ジューシーでヘルシーです。

オーナーこだわりのジューシーお肉を 自家製麺と一緒に心ゆくまで味わう

若きオーナーの東江さんが浦添市(うらそえし)の勢理客(じっちゃく)に沖縄そばのお店をオープンさせたのが、今から約10年前。「お店を始める前はラーメンがすごく好きで。」そんな東江さんの実家は、製麺機も完備する老舗の弁当屋さん。独学で麺の研究をするうちに、沖縄そばの麺の魅力に気づいたんだそうです。「コシがありつつも、固すぎず食べやすい麺を作りたい。」理想を追い求めて試行錯誤した末に誕生した「東江そば」。今では「麺を味わってほしい」と言い切るほど自慢の自家製麺は、噛めば噛むほど小麦の風味とカツオ出汁のスープのうまみが口の中に広がります。この沖縄そばをもっと手軽に食べたいというお客さんの声に応えて、4年前には那覇市小禄に2号店がオープン。全国発送も取り入れ、今ではどこでも手軽に味わえるようになりました。名店と言われるようになった今でも「もっともっと美味しいそばを作りたい。」という東江さん。人気の秘訣は、この向上心と謙虚さにあるのかもしれません。

地図を見る

店舗データを開く

店名 東江そば 小禄店(あがりえそば おろくてん)
住所 那覇市金城5丁目7-12
営業時間 11時~17時
定休日 年中無休
電話番号 098-858-2656
アクセス 豊見城・名嘉地ICから車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 630円~
クレジットカード 不可
席数 約50席 
駐車場 あり 10台
メニュー一例 東江そば(大)850円 (中)750円/本ソーキそば(大)750円 (中)650円/軟骨ソーキそば(大)730円 (中)630円/手作りぎょうざ(5個)280円/冷やし中華そば750円/じゅうしー200円/あぶり軟骨ソーキ丼350円 ※価格は全て税込

沖縄の文化を伝えたい オーナーの思いを一杯のおそばに

沖縄の文化を伝えたいオーナーの思いを一杯のおそばに アクロスプラザ古島駅前飲食棟2階に移転オープンした「ニシムイそば」。 店内の席数は42席で広々とした空間です。県内各地の作家が手がけたやちむんや書、絵画などにも注目。 貴重なやちむんにも、直に触れることができます。 東風平の店舗で使っていたのれん。県内を代表する染織家の平敷 慶秋氏が手がけたものです。        目まさに看板メニューというべき「ニシムイそば(中)700円 税込」。こだわりの冬瓜とスープを、ソーキのあっさりした味わいが引き立てます。豚骨と鶏の動物系スープはこってりしてるかと思いきや、味わい深くあっさり。女性に人気なのも頷けます。      こちらは香ばしいカツオ出汁の「古島そば(中)600円 税込」。お麩や人参をねりこんだヒラヤーチー(沖縄風お好み焼き)がとっても美味。 単品の「冬瓜(2個)100円 税込」も。じっくり味付けをした冬瓜は、野菜嫌いの子どもでも「美味しい!」といって食べるほど。美容にも良いと言われており、女性にもおススメ。 沖縄の工芸品に気軽に触れてほしいと、そばの器は全てやちむん。食後はお皿を眺めて楽しめます。

ニシムイそば

沖縄の文化を伝えたい
オーナーの思いを一杯のおそばに
【投稿日】2018年03月29日(木)
内観
アクロスプラザ古島駅前飲食棟2階に移転オープンした「ニシムイそば」。
内観
店内の席数は42席で広々とした空間です。県内各地の作家が手がけたやちむんや書、絵画などにも注目。
やちむん
貴重なやちむんにも、直に触れることができます。
のれん
東風平の店舗で使っていたのれん。県内を代表する染織家の平敷 慶秋氏が手がけたものです。       
ニシムイそば
目まさに看板メニューというべき「ニシムイそば(中)700円 税込」。こだわりの冬瓜とスープを、ソーキのあっさりした味わいが引き立てます。豚骨と鶏の動物系スープはこってりしてるかと思いきや、味わい深くあっさり。女性に人気なのも頷けます。
    
古島そば
こちらは香ばしいカツオ出汁の「古島そば(中)600円 税込」。お麩や人参をねりこんだヒラヤーチー(沖縄風お好み焼き)がとっても美味。
単品の冬瓜
単品の「冬瓜(2個)100円 税込」も。じっくり味付けをした冬瓜は、野菜嫌いの子どもでも「美味しい!」といって食べるほど。美容にも良いと言われており、女性にもおススメ。
やちむん
沖縄の工芸品に気軽に触れてほしいと、そばの器は全てやちむん。食後はお皿を眺めて楽しめます。

沖縄の文化を伝えたい オーナーの思いを一杯のおそばに

那覇市壺屋に生まれやちむんに触れて育ってきたオーナーの松本さんが、その良さを伝えたいと八重瀬町東風平(こちんだ)に沖縄の工芸品を展示していた「西森(ニシムイ)美術」をオープンさせたのが、今からおよそ8年前。「工芸品だけ置いてると、敷居の高いイメージがあるので、でもいろんな人に見に来てもらいたくて…。」そこで目をつけたのが沖縄そば。「器をやちむんにすればもっといろんな人が触れてくれるし、食文化も一緒に伝えられる。」と松本さん。「でもほかの沖縄そばと同じものは作りたくない。」とあえて配合バランスの難しい動物系出汁を使い、八重瀬町特産の冬瓜をトッピングすることで「ニシムイそば」が誕生しました。その美味しさと珍しさが話題になり、お店はすぐに人気に。でも当時のお店は10席ほどしかなく、これではキャパシティが足りないということで去年の7月にショッピングセンター・アクロスプラザ古島駅前飲食棟2階に移転オープンしました。それでも松本さんの工芸品への思いは変わりません。店内には県内の伝統工芸師によるやちむんや書などが飾られ、沖縄そばを味わいながら工芸品に触れることができます。「オリンピックに空手が採用され、来沖する外国人も増えるかもしれない。彼らにもこうやって沖縄の文化を伝えていきたい。」と松本さんは楽しそうに話してくれました。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ニシムイそば
住所 沖縄県那覇市銘苅1丁目19-2 アクロスプラザ古島駅前飲食棟2F
営業時間 11時~21時(ラストオーダー20時30分)
定休日 年中無休
電話番号 080-6498-2461
アクセス 那覇ICから車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 600円~
クレジットカード 不可
席数 約40席 
駐車場 あり
メニュー一例 ニシムイそば(大)800円 ・(中)700円/古島そば(大)700円 ・(中)600円/特製豚メシ250円/ソーキ(1個)200円/冬瓜(2個)100円/ぜんざい100円 ※価格は全て税込

フクギ並木の秘境から 水平線を楽しむ

フクギ並木の秘境から水平線を楽しむ 備瀬(びせ)の集落にあるフクギ並木の入り口に佇むチャハヤブラン。オーナーが手作りした格調高い空間を演出した店内では、沖縄でも珍しいアジアンテイストなカフェ。 テラスからは、透き通るエメラルドブルーの東シナ海が一望できます。その向こう側にそびえたつ伊江島タッチューと呼ばれる小高い山。まるで時間が止まったような穏やかな景色で旅の疲れを癒してくれます。 海側からの外観とは趣が変わった入り口は、沖縄の馴染みある古民家の佇まい。暖簾をくぐって進むアプローチは、ワクワクドキドキな瞬間。 人気メニューは、じっくり煮込んだ三枚肉をのせたラフテー丼(1058円 税込)にトッピングで海ぶどう(345円 税込)をのせて。沖縄の食材を使ったメニューは旅の記憶に残るはず。        目の前に見える全ての景色が海という贅沢なテラス席。海沿いを行き交う人々を眺めながら、美味しい島の恵みを楽しめば気分も爽快。      ティータイムに人気のスイーツは南国チーズケーキ(734円 税込)。濃厚なチーズケーキに爽やかなパインとパッションフルーツの特製コンフィチュールが絶妙。 もうひとつのオススメはオーナー手作りの中華風鶏粥(950円 税込)。旅先では美味しい魅力に誘われて、ついつい食べ過ぎてしまいがち。旅行中に身体の調子を整えてくれるメニューがあるのは嬉しい限り。 可愛らしいピンク色したハイビスカスいちごスムージー(756円 税込)。ハイビスカスといちごの爽やかな組み合わせは、春の訪れを待つ時期にワクワクする味。 オーナーが厳選した、約20種類の中国茶やフレーバーティーなどをお好みで。時間を忘れて、食後に優雅なひとときを過ごしてはいかが?

Cafe CHAHAYA BULAN カフェチャハヤブラン

フクギ並木の秘境から
水平線を楽しむ
【投稿日】2018年03月27日(火)
店舗外観
備瀬(びせ)の集落にあるフクギ並木の入り口に佇むチャハヤブラン。オーナーが手作りした格調高い空間を演出した店内では、沖縄でも珍しいアジアンテイストなカフェ。
オーシャンビューのテラスから見える伊江島タッチュー
テラスからは、透き通るエメラルドブルーの東シナ海が一望できます。その向こう側にそびえたつ伊江島タッチューと呼ばれる小高い山。まるで時間が止まったような穏やかな景色で旅の疲れを癒してくれます。
店舗入り口
海側からの外観とは趣が変わった入り口は、沖縄の馴染みある古民家の佇まい。暖簾をくぐって進むアプローチは、ワクワクドキドキな瞬間。
ラフテー丼
人気メニューは、じっくり煮込んだ三枚肉をのせたラフテー丼(1058円 税込)にトッピングで海ぶどう(345円 税込)をのせて。沖縄の食材を使ったメニューは旅の記憶に残るはず。       
テラス席
目の前に見える全ての景色が海という贅沢なテラス席。海沿いを行き交う人々を眺めながら、美味しい島の恵みを楽しめば気分も爽快。
    
南国チーズケーキ
ティータイムに人気のスイーツは南国チーズケーキ(734円 税込)。濃厚なチーズケーキに爽やかなパインとパッションフルーツの特製コンフィチュールが絶妙。
中華風鶏粥
もうひとつのオススメはオーナー手作りの中華風鶏粥(950円 税込)。旅先では美味しい魅力に誘われて、ついつい食べ過ぎてしまいがち。旅行中に身体の調子を整えてくれるメニューがあるのは嬉しい限り。
ハイビスカスいちごスムージー
可愛らしいピンク色したハイビスカスいちごスムージー(756円 税込)。ハイビスカスといちごの爽やかな組み合わせは、春の訪れを待つ時期にワクワクする味。
急須に入った中国茶とカップ
オーナーが厳選した、約20種類の中国茶やフレーバーティーなどをお好みで。時間を忘れて、食後に優雅なひとときを過ごしてはいかが?

フクギ並木の秘境から 水平線を楽しむ

海洋博公園のほど近くにある、フクギ並木のスポットで有名な備瀬(びせ)の集落に佇むカフェ。目の前に広がるエメラルドブルーの海と、水平線に浮かぶ伊江島を望む絶景を目当てに観光客が訪れる人気スポットです。台湾にルーツをもつオーナーシェフが「アジアの中の沖縄」をテーマにユニークなスタイルで食文化を提案しています。備瀬の浜に浮かぶ月をみて、月の光を意味する「チャハヤブラン」という名になりました。アジア、沖縄で馴染みのある豚肉、ゴーヤーを使った丼物や麺類などの食事が楽しめ、マンゴー、ハイビスカス、パッションフルーツなど南国フルーツのデザートにも定評があります。カフェのすぐそばには木漏れ日が美しい備瀬のフクギ並木。ランチやティータイムの前後に、ぶらり散策をしてみるのもオススメです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Cafe CHAHAYA BULAN カフェチャハヤブラン
住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬429−1
営業時間 12時〜日没(食事のラストオーダーは16時)
定休日 水曜・木曜(7月〜9月は水曜のみ)
電話番号 0980-51-7272
アクセス 美ら海水族館から車で約5分
外部サイト 公式HP
平均予算 1000〜1999円
クレジットカード 不可
席数 約35席 (テラス席含む)
駐車場 あり(20台)※無料共同駐車場
メニュー一例 ラフテー丼1058円/中華風鶏粥950円/南国チーズケーキ734円*価格はすべて税込

名護市営市場のすぐそばで営む 自家焙煎の小さな珈琲スタンド

名護市営市場のすぐそばで営む自家焙煎の小さな珈琲スタンド 名護市営市場の場外にある、およそ一間半ほどの小さな珈琲店。珊瑚に囲まれた穏やかな海を意味する「イノー」。その「イノー」に色々な生き物が集まるように人々が足を運び、この場所から新たなコーヒーのイノベーションが生まれて欲しいという思いが込められています。 お客様からプレゼントされた手作り感溢れる可愛らしい看板。名護の中心地にあるので朝早くから珈琲を求める人がどこからともなく訪れてきます。 スタンドの壁に立てかけられたメニュー。自家焙煎珈琲はホットかアイス、お好みで。初めての人にはオススメも教えてくれます。自家焙煎した豆も販売しているので、家で飲んだり贈りものとしても喜ばれます。 オーダーを受けてからじっくりと一杯ずつ丁寧に淹れられる珈琲。スモーキーなフレーバーが店先に漂い、待っている間も香りで珈琲を楽しめるのが魅力。        一日の3分の1の時間をかけて、生豆の中から未成熟の豆や虫食い豆などの欠点豆を取り除く。このひと手間が味を左右するそう。自分が選んだ特徴のある豆を、自分で焙煎し、お客との対話の中から納得できる味に育てます。「珈琲の味は焙煎した人の個性が出る」と語る店主松井さん。      周年毎に壁に飾られている常連客からのお祝いのメッセージ。inno coffeeをオアシスとして訪れる人々の気持ちが伝わってきます。 自家焙煎コーヒー(320円 税込〜)はオリジナルブレンドや特徴のある農園で育った豆から選べます。イタリアで馴染みのあるエスプレッソにレモンを入れて飲む『エスプレッソ・ナグーノ(320円 税込)』は、イタリアで馴染みのあるエスプレッソにレモンを合わせた「ロマーノ」を沖縄風にイノベート。シークヮーサーとグラニュー糖を合わせて。 女性に喜ばれそうな『黒糖ミルクコーヒー(480円 税込)』は、エスプレッソに県産のフレッシュミルクとオリジナル黒糖シロップで甘味を加えて。 沖縄らしさを楽しみたい方にオススメは『しま豆腐ラテ(420円 税込)』。エスプレッソに濃厚なしま豆腐やさんの無調製豆乳を合わせて。ヘルシーにラテを楽しみたい方にピッタリ。沖縄のしま豆腐のクリーミーさが際立ちます。 やんばるトリップを満喫するなら、まずは名護の台所でもある市営市場をinno coffe shopの珈琲を片手に散策するのもオススメです。

inno coffee shop(イノーコーヒーショップ)

名護市営市場のすぐそばで営む
自家焙煎の小さな珈琲スタンド
【投稿日】2018年03月27日(火)
店舗入り口
名護市営市場の場外にある、およそ一間半ほどの小さな珈琲店。珊瑚に囲まれた穏やかな海を意味する「イノー」。その「イノー」に色々な生き物が集まるように人々が足を運び、この場所から新たなコーヒーのイノベーションが生まれて欲しいという思いが込められています。
木製のコーヒーカップの形をした看板
お客様からプレゼントされた手作り感溢れる可愛らしい看板。名護の中心地にあるので朝早くから珈琲を求める人がどこからともなく訪れてきます。
メニュー
スタンドの壁に立てかけられたメニュー。自家焙煎珈琲はホットかアイス、お好みで。初めての人にはオススメも教えてくれます。自家焙煎した豆も販売しているので、家で飲んだり贈りものとしても喜ばれます。
ハンドドリップ中の店主松井さん
オーダーを受けてからじっくりと一杯ずつ丁寧に淹れられる珈琲。スモーキーなフレーバーが店先に漂い、待っている間も香りで珈琲を楽しめるのが魅力。       
ライトをあてて使えない豆を取り除く作業
一日の3分の1の時間をかけて、生豆の中から未成熟の豆や虫食い豆などの欠点豆を取り除く。このひと手間が味を左右するそう。自分が選んだ特徴のある豆を、自分で焙煎し、お客との対話の中から納得できる味に育てます。「珈琲の味は焙煎した人の個性が出る」と語る店主松井さん。
    
壁に飾っているメッセージ
周年毎に壁に飾られている常連客からのお祝いのメッセージ。inno coffeeをオアシスとして訪れる人々の気持ちが伝わってきます。
エスプレッソ・ナグーノ
自家焙煎コーヒー(320円 税込〜)はオリジナルブレンドや特徴のある農園で育った豆から選べます。イタリアで馴染みのあるエスプレッソにレモンを入れて飲む『エスプレッソ・ナグーノ(320円 税込)』は、イタリアで馴染みのあるエスプレッソにレモンを合わせた「ロマーノ」を沖縄風にイノベート。シークヮーサーとグラニュー糖を合わせて。
黒糖ミルクコーヒー
女性に喜ばれそうな『黒糖ミルクコーヒー(480円 税込)』は、エスプレッソに県産のフレッシュミルクとオリジナル黒糖シロップで甘味を加えて。
しま豆腐ラテ
沖縄らしさを楽しみたい方にオススメは『しま豆腐ラテ(420円 税込)』。エスプレッソに濃厚なしま豆腐やさんの無調製豆乳を合わせて。ヘルシーにラテを楽しみたい方にピッタリ。沖縄のしま豆腐のクリーミーさが際立ちます。
笑顔でドリンクをお渡しする店主松井さん
やんばるトリップを満喫するなら、まずは名護の台所でもある市営市場をinno coffe shopの珈琲を片手に散策するのもオススメです。

名護市営市場のすぐそばで営む 自家焙煎の小さな珈琲スタンド

長年の東京でのサラリーマン生活に終止符を打ち、沖縄移住した店主・松井正広さんが始めたコーヒースタンド。コーヒーの味わい深さに魅了され、幾多のコーヒーショップの味を探求し、念願の沖縄で2013年に開店。わずか1間半の間口の小さな店内には、店の重鎮である焙煎機と小さなコンロと小さなシンク。必要最低限の店内で、厳選された豆を焙煎していきます。コーヒーを淹れる日々の営みと時に交わされるお客さんとの会話が心地良いオアシス的空間となっているのでしょう。となりには同じようにダウンサイズされたパン屋があって、市場内には可愛らしい雑貨店もあり、小さな商いが人を呼び、魅力的な町が育まれています。そんな名護の町を淹れたてのコーヒーと共にゆっくりと散策してみてはいかが?

地図を見る

店舗データを開く

店名 inno coffee shop(イノーコーヒーショップ)
住所 沖縄県名護市城1丁目5-17
営業時間 8時〜18時
定休日 月曜・第3日曜
電話番号 070-5498-4587
アクセス 美ら海水族館から車で約30分
外部サイト 食べログ
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
席数 テイクアウト
駐車場 あり(20台)名護市営市場共同駐車場
メニュー一例 自家焙煎ホット珈琲 320円〜/自家焙煎アイスコーヒー 320円/エスプレッソ・ナグーノ 320円/黒糖ミルク珈琲 480円*価格はすべて税込

360度の大パノラマを見ながら 南国アイスクリンが味わえる老舗

360度の大パノラマを見ながら南国アイスクリンが味わえる老舗 沖縄の道路脇によく目にする看板「ビックアイス」はアイスクリンを道端で販売している目印。バニラ、チョコ、ストロベリーの定番を始め、マンゴー、シークヮーサーなど沖縄の素材を活かしたフレーバーのアイスを販売しています。 路上販売から40年余り、アイスクリンの老舗となったビックアイスが見晴らしの良い本部町(もとぶちょう)の山の上にカフェをオープンさせたのが2011年。壁にかけられた一枚のスケッチから、アイスクリンの辿って来た歴史を感じる事が出来ます。 オリジナルのアイスクリンを楽しみたい方はまずはワッフルコーンやカップに入れたアイスクリンシングル・ダブル(550円 税込)そのものを味わってみて。 皮から種まで丸ごと使ったシークヮーサーは、控えめな甘さにちょっぴりビターな味わい。紅芋は濃厚でしっとりした舌触り。さっぱりとした口溶けのアイスクリンは、爽やかな沖縄の蒼い海との相性もバッチリ。        3種盛りフルーツトッピング(800円 税込)は、お好みのアイスクリンのフレーバーをチョイスして。香ばしい自家製ワッフルにのせていただくと、サクサクとした食感と風味とフルーツの瑞々しい果汁が織りかさなったハーモニーが楽しめます。      自家製ワッフルがふんだんに詰められた虹色パフェ(850円 税込)。フルーツといっしょに日替わのりアイスクリンがたくさん入ってボリューム満点。 お城のような作りの建物にはいくつか展望スポットがあって、そこから望む景色は果てしないブルーオーシャンと伊江島(いえじま)、瀬底島(せそこじま)。アイスクリンを食べながら絶景を楽しむも良し、食後にゆっくり海原を眺めてゆんたく(おしゃべり)に花を咲かせるのも楽しいひとときになるはず。

アイスクリンカフェARK( アイスクリンカフェアーク)

360度の大パノラマを見ながら
南国アイスクリンが味わえる老舗
【投稿日】2018年03月26日(月)
店舗入り口
沖縄の道路脇によく目にする看板「ビックアイス」はアイスクリンを道端で販売している目印。バニラ、チョコ、ストロベリーの定番を始め、マンゴー、シークヮーサーなど沖縄の素材を活かしたフレーバーのアイスを販売しています。
スケッチ
路上販売から40年余り、アイスクリンの老舗となったビックアイスが見晴らしの良い本部町(もとぶちょう)の山の上にカフェをオープンさせたのが2011年。壁にかけられた一枚のスケッチから、アイスクリンの辿って来た歴史を感じる事が出来ます。
メニュー
オリジナルのアイスクリンを楽しみたい方はまずはワッフルコーンやカップに入れたアイスクリンシングル・ダブル(550円 税込)そのものを味わってみて。
シークヮーサーのアイスクリン
皮から種まで丸ごと使ったシークヮーサーは、控えめな甘さにちょっぴりビターな味わい。紅芋は濃厚でしっとりした舌触り。さっぱりとした口溶けのアイスクリンは、爽やかな沖縄の蒼い海との相性もバッチリ。       
3種盛りフルーツトッピング
3種盛りフルーツトッピング(800円 税込)は、お好みのアイスクリンのフレーバーをチョイスして。香ばしい自家製ワッフルにのせていただくと、サクサクとした食感と風味とフルーツの瑞々しい果汁が織りかさなったハーモニーが楽しめます。
    
虹色パフェ
自家製ワッフルがふんだんに詰められた虹色パフェ(850円 税込)。フルーツといっしょに日替わのりアイスクリンがたくさん入ってボリューム満点。
伊江島を見渡せるテラス
お城のような作りの建物にはいくつか展望スポットがあって、そこから望む景色は果てしないブルーオーシャンと伊江島(いえじま)、瀬底島(せそこじま)。アイスクリンを食べながら絶景を楽しむも良し、食後にゆっくり海原を眺めてゆんたく(おしゃべり)に花を咲かせるのも楽しいひとときになるはず。

360度の大パノラマを見ながら 南国アイスクリンが味わえる老舗

沖縄美ら海水族館から車で10分ほどの本部町(もとぶちょう)の丘の上に佇むアイスクリン専門店。お城のような外観が目印で、手の行き届いた緑溢れる庭では、季節の花や植物たちが迎えてくれます。展望台から望むのは、東シナ海に浮かぶ瀬底島と伊江島。道路脇によく見かける、鮮やかなブルーのパラソルとビッグアイスと書かれた看板は沖縄・夏の風物詩。40年以上、沖縄の道端から涼を届け続けたアイスクリン。ウチナーンチュには馴染みの深い味が楽しめるカフェは2011年にオープンしました。バニラ、チョコ、ストロベリーなどスタンダードなフレーバーから、紅芋、シークヮーサー、マンゴー、たんかん、アセロラなど南国ならではのフレーバーまで楽しめます。屋上の大パノラマを堪能しながら、愛され続けた素朴なアイスクリンをお試しあれ。

地図を見る

店舗データを開く

店名 アイスクリンカフェARK( アイスクリンカフェアーク)
住所 沖縄県国頭郡本部町浜元950-1
営業時間 11時30分〜18時(ラストオーダー17時30分)
定休日 毎月第1日曜
電話番号 0980-51-6565
アクセス 美ら海水族館から車で約10分
外部サイト 食べログ
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
席数 約50席 カウンター有り
駐車場 あり(40台)大型バス可
メニュー一例 アイスクリン食べ放題1,000円/虹色パフェ850円/アイスクリームシングル・ダブル550円/3種盛りフルーツトッピング800円*価格はすべて税込

伊江島を一望出来る 赤瓦の古民家カフェ

水平線に浮かぶ伊江島を一望。赤瓦の古民家カフェ 本部町(もとぶちょう)の高台に、赤瓦の古民家カフェ「花人逢」はあります。そよ風吹く晴れた気持ちのよい日に、縁側から水平線に浮かぶ伊江島を見る事が出来ます。 花のような人に出逢えますようにという思いで名付けた「花人逢(かじんほう)」。オーナーの趣味で始めた自家製ピザで、人をもてなすようになって早20年。 敷地内から望む東シナ海。遠く向こうにそびえたつのは伊江島の「タッチュー」と呼ばれる山。遠くまでつづく果てしない空と海の蒼さを眺めると、心が洗われてきます。 焼きたてのあつあつピザ(中2200円・小1100円 税込)。やんばるのわき水を使ったこだわりの生地は、外はパリっと、中はモチモチした食感。食欲そそる香ばしい香りが広がり、あつあつチーズがとろ〜り。誰もが笑顔になる一枚。        ピザに合わせて、野菜もたくさんいただきたい方にはサラダがオススメ。友だちや家族とシェアするのも◎。      地元本部町で育ったフレッシュなアセロラ生ジュース(500円 税込)は、島の恵みを満喫できる爽やかなドリンクです。 南国気分を味わいたい方は『マンゴーの森(500円 税込)』を選んで。キンキンに冷えたマンゴーがたっぷり、そして訪れた観光客のだれもが驚くコストパフォーマンス。 食後はゆっくり縁側でティータイム。可愛らしい野花がそえられ、さりげないおもてなしに心が安らぎます。広大な景色とゆったりと流れる島時間に身を委ねてみるのもいいかも。

花人逢(かじんほう)

水平線に浮かぶ伊江島を一望。
赤瓦の古民家カフェ
【投稿日】2018年03月26日(月)
店舗入り口
本部町(もとぶちょう)の高台に、赤瓦の古民家カフェ「花人逢」はあります。そよ風吹く晴れた気持ちのよい日に、縁側から水平線に浮かぶ伊江島を見る事が出来ます。
店内の雰囲気
花のような人に出逢えますようにという思いで名付けた「花人逢(かじんほう)」。オーナーの趣味で始めた自家製ピザで、人をもてなすようになって早20年。
伊江島まで見渡せる絶景
敷地内から望む東シナ海。遠く向こうにそびえたつのは伊江島の「タッチュー」と呼ばれる山。遠くまでつづく果てしない空と海の蒼さを眺めると、心が洗われてきます。
ピザ
焼きたてのあつあつピザ(中2200円・小1100円 税込)。やんばるのわき水を使ったこだわりの生地は、外はパリっと、中はモチモチした食感。食欲そそる香ばしい香りが広がり、あつあつチーズがとろ〜り。誰もが笑顔になる一枚。       
サラダ
ピザに合わせて、野菜もたくさんいただきたい方にはサラダがオススメ。友だちや家族とシェアするのも◎。
    
鮮やかな赤色のアセロラジュース
地元本部町で育ったフレッシュなアセロラ生ジュース(500円 税込)は、島の恵みを満喫できる爽やかなドリンクです。
マンゴー
南国気分を味わいたい方は『マンゴーの森(500円 税込)』を選んで。キンキンに冷えたマンゴーがたっぷり、そして訪れた観光客のだれもが驚くコストパフォーマンス。
縁側でお茶を楽しむお客様
食後はゆっくり縁側でティータイム。可愛らしい野花がそえられ、さりげないおもてなしに心が安らぎます。広大な景色とゆったりと流れる島時間に身を委ねてみるのもいいかも。

伊江島を一望出来る 赤瓦の古民家カフェ

本部半島の小高い山の上に佇む赤瓦の古民家カフェ。この場所を訪れたオーナーの知人が書いた言葉「花ニ逢ハン 人ニ逢ハン(花のような人に出逢える場所)」が、後に『花人逢(かじんほう)』という店の名前に。地元やんばるのわき水を使ったこだわりの生地のピザがメインメニュー。地元の特産物・アセロラの生ジュースやキンキンに凍らした『マンゴーの森』は観光客が喜ぶ南国の味。季節の野花に囲まれた古民家からの眺望は、まさに絶景。食後も景色を楽しむ人たちで賑わっています。晴れた日に山道をドライブしながら、焼きたてピザを食べて眼下に広がる景色を眺めれば、心も身体もリフレッシュ出来るはず。家族や友人たちと大自然の中で優雅なひとときを過ごしてみて。

地図を見る

店舗データを開く

店名 花人逢(かじんほう)
住所 沖縄県国頭郡本部町山里1153-2
営業時間 11時30分〜19時(ラストオーダー18時30分)
定休日 火曜・水曜
電話番号 0980-47-5537
アクセス 美ら海水族館から車で約15分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000円〜1999円
クレジットカード 不可
席数 約20席 カウンター無し
駐車場 あり(40台)
メニュー一例 ピザ中2,200円/ピザ小1,100円/野菜サラダ600円/アセロラ生ジュース500円*価格はすべて税込

やんばる生まれのキュートで美味しい 豆乳マフィン

やんばる生まれのキュートで美味しい豆乳マフィン 名護から沖縄美ら海水族館へ向かう途中にある本部(もとぶ)町営市場の中に「SWEETS SHOP SOYSOY」はあります。本部町にある「山城とうふ店」の娘として生まれ育ったオーナー具志堅さんが、豆乳とおからを使ったスイーツの店を2015年にオープン。 カウンターに並ぶマフィンたち。くるみキャラメル(290円 税込)、抹茶みるく(280円 税込)、ピーナッツバター(280円 税込)など、甘いもの好きをくすぐるラインナップ。 一番人気はラズベリークリームチーズ(320円 税込)。濃厚なクリームチーズと甘酸っぱいラズベリーが奏でる絶妙なハーモニー。 実家のとうふ店で出来た豆乳を使って「ポンポンとはじけるように咲く花」をイメージして、マフィンが出来上がったそうです。        小さい頃からおからや豆乳を使ってお菓子を作るのが大好きで、ケーキ屋さんになるのが夢だった具志堅さん(右)。山城とうふが大好きなご主人のサポートでオープンが叶いました。      同世代の子育て世代のママさん同士、サポートしながらマフィンを販売。子育てをしながら働くスタッフの柔らかい笑顔から勇気がもらえます。 マフィンが3個入る可愛らしいオリジナルパッケージに入れれば、ギフトやおみやげにも喜ばれそう。

SWEETS SHOP SOYSOY町営市場店(スイーツショップ ソイソイ)

やんばる生まれの
キュートで美味しい豆乳マフィン
【投稿日】2018年03月19日(月)
店舗入り口
名護から沖縄美ら海水族館へ向かう途中にある本部(もとぶ)町営市場の中に「SWEETS SHOP SOYSOY」はあります。本部町にある「山城とうふ店」の娘として生まれ育ったオーナー具志堅さんが、豆乳とおからを使ったスイーツの店を2015年にオープン。
カウンターに並ぶマフィンたち
カウンターに並ぶマフィンたち。くるみキャラメル(290円 税込)、抹茶みるく(280円 税込)、ピーナッツバター(280円 税込)など、甘いもの好きをくすぐるラインナップ。
ラズベリークリームチーズマフィン
一番人気はラズベリークリームチーズ(320円 税込)。濃厚なクリームチーズと甘酸っぱいラズベリーが奏でる絶妙なハーモニー。
おから
実家のとうふ店で出来た豆乳を使って「ポンポンとはじけるように咲く花」をイメージして、マフィンが出来上がったそうです。       
具志堅さん
小さい頃からおからや豆乳を使ってお菓子を作るのが大好きで、ケーキ屋さんになるのが夢だった具志堅さん(右)。山城とうふが大好きなご主人のサポートでオープンが叶いました。
    
ママさんスタッフ
同世代の子育て世代のママさん同士、サポートしながらマフィンを販売。子育てをしながら働くスタッフの柔らかい笑顔から勇気がもらえます。
フルーツ柄のオリジナルパッケージ
マフィンが3個入る可愛らしいオリジナルパッケージに入れれば、ギフトやおみやげにも喜ばれそう。

やんばる生まれのキュートで美味しい 豆乳マフィン

本部町営市場内で子育て世代のママさんたちが営むマフィンのお店。オーナーの実家である山城とうふ店のおからを使ったおからや地域食材を使ったマフィンは、ぽんぽんとはじけるお花のようなその姿と、ピーナッツバターやラズベリークリームチーズなど、乙女心をくすぐる味のバリエーションが人気。県内の人気アーティスト『MIREI』のイラストが描かれた可愛らしいパッケージに入れれば、可愛いギフトに様変わり。パッションフルーツ、アセロラ、シークヮーサーなど地元本部町の食材を取り入れながら作る沖縄ならではのマフィンはやんばるの恵みを楽しめるスイーツなのでオススメです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 SWEETS SHOP SOYSOY町営市場店(スイーツショップ ソイソイ)
住所 沖縄県国頭郡本部町字渡久地4
営業時間 11時30分〜17時30分(ラストオーダー無し)
定休日 第2・4日曜、月曜
電話番号 0980-43-6003
アクセス 美ら海水族館から車で約5分
外部サイト 食べログ
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
駐車場 あり(8台)(町営市場共同駐車場)
メニュー一例 プレーン 250円/ラズベリークリームチーズ 320円/抹茶みるく 280円/くるみキャラメル 290円*価格はすべて税込

まるで絵本の世界のよう やんばるの森の中に佇む洋菓子店

まるで絵本の世界のようやんばるの森の中に佇む洋菓子店 やんばるの本部町伊豆味(もとぶちょういずみ)の森の中に佇む洋菓子店「Himbeere(ヒムベーレ)」。 伊豆味(いずみ)トンネル近くの小道を入って少しいくと、お菓子を抱えた可愛らしい少女がお出迎え。 神奈川のドイツ菓子専門店で3年間修行を経た宿里(やどり)さんが、地元本部町(もとぶちょう)に戻って、ドイツの伝統菓子を広めたいという思いからお店をオープン。        店内には、スコーン、マフィン、クッキーなど伝統的で洗練された佇まいのドイツ菓子がずらりと並んでいます。      ドイツの伝統菓子『ザッハトルテ(左453円/税込)』は、品の良いちょっぴりビターなチョコレートがアクセント。沖縄の冬の風物詩として知られるフルーツが使われている『たんかんとクランベリーとクリームチーズのケーキ(奥270円/税込)』は、外はさっくり中はしっとりとしたパウンド。 備瀬(びせ)という名前の紅芋を使用した『紅芋の全粒粉スコーン(216円 税込)』は、伊江島の全粒粉を生地に入れて焼き上げた香ばしい味わい。真っ白いメレンゲの中にチョコを入れて焼いたセコアは、何度も手が伸びてしまう品の良い甘さ。 サクサクとした食感とほろりと口の中に儚く溶けていくポルポローネ(302円 税込)。なかに入っているクルミが香ばしい焼き菓子。 やんばるの森の中の緑に包まれた小さな菓子店で、お気に入りの焼き菓子を片手に森林浴を満喫すれば、いつもと違う沖縄を感じる事が出来るはず。

Himbeere菓子店(ヒムベーレ菓子店)

まるで絵本の世界のよう
やんばるの森の中に佇む洋菓子店
【投稿日】2018年03月19日(月)
店舗入り口
店内の雰囲気
やんばるの本部町伊豆味(もとぶちょういずみ)の森の中に佇む洋菓子店「Himbeere(ヒムベーレ)」。
門に置かれた可愛い立て看板
伊豆味(いずみ)トンネル近くの小道を入って少しいくと、お菓子を抱えた可愛らしい少女がお出迎え。
宿里(やどり)さん
神奈川のドイツ菓子専門店で3年間修行を経た宿里(やどり)さんが、地元本部町(もとぶちょう)に戻って、ドイツの伝統菓子を広めたいという思いからお店をオープン。       
棚に並べられた様々なドイツ菓子
店内には、スコーン、マフィン、クッキーなど伝統的で洗練された佇まいのドイツ菓子がずらりと並んでいます。
    
ケーキ3種類
ドイツの伝統菓子『ザッハトルテ(左453円/税込)』は、品の良いちょっぴりビターなチョコレートがアクセント。沖縄の冬の風物詩として知られるフルーツが使われている『たんかんとクランベリーとクリームチーズのケーキ(奥270円/税込)』は、外はさっくり中はしっとりとしたパウンド。
紅芋の全粒粉スコーンとセコア
備瀬(びせ)という名前の紅芋を使用した『紅芋の全粒粉スコーン(216円 税込)』は、伊江島の全粒粉を生地に入れて焼き上げた香ばしい味わい。真っ白いメレンゲの中にチョコを入れて焼いたセコアは、何度も手が伸びてしまう品の良い甘さ。
ポルポローネ
サクサクとした食感とほろりと口の中に儚く溶けていくポルポローネ(302円 税込)。なかに入っているクルミが香ばしい焼き菓子。
緑が広がる庭
やんばるの森の中の緑に包まれた小さな菓子店で、お気に入りの焼き菓子を片手に森林浴を満喫すれば、いつもと違う沖縄を感じる事が出来るはず。

まるで絵本の世界のよう やんばるの森の中に佇む洋菓子店

やんばるの森の中に佇むドイツ菓子店。神奈川県の名門店で修業した宿里(やどり)さんが2017年12月に地元本部町にオープンしました。沖縄で馴染みの少ない本格的なドイツ菓子を、生まれ育ったやんばるの食材と融合させて、新たな沖縄の洋菓子を提案しています。宿里さんの育ったやんばるの森では、どこか固いイメージをもたれているドイツやオーストリアの西欧洋菓子。地域の人たちにもっと身近に感じてもらえるよう、地元の食材を取り入れてトライ&エラーを繰り返しすことで常に納得のできる味で提供出来るように努めています。地域の人からいただく「おいしい」の一言がなによりのご褒美。亜熱帯の大自然を満喫しながら、洋菓子を通じた沖縄テイストを味わってみて。

地図を見る

店舗データを開く

店名 Himbeere菓子店(ヒムベーレ菓子店)
住所 沖縄県国頭郡本部町伊豆味3268
営業時間 10時〜17時(売切次第終了)
定休日 日曜、月曜、火曜
電話番号 050-1044-4808
アクセス 美ら海水族館から車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
席数 テイクアウトのみ
駐車場 あり(5台)
メニュー一例 ザッハトルテ453 円/セコア216円/たんかんとクランベリーとクリームチーズのケーキ 270円/*価格はすべて税込

島の恵みがギュッと詰まった カラフルなヴィーガンちんすこう

島の恵みがギュッと詰まったカラフルなヴィーガンちんすこう 2018年3月1日、今帰仁村仲尾次(なかおし)で隣接する「ライオン食堂」と一緒に産声をあげた『島厨房Kafuu』。 動物性の素材を使わず、島の素材を使ったヴィーガンスイーツを販売しています。約7年イベントなどで出展販売を重ねたのち、満を持して念願の今帰仁村にてオープンすることに。 ちんすこうやマフィン、パウンドケーキに季節のフルーツタルトといった手作りスイーツたちが、所狭しと並んでいます。 看板メニューはカラフルな見た目が楽しい「ヴィーガンちんすこう(小270円・大540円/税込)」。屋我地島(やがじしま)と伊江島の塩や県産の黒糖に、きび糖・小麦・アーモンドパウダー・豆乳などを加えて出来る自慢の一品。サクッとした食感と、儚い口溶けがクセになります。        紅芋の色を引き立たせるために、ブラックココアを効かせた紅芋のマフィン(280円 税込)。しっとりとした紅芋の餡が入っています。      持病を持っていたオーナーの山口さん。知人のススメで食生活に目を向けるようになり、動物性の食材を使わないヴィーガンのお菓子作りを始めたことがきっかけに。 イートインコーナーでお好きなスイーツと一緒にドリンクも合わせて。風化した珊瑚を熱して焙煎する「35COFEE(350円 税込)』がオススメ。ゆっくり焙煎されているので酸味が抑えられてまろやかな味わいを楽しんで。

島厨房Kafuu(しまちゅうぼう かふう)

島の恵みがギュッと詰まった
カラフルなヴィーガンちんすこう
【投稿日】2018年03月16日(金)
店舗入り口
2018年3月1日、今帰仁村仲尾次(なかおし)で隣接する「ライオン食堂」と一緒に産声をあげた『島厨房Kafuu』。
店内の雰囲気
動物性の素材を使わず、島の素材を使ったヴィーガンスイーツを販売しています。約7年イベントなどで出展販売を重ねたのち、満を持して念願の今帰仁村にてオープンすることに。
棚に陳列されたスイーツ
ちんすこうやマフィン、パウンドケーキに季節のフルーツタルトといった手作りスイーツたちが、所狭しと並んでいます。
ヴィーガンちんすこう
看板メニューはカラフルな見た目が楽しい「ヴィーガンちんすこう(小270円・大540円/税込)」。屋我地島(やがじしま)と伊江島の塩や県産の黒糖に、きび糖・小麦・アーモンドパウダー・豆乳などを加えて出来る自慢の一品。サクッとした食感と、儚い口溶けがクセになります。       
紅芋のマフィン
紅芋の色を引き立たせるために、ブラックココアを効かせた紅芋のマフィン(280円 税込)。しっとりとした紅芋の餡が入っています。
    
ケーキを作っている山口さん
持病を持っていたオーナーの山口さん。知人のススメで食生活に目を向けるようになり、動物性の食材を使わないヴィーガンのお菓子作りを始めたことがきっかけに。
ケーキとコーヒー
イートインコーナーでお好きなスイーツと一緒にドリンクも合わせて。風化した珊瑚を熱して焙煎する「35COFEE(350円 税込)』がオススメ。ゆっくり焙煎されているので酸味が抑えられてまろやかな味わいを楽しんで。

島の恵みがギュッと詰まった カラフルなヴィーガンちんすこう

身体に負荷の少ないお菓子を作り続けて来たオーナー山口れいこさんが2018年3月にオープンしたヴィーガンスイーツ専門店。地元の塩や黒糖を中心に季節のフルーツや野菜を使った彩り豊かなスイーツが並んでいます。カラフルなちんすこうは紅芋、かぼちゃ、抹茶、ココナッツ、ココアの味が楽しめるアソートタイプ。サクサクとした食感にほろっとほどける優しい味わい。ラードを使う伝統的なちんすこうとは異なりますが、植物性油の軽やかさが魅力的。食材の色を巧みに利用して生み出されるビビッドでカラフルなスイーツは、おみやげにしても喜ばれそう。テイクアウトで、見晴らしの良い公園や浜辺で食べるのもオススメです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島厨房Kafuu(しまちゅうぼう かふう)
住所 沖縄県今帰仁村仲尾次334
営業時間 9時〜16時30分(ラストオーダー16時)
定休日 木曜
電話番号 0980-43-6670
アクセス 美ら海水族館から車で約15分
外部サイト 公式HP
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
席数 約3席 カウンター有り(併設ライオン食堂でのイートインも可)
駐車場 あり(20台)
メニュー一例 ちんすこう小270円/ちんすこう大540円/コーンミールのクッキー220円/マフィン280円*価格はすべて税込

丘の上から望む一面の蒼い海と 滋養溢れる美味ごはん

丘の上から望む一面の蒼い海と滋養溢れる美味ごはん 亜熱帯の生命力みなぎる植物たちが生い茂る山道を進むと、今帰仁村希望ヶ丘と呼ばれるエリアにたどり着きます。その一角に佇む、本部半島の海を一望できるカフェこくう。 木のぬくもりが、素朴で温かな印象を与えてくれる店内。ここちよい音楽が流れています。 店名は、冬が終わり春のはじまりを告げる「穀雨」という言葉から。地元のハルサーが収穫した有機栽培と無農薬栽培の野菜を、店主の熊谷夫妻が吟味してその日のメニューを考えます。 やちむんが大好きな熊谷さんが選ぶ、沖縄で生まれた可愛らしい器たち。無垢の木の机によく合います。        ハルサー(農家)から届いたインゲンや小松菜、間引いた人参をふんだんに使ったこくうプレート(1200円 税込)。ごはん、みそ汁、7種の野菜の総菜、煮物に島野菜の天ぷらつき。      「沖縄の野菜そのものの美味しさを伝えたい」という思いで作る熊谷さんのごはん。ひとくち噛み締めるごとに素材の良さと存在感が、身体の中に染みわたります。 紅芋やハンダマ、長命草、サクナ、フーチバーなど季節毎に楽しめる、見慣れない野菜に興味津々。 丘の上からの絶景を楽しみながら、地元の野菜がふんだんに入った季節のスムージー(600円 税込)で栄養補給。冬は野菜たっぷりグリーンな色合い。夏は南国フルーツのビタミンカラーで見た目も美味しく。 サクサクとした天ぷらはフーチバーや間引き人参、カボチャなどその日にやって来た野菜をカラッと揚げます。 食後はお茶や珈琲を沖縄の作家の器でゆっくりと。地元の素材を使ったお茶や、珍しい無農薬ウーロン茶、オーガニック珈琲などからお好きなものを選んでみて。 滋味深い味わいのごはんと絶景を目の前にしながら弾むおしゃべりは、女子旅至福のひととき。 レジ横に並ぶ、こくうセレクトの「畑の花草茶(500円 税込)」はお土産におすすめ。やんばるの草花ふんだんに使ったお茶で、ご自宅のティータイムで味わえば、沖縄の思い出がよみがえるはず。

カフェこくう

丘の上から望む一面の蒼い海と
滋養溢れる美味ごはん
【投稿日】2018年03月16日(金)
店舗入り口
亜熱帯の生命力みなぎる植物たちが生い茂る山道を進むと、今帰仁村希望ヶ丘と呼ばれるエリアにたどり着きます。その一角に佇む、本部半島の海を一望できるカフェこくう。
店内の雰囲気
木のぬくもりが、素朴で温かな印象を与えてくれる店内。ここちよい音楽が流れています。
店内の雰囲気
店名は、冬が終わり春のはじまりを告げる「穀雨」という言葉から。地元のハルサーが収穫した有機栽培と無農薬栽培の野菜を、店主の熊谷夫妻が吟味してその日のメニューを考えます。
個性的な配色のやちむんの小皿
やちむんが大好きな熊谷さんが選ぶ、沖縄で生まれた可愛らしい器たち。無垢の木の机によく合います。       
プレートメニュー
ハルサー(農家)から届いたインゲンや小松菜、間引いた人参をふんだんに使ったこくうプレート(1200円 税込)。ごはん、みそ汁、7種の野菜の総菜、煮物に島野菜の天ぷらつき。
    
食事をしている女性
「沖縄の野菜そのものの美味しさを伝えたい」という思いで作る熊谷さんのごはん。ひとくち噛み締めるごとに素材の良さと存在感が、身体の中に染みわたります。
サラダに入っている珍しい県産野菜を楽しむお客様
紅芋やハンダマ、長命草、サクナ、フーチバーなど季節毎に楽しめる、見慣れない野菜に興味津々。
テラスでスムージーを飲んでいる女性
丘の上からの絶景を楽しみながら、地元の野菜がふんだんに入った季節のスムージー(600円 税込)で栄養補給。冬は野菜たっぷりグリーンな色合い。夏は南国フルーツのビタミンカラーで見た目も美味しく。
色々な種類の天ぷら
サクサクとした天ぷらはフーチバーや間引き人参、カボチャなどその日にやって来た野菜をカラッと揚げます。
変わった形の急須と湯飲み
食後はお茶や珈琲を沖縄の作家の器でゆっくりと。地元の素材を使ったお茶や、珍しい無農薬ウーロン茶、オーガニック珈琲などからお好きなものを選んでみて。
テラスからの景色
滋味深い味わいのごはんと絶景を目の前にしながら弾むおしゃべりは、女子旅至福のひととき。
店内で販売している茶葉など
レジ横に並ぶ、こくうセレクトの「畑の花草茶(500円 税込)」はお土産におすすめ。やんばるの草花ふんだんに使ったお茶で、ご自宅のティータイムで味わえば、沖縄の思い出がよみがえるはず。

丘の上から望む一面の蒼い海と 滋養溢れる美味ごはん

今帰仁村の高台に佇む島野菜が楽しめるカフェ。県内で和食を学んだ熊谷さんが「地元野菜を味わえる料理を提供したい」と2008年にオープンしました。
近所のハルサーが毎日届けてくれる野菜を中心に、素材と対話を重ねながら作るこくうプレート。ごはん、汁物の他に旬の野菜を使った7種類の総菜、天ぷら、煮物がいただけます。素材の良さに注力し、そっと美味しさを引き出してくれる熊谷さんの料理は、訪れる度に新しい味に出会えるのでリピーターもたくさん。穏やかな音楽と、無垢の木のぬくもりが温かい店内で流れるゆったりとした時間に癒されます。晴れた日に丘の上からは、東シナ海と遠くに見える伊是名島の眺望までを楽しむ事が出来るので、ゆっくりお庭で景色を楽しんで。

地図を見る

店舗データを開く

店名 カフェこくう
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村諸志2031-138
営業時間 11時30分~17時(ラストオーダー16時)
定休日 日曜、月曜
電話番号 0980-56-1321
アクセス 美ら海水族館から車で約15分
外部サイト 食べログ
平均予算 1000〜1999円
クレジットカード 不可
席数 約25席 カウンター有り
駐車場 あり
メニュー一例 こくうプレート1200円/こくうプレートドリンクセット1600円/ハーフプレート&ドリンクセット1200円/季節のスムージー600円*価格はすべて税込

幸せの鐘の音が聞こえてくるような 地域によろこびの種をまくパン屋さん

幸せの鐘の音が聞こえてくるような地域によろこびの種をまくパン屋さん 創業1977年以来、名護に住む人たちのお腹を満たして来た老舗パン屋さん『リンドン』。鐘の音をあらわす店名は創業者の古我知(こがち)夫妻が「幸せの鐘が響きますように」という願いを込めて名付けられました。 店内には、焼きたての食パンやデニッシュ、総菜パンが所狭しと並んでいます。「子どもからお年寄りまで安心して食べられる身体に優しいパン」をコンセプトに、それぞれの特徴に合った素材をセレクト。 香り豊かでふんわりとした定番の食パンは、きめ細やかな生地が特徴。上段にある九州産小麦にふすまを入れたファイバーブレッド(380円 税込)は、天然酵母を使って食物繊維たっぷりの食べ応えある焼き上がり。これらの食パンは古我知さんが作るサンドイッチに使われています。 ポテトサラダを挟んだどこか懐かしいバターロールサンド(135円 税込)は素朴で思わずほほが緩みます。歯ごたえのあるグラハムサンド(150円 税込)は、フレッシュなトマトと玉ねぎ、チーズの相性が抜群。        食後のスイーツも楽しみたい方に嬉しいデニッシュたち。季節のフルーツを使ったいちごのデニッシュ(180円 税込)やエクレア(130円 税込)など乙女心をくすぐる品々ばかり。中でも、島の素材・紅芋が使われたやんばるペストリー(140円 税込)は是非味わってみて。      お好きなサンドイッチと合わせて飲みたいグリーンスムージー。ハンダマや長命草など、10種類以上のやんばる野菜と、シークヮーサーやカーブチーといった果汁をふんだんに使った、スッキリ爽やかな飲みやすい一品。 毎日繰り返されるパン作り。食べてみるとわかる素材のよさ。地道に食べ物の素材にこだわり続ける姿があるから町の頼れるパン屋さんとして愛されているのでしょう。

ベーカリー リンドン

幸せの鐘の音が聞こえてくるような
地域によろこびの種をまくパン屋さん
【投稿日】2018年03月15日(木)
店舗入り口
創業1977年以来、名護に住む人たちのお腹を満たして来た老舗パン屋さん『リンドン』。鐘の音をあらわす店名は創業者の古我知(こがち)夫妻が「幸せの鐘が響きますように」という願いを込めて名付けられました。
店内の雰囲気
店内には、焼きたての食パンやデニッシュ、総菜パンが所狭しと並んでいます。「子どもからお年寄りまで安心して食べられる身体に優しいパン」をコンセプトに、それぞれの特徴に合った素材をセレクト。
棚に並ぶ食パン
香り豊かでふんわりとした定番の食パンは、きめ細やかな生地が特徴。上段にある九州産小麦にふすまを入れたファイバーブレッド(380円 税込)は、天然酵母を使って食物繊維たっぷりの食べ応えある焼き上がり。これらの食パンは古我知さんが作るサンドイッチに使われています。
バターロールサンドとグラハムサンド
ポテトサラダを挟んだどこか懐かしいバターロールサンド(135円 税込)は素朴で思わずほほが緩みます。歯ごたえのあるグラハムサンド(150円 税込)は、フレッシュなトマトと玉ねぎ、チーズの相性が抜群。       
陳列されている様々な種類のパン
食後のスイーツも楽しみたい方に嬉しいデニッシュたち。季節のフルーツを使ったいちごのデニッシュ(180円 税込)やエクレア(130円 税込)など乙女心をくすぐる品々ばかり。中でも、島の素材・紅芋が使われたやんばるペストリー(140円 税込)は是非味わってみて。
    
サンドイッチとスムージー
お好きなサンドイッチと合わせて飲みたいグリーンスムージー。ハンダマや長命草など、10種類以上のやんばる野菜と、シークヮーサーやカーブチーといった果汁をふんだんに使った、スッキリ爽やかな飲みやすい一品。
笑顔でパンを持っている店員さん
毎日繰り返されるパン作り。食べてみるとわかる素材のよさ。地道に食べ物の素材にこだわり続ける姿があるから町の頼れるパン屋さんとして愛されているのでしょう。

幸せの鐘の音が聞こえてくるような 地域によろこびの種をまくパン屋さん

1977年に新婚ほやほやの古我知さんご夫婦が名護で始めた「ベーカリーリンドン」。子育てをしながら食べ物の素材について考えるようになり、身体に優しいパンを作ることに。厳選された素材で添加物を使わず、まいにちパンを作り続けています。40年以上続いた秘訣を尋ねてみると「お客様のためにどんな小さな注文も聞いて寄り添ってみる」。気がついたらここまで(40年以上)続いていた、と語る古我知さん。店内に併設されたイートインコーナーでは、リンドンの常連さんとスタッフの何気ないゆんたくが交わされています。そんな地域に愛される素朴で温かいサンドイッチを持って、眺めのいい公園や浜辺で食べてみてはいかがでしょうか。

地図を見る

店舗データを開く

店名 ベーカリー リンドン
住所 沖縄県名護市大南2丁目5-10
営業時間 7時 ~ 19時30分(ラストオーダー19時30分)
定休日 日曜
電話番号 0980-52-0237
アクセス 美ら海水族館から車で約30分
外部サイト 公式HP
平均予算 〜999円
クレジットカード 不可
席数 約4席 カウンター無し
駐車場 あり(8台)
メニュー一例 食パンサンド 280円/バターロールサンド135円/ヘルシーサンド280円/食パン 3斤 690円/ファイバーブレッド380円 ※価格はすべて税込

飲んで食べて歌って踊れる お店全体で盛り上がる民謡居酒屋

飲んで食べて歌って踊れるお店全体で盛り上がる民謡居酒屋 国際通りから一歩入り、松尾交差点から消防署方面へ向うとすぐ赤提灯が目印の「島唄ライブ樹里」があります。 店内へ入ると、ライブステージと観客席の近さが魅力。満員率の高い店内は、盛り上がりも最高で国際通りの中でもピカイチ! ステージの途中、今まで料理などを運んでいたホールスタッフが突然ステージに上がり、三線を引いたり踊りを披露したりとさらに盛り上げてくれます。樹里のスタッフ皆さん、音楽芸に長けているんだそう。 民謡ライブを楽しみながらの飲食メニューも本格的。やちむん(沖縄の焼き物の器)に盛りつけられた沖縄料理や100種類以上の泡盛も楽しめます。        ゴーヤーチャンプルーと泡盛の相性は抜群。ゴーヤーチャンプルー680円(税込)      赤マチ、セイイカ、イラブチャーなど沖縄の海で採れた刺身。お刺身五点盛り1500円(税込み)沖縄らしいウロコが青い魚「イラブチャー」は見た目も珍しくコリっとした歯ごたえある食感が美味! 親子で来ても楽しめる何とも言えない「我が家」感も魅力の一つ。18歳未満はサービスチャージ料が無料なのも嬉しいポイント。 ステージの最後は、沖縄の祝い事や結婚式で踊る「カチャーシー」で盛り上がり最高潮!初めて出会い合わせた観客達でワイワイ踊り盛り上がります。

島唄ライブ樹里(しまうたらいぶじゅり)

飲んで食べて歌って踊れる
お店全体で盛り上がる民謡居酒屋
【投稿日】2018年03月15日(木)
店舗入り口
国際通りから一歩入り、松尾交差点から消防署方面へ向うとすぐ赤提灯が目印の「島唄ライブ樹里」があります。
盛り上がっているライブステージ
店内へ入ると、ライブステージと観客席の近さが魅力。満員率の高い店内は、盛り上がりも最高で国際通りの中でもピカイチ!
生演奏とカシャーシーと踊るスタッフさん
ステージの途中、今まで料理などを運んでいたホールスタッフが突然ステージに上がり、三線を引いたり踊りを披露したりとさらに盛り上げてくれます。樹里のスタッフ皆さん、音楽芸に長けているんだそう。
色々な魚料理
民謡ライブを楽しみながらの飲食メニューも本格的。やちむん(沖縄の焼き物の器)に盛りつけられた沖縄料理や100種類以上の泡盛も楽しめます。       
ゴーヤーチャンプルー
ゴーヤーチャンプルーと泡盛の相性は抜群。ゴーヤーチャンプルー680円(税込)
    
お刺身五点盛り
赤マチ、セイイカ、イラブチャーなど沖縄の海で採れた刺身。お刺身五点盛り1500円(税込み)沖縄らしいウロコが青い魚「イラブチャー」は見た目も珍しくコリっとした歯ごたえある食感が美味!
親子でも楽しめるステージパフォーマンス
親子で来ても楽しめる何とも言えない「我が家」感も魅力の一つ。18歳未満はサービスチャージ料が無料なのも嬉しいポイント。
お店全体で盛り上がるカチャーシー
ステージの最後は、沖縄の祝い事や結婚式で踊る「カチャーシー」で盛り上がり最高潮!初めて出会い合わせた観客達でワイワイ踊り盛り上がります。

飲んで食べて歌って踊れる お店全体で盛り上がる民謡居酒屋

生演奏、生歌声の民謡ステージでみんなで歌って踊って盛り上がりたいのなら、「島唄ライブ樹里」がオススメ。国際通りから松尾交差点を消防署向けに進んだすぐの場所にありアクセスも抜群!ステージは、19時20分、20時30分、21時45分の1日3ステージ。生演奏の三線や太鼓、歌声の沖縄民謡が響き渡る店内は、沖縄旅行の楽しさをさらに盛り上げてくれること間違いなしです。特に、ライブ感や一体感を楽しみたい方に一押しのお店ですが、しっとりとした曲やリクエスト曲も即興で演奏し楽しませてくれますよ。満員率の高いお店なので、予約をした方が確実です。ステージを楽しむだけではなく、やちむん(沖縄の焼き物の器)に盛りつけられた種類豊富な沖縄料理メニューや沖縄県内47酒造所の100種類以上の泡盛も取り揃えていて、飲食に魅了されるリピーターも多いのだそうです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 島唄ライブ樹里(しまうたらいぶじゅり)
住所 沖縄県那覇市松尾2-2-29
営業時間 18時〜24時(フードラストオーダー23時)
ステージ時間 19時20分〜・20時30分〜・21時45分〜
定休日 年末年始以外無休
電話番号 098-861-0722
アクセス ゆいレール県庁前駅から534m
外部サイト 公式HP
平均予算 3000円〜3999円
クレジットカード 可 (JCB、VISA、MASTER、AMEX)
席数 48席
駐車場 なし(近隣有料パーキングあり)
メニュー一例 ゴーヤーチャンプルー680円/軟骨ソーキ580円/お刺身5点盛り1500円/ジーマーミ豆腐とトマトのカプレーゼ580円/あきさみよ〜コース(3時間飲み放題+料理6品+ライブチャージ込み)3000円/めんそ〜れコース(3時間飲み放題+料理8品+ライブチャージ込み)4000円 ※コースは4名様より来店日2日前23時までに要予約*価格はすべて税込

やんばる食材が主役 ヴィーガン店主が作るネパールカレー

やんばる食材が主役!ヴィーガン店主が作るネパールカレー 那覇市でタイカレーの店をしていた桒原(くわはら)さんご夫妻が、2015年に名護に移転オープンしたネパールカレーの店『niceness(ナイスネス)』。 異国感ただようナイスネス。もともとこの場所にあったコンテナハウスを改装し、おしゃれな空間へと生まれ変わりました。 こちらでいただけるのは、動物性食品を使わないヴィーガン(完全菜食主義)料理。ネパール風定食の「やんばる野菜と豆のダルバート (プレートのみは950円・ドリンクセットは1350円・ドリンク&スイーツセットは1600円 税込)。お米は名護産羽地米や、喜瀬の無農薬玄米などを使います。        「カレーとライスを混ぜて、お好みでサイドのおかずも一緒に混ぜて召し上がってみてください」。いちばん美味しい食べ方を知っている店主さんのアドバイス通りにいただきましょう。      写真映えするナイスネスのネパールカレーは、思わずその場でSNSに投稿したくなってしまいます。 植物性素材のみ使用したスイーツもおすすめ。こちらは「自然農スターフルーツのオーガニックココナッツアイスタルト 400円 税込」。タルト生地はサクッ、中はひんやり。アイスのシャリっとした食感が新しいスイーツです。 農薬はもちろん、肥料も使用しない自然農法で育てたやんばるのフルーツ。生命力あふれる果物には栄養がギュッとつまっています。 熊本産小麦に名護産米をブレンドし、一晩かけてゆっくり発酵させたナイスネスのオリジナルブレッド(量り売りで350円 税込~)。人気で、店頭に並べるとすぐに売り切れてしまうほど。お米の甘さが引き立つパンは、もっちりとした食感が味わえます。 お天気が良い日には、テラス席でランチするのも良いですね。 桒原さんの飼っている猫ちゃんも、気持ち良さそうにお昼寝。 店内では、アクセサリーブランド「AWA」のハンドメイド羽根ピアスも販売しています。

niceness(ナイスネス)

やんばる食材が主役!
ヴィーガン店主が作るネパールカレー
【投稿日】2018年03月15日(木)
店舗入り口
那覇市でタイカレーの店をしていた桒原(くわはら)さんご夫妻が、2015年に名護に移転オープンしたネパールカレーの店『niceness(ナイスネス)』。
店内の雰囲気
店内の雰囲気
異国感ただようナイスネス。もともとこの場所にあったコンテナハウスを改装し、おしゃれな空間へと生まれ変わりました。
やんばる野菜と豆のダルバートのプレート
こちらでいただけるのは、動物性食品を使わないヴィーガン(完全菜食主義)料理。ネパール風定食の「やんばる野菜と豆のダルバート (プレートのみは950円・ドリンクセットは1350円・ドリンク&スイーツセットは1600円 税込)。お米は名護産羽地米や、喜瀬の無農薬玄米などを使います。       
カレーを混ぜて食べている女性
「カレーとライスを混ぜて、お好みでサイドのおかずも一緒に混ぜて召し上がってみてください」。いちばん美味しい食べ方を知っている店主さんのアドバイス通りにいただきましょう。
    
スマホで撮ると鮮やかで映えるプレートメニュー
写真映えするナイスネスのネパールカレーは、思わずその場でSNSに投稿したくなってしまいます。
自然農スターフルーツのオーガニックココナッツアイスタルト
植物性素材のみ使用したスイーツもおすすめ。こちらは「自然農スターフルーツのオーガニックココナッツアイスタルト 400円 税込」。タルト生地はサクッ、中はひんやり。アイスのシャリっとした食感が新しいスイーツです。
やんばるのフルーツ
農薬はもちろん、肥料も使用しない自然農法で育てたやんばるのフルーツ。生命力あふれる果物には栄養がギュッとつまっています。
オリジナルブレッド
熊本産小麦に名護産米をブレンドし、一晩かけてゆっくり発酵させたナイスネスのオリジナルブレッド(量り売りで350円 税込~)。人気で、店頭に並べるとすぐに売り切れてしまうほど。お米の甘さが引き立つパンは、もっちりとした食感が味わえます。
屋根があり緑に囲まれたテラス席
お天気が良い日には、テラス席でランチするのも良いですね。
猫
桒原さんの飼っている猫ちゃんも、気持ち良さそうにお昼寝。
販売用の羽根ピアス
店内では、アクセサリーブランド「AWA」のハンドメイド羽根ピアスも販売しています。

やんばる食材が主役 ヴィーガン店主が作るネパールカレー

2015年10月に、那覇市から名護市に移転オープンした『niceness(ナイスネス)』。以前はタイカレーの店を営んでいた桒原(くわはら)伸弘さん・悠子さんご夫妻ですが、移転後はネパールカレーにジャンルを変更しました。カレーは、動物性食品や化学調味料、遺伝子組換え食品、冷凍食品、白砂糖を一切使用しないヴィーガンカレーです。
健康に対する意識が高まっている昨今。身体のことを考え、安心・安全な食生活を目指し始める人も増えました。お二人は “人の身体にも良く、動物愛護・地球環境のためにもなる食生活” について調べ、“ヴィーガン” というライフスタイルを選択したそうです。「何か身体に変化はありましたか?」と質問してみると「いろいろあります。以前はよく風邪をひいていたのですが、そんなこともなくなり、生理痛と貧血が改善されました。心が穏やかになって精神的にも安定してきたようです」と悠子さん。
伸弘さんと悠子さんはナイスネスをオープンさせる前、実際にネパールへ足を運び本場のカレーについて学びました。ネパールはベジタリアンが多い国。桒原さんご夫妻は滞在中、体調がとても良くなり「お店で出す料理は、動物性食品を使わないネパールカレーがいい!」と確信したそうです。
お料理は、ネパール風定食の「やんばる野菜と豆のダルバート (ドリンク&スイーツセット 1600円、ドリンクセット 1350円、プレートのみ 950円 税込)」と「熊本産小麦と羽地米の自家製パンプレート (ドリンク&スイーツセット 1500円、ドリンクセット 1250円、プレートのみ 850円 税込)」の2種類です。
緑豆やケツルアズキ(黒緑豆)、マスール(レンズ豆)など数種類の豆類と、地元やんばるで採れた豆や野菜を使い、ネパールでは一般的な香辛料=フェヌグリークやクミン、マスタードシード、フェンネルなどのハーブ&スパイスを独自にブレンドしたナイスネスのカレー。口当たりは優しく、様々な香りと深い味わいを感じつつもサラッとした質感で、食べ始めるとスプーンが止まりません。お米は、県外はもちろん県内でも手に入れることが困難な名護産羽地米や、喜瀬の無農薬玄米を使っています。
厳格なヴィーガンからそうでない地元の方まで、幅広い客層に指示されているナイスネス。五葷(ごくんは、ねぎ・ニンニク・ニラ・らっきょう・あさつき)抜き、アレルギー対応食は2日前までに予約をすれば対応可能だそうです。
毎日でなくても、時々ヴィーガン食を取り入れることで身体の変化を感じられるかもしれません。「胃腸の調子がイマイチ」「最近食べ過ぎが続いて胃が重たい」と感じている方にもナイスネスのカレーはおすすめです。

地図を見る

店舗データを開く

店名 niceness(ナイスネス)
住所 沖縄県名護市宇茂佐1635-1
営業時間 11時~17時(ラストオーダー16時)
定休日 月曜、火曜
電話番号 080-5232-8552
アクセス 許田の道の駅から車で約20分。屋部川沿いにある、緑に囲まれた一軒家。
外部サイト 公式HP
平均予算 1600円
クレジットカード 不可
席数 12席
駐車場 あり(4台)
メニュー一例 やんばる野菜と豆のダルバート (ドリンク&スイーツセット 1600円、ドリンクセット 1350円、プレートのみ 950円/熊本産小麦と羽地米の自家製パンプレート(ドリンク&スイーツセット 1500円、ドリンクセット 1250円、プレートのみ 850円 )/オーガニックレーズンとカシューナッツ 米粉ガトーショコラ 400円/自然農スターフルーツのオーガニックココナッツアイスタルト 400円/豆乳ヨーグルトの酵素ラッシー 450円/自家製ジンジャエール 450円※価格は全て税込

看板猫と静かな浜辺がお出迎え。トロピカルなコテージ風居酒屋

看板猫と静かな浜辺がお出迎えトロピカルなコテージ風居酒屋 58号線からちょっとだけ海側に入ると見えてくる、コテージ風な建物が印象的な南国風居酒屋「海風よ」。 お店から歩いてわずか数十秒で、手つかずのビーチへ。緑を抜ける小径の先にはプライベート感いっぱいの静かな浜辺が。天気がよければ夕陽や星空を眺めることができます。      お店の扉には、思わず顔がほころぶ張り紙「本日、猫出勤中です」があり…。 入口では看板猫の山ちゃんがちょこんと座ってお出迎え。店内では門松君がゴロゴロ、スヤスヤまどろんでいました。山ちゃんを入れて3匹の猫がいます。 落ち着いたライティングが心地よいウッディーな店内。素朴でナチュラルなインテリアが旅の疲れを癒してくれそう。        タマン、イラブチャー、アカマチなど近海で獲れた新鮮なお魚を楽しめるお刺身の盛り合わせ(1200円 税別)。生ビールや泡盛にぴったり。      あぐーのいろんな部位を楽しめる焼肉盛り合わせ(1580円 税別)は一番人気のメニュー。鉄板に比べ遠赤外線が4〜5倍といわれている陶製の鍋で焼いて食べるお肉はひと味違います。 色鮮やかな紅芋コロッケ(500円 税別)。ホクホクした食感とほんのりした甘みを楽しめる自家製コロッケです。 沖縄で海藻といえばアーサ(アオサ)です。アーサの香りが沖縄感を盛り立てるあさりとアーサの泡盛蒸し(700円)はおなかを優しくいたわってくれます。 店内は気取りがなくカジュアルな雰囲気でいっぱいだから、トロピカルな夜をゆったりと満喫できそう。 お土産にはオーナーとスタッフが作っているハンドメイドのアクセサリーを。400円から3000円と手頃な価格帯も嬉しいです。

海風よ(うみかじよ)

看板猫と静かな浜辺がお出迎え
トロピカルなコテージ風居酒屋
【投稿日】2018年03月13日(火)
海風よ外観
58号線からちょっとだけ海側に入ると見えてくる、コテージ風な建物が印象的な南国風居酒屋「海風よ」。
浜辺の画像
お店から歩いてわずか数十秒で、手つかずのビーチへ。緑を抜ける小径の先にはプライベート感いっぱいの静かな浜辺が。天気がよければ夕陽や星空を眺めることができます。
    
猫出勤中の看板
お店の扉には、思わず顔がほころぶ張り紙「本日、猫出勤中です」があり…。
山ちゃん
門松君
入口では看板猫の山ちゃんがちょこんと座ってお出迎え。店内では門松君がゴロゴロ、スヤスヤまどろんでいました。山ちゃんを入れて3匹の猫がいます。
店内の雰囲気
落ち着いたライティングが心地よいウッディーな店内。素朴でナチュラルなインテリアが旅の疲れを癒してくれそう。       
お刺身の盛り合わせ
タマン、イラブチャー、アカマチなど近海で獲れた新鮮なお魚を楽しめるお刺身の盛り合わせ(1200円 税別)。生ビールや泡盛にぴったり。
    
焼肉盛り合わせ
陶製の鍋
あぐーのいろんな部位を楽しめる焼肉盛り合わせ(1580円 税別)は一番人気のメニュー。鉄板に比べ遠赤外線が4〜5倍といわれている陶製の鍋で焼いて食べるお肉はひと味違います。
紅芋コロッケ
色鮮やかな紅芋コロッケ(500円 税別)。ホクホクした食感とほんのりした甘みを楽しめる自家製コロッケです。
あさりとアーサの泡盛蒸し
沖縄で海藻といえばアーサ(アオサ)です。アーサの香りが沖縄感を盛り立てるあさりとアーサの泡盛蒸し(700円)はおなかを優しくいたわってくれます。
食事を楽しむカップル
店内は気取りがなくカジュアルな雰囲気でいっぱいだから、トロピカルな夜をゆったりと満喫できそう。
ハンドメイドのアクセサリー
お土産にはオーナーとスタッフが作っているハンドメイドのアクセサリーを。400円から3000円と手頃な価格帯も嬉しいです。

看板猫と静かな浜辺がお出迎え。トロピカルなコテージ風居酒屋

離島の浜辺にひっそり佇むコテージのような、居心地のいい隠れ家的なお店です。歩いてすぐのところには静かなビーチがあります。また、お店は人懐っこい3匹の看板猫がいて、猫に会いにやってくる人も多いそうです。
人気メニューは焼肉や近くで獲れた新鮮な魚。そのほか、定番の海ぶどうや島らっきょ、ソウルフードのタコライスや沖縄そばを使ったオリジナルメニューの沖縄ナポリタンもおすすめです。
「ふらっと沖縄に旅行に来て、なんとなく住み始めたら居心地がよくて、そのまま居ついてしまった」というオーナーの小貫さんと3匹の猫と海が大好きなスタッフと一緒に、ゆるくてほっこりした時間を満喫できそうです。
オリオンビール、泡盛、カクテル、ウイスキーなどの飲み放題90分(1580円)もあるので、お酒を片手にゆっくり楽しみたい人にもおすすめ。ハンドメイドが以前から大好きだったという小貫さんが作った、貝やシルバー、天然石のアクセサリーも店内で販売しています。

地図を見る

店舗データを開く

店名 海風よ(うみかじよ)
住所 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2606
営業時間 17時30分〜23時(L.O. 22時30分)
定休日 なし
電話番号 050-5571-6212
アクセス 沖縄自動車道石川ICから車で約25分
外部サイト 食べログ
平均予算 3000〜4000円
クレジットカード 不可
席数 40席
駐車場 あり(7台)
メニュー一例 焼肉盛り合わせ 1380円/ 海ぶどう 500円/ 島らっきょうの塩漬け 500円/ ミミガー 400円/ ゴーヤちゃんぷる 680円/ タコスサラダ 600円/ あさりとアーサの泡盛蒸し700円/ 紅芋コロッケ 500円/ オリオン生ビール 500円/ サワー各種 400円/泡盛カクテル 500円/ カクテル各種 600円/ フルーツジュース各種 400円 *価格はすべて税別

「純血アグー」と沖縄の家庭の味をアットホームな雰囲気で

「純血アグー」と沖縄の家庭の味をアットホームな雰囲気で 観光客に人気のお店「おBAR」の姉妹店「おJi〜」は、国道58号を名護方面に向かって右手にあります。大きな看板と提灯が目印。 両親ともアグーの純血アグー豚しゃぶしゃぶ(2800円 税別)。希少価値が高く、なかなかお目にかかれません。 お湯にさっとくぐらせて、柔らかな肉質を楽しみましょう。脂身が甘くてとろけそう!旨み成分のイノシン酸が多く含まれているので美味しさが違います。 沖縄の家庭料理の代表選手、ふーちゃんぷる(600円 税別)。昔は貴重だった卵を、家族で分け合うために編み出されたという、心温まる沖縄料理。        表面のカリッとした食感とぷりぷり感のコントラストがたまらないコラーゲン豊富な、豚足のプリプリ唐あげ(850円 税別)。      独特の歯ざわりが特徴の紅芋ウムクジ天ぷら(450円 税別)は、箸休めにも最適。紅芋の自然な色が表面まできれいな紫色に染めています。 4つのテーブル席とカウンターだけのこじんまりとしたお店なので、ゆったりくつろいで食事を楽しめます。

おJi〜(オジー)

「純血アグー」と沖縄の家庭の味を
アットホームな雰囲気で
【投稿日】2018年03月13日(火)
店舗入り口
観光客に人気のお店「おBAR」の姉妹店「おJi〜」は、国道58号を名護方面に向かって右手にあります。大きな看板と提灯が目印。
純血アグー豚しゃぶしゃぶ
両親ともアグーの純血アグー豚しゃぶしゃぶ(2800円 税別)。希少価値が高く、なかなかお目にかかれません。
しゃぶしゃぶの写真
お湯にさっとくぐらせて、柔らかな肉質を楽しみましょう。脂身が甘くてとろけそう!旨み成分のイノシン酸が多く含まれているので美味しさが違います。
ふーちゃんぷる
沖縄の家庭料理の代表選手、ふーちゃんぷる(600円 税別)。昔は貴重だった卵を、家族で分け合うために編み出されたという、心温まる沖縄料理。       
プリプリ唐あげ
表面のカリッとした食感とぷりぷり感のコントラストがたまらないコラーゲン豊富な、豚足のプリプリ唐あげ(850円 税別)。
    
紅芋ウムクジ天ぷら
独特の歯ざわりが特徴の紅芋ウムクジ天ぷら(450円 税別)は、箸休めにも最適。紅芋の自然な色が表面まできれいな紫色に染めています。
食事をとりながらくつろいでいるカップル
4つのテーブル席とカウンターだけのこじんまりとしたお店なので、ゆったりくつろいで食事を楽しめます。

「純血アグー」と沖縄の家庭の味をアットホームな雰囲気で

許田ICを降りて海沿いの国道を車で走ること数分。「出会いの全てが宝物。今日のこの出会いのおかげでまた笑顔が増えていくんだから」と書かれた看板が目を引くこじんまりしたお店です。
席数はカウンターと4つのテーブルを合わせて20席。お店の看板メニューは母豚も父豚も両方アグーの「純血アグー」。沖縄で飼育されているアグーのうち、純血アグーの割合は3%前後。そんな超レアなアグーを、しゃぶしゃぶかせいろ蒸しで堪能できるのです。
その他、ラフテーや煮込みソーキの炙りや島豆腐チャンプルーなど沖縄の定番メニューも楽しめます。「アグーはもちろんだけど、沖縄の普通の家庭で、普通のお母さんやお祖母さんが、子や孫のために作っている沖縄の家庭の味を楽しめるのもこの店の自慢だよ。
例えばこのフーチャンプルーだけど、卵が貴重だった時代に、一個の卵を3~4人家族で食べられるように考え出されたものなんだよ」とオーナーの屋部笑美子さん。気さくでフレンドリーなおかみさんが提供する「おBARなうちな〜料理」もぜひ味わってみたいですね。

地図を見る

店舗データを開く

店名 おJi〜(オジー)
住所 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2561-2
営業時間 17時〜23時(LO22時30分)
定休日 不定休
電話番号 098-967-7355
アクセス 沖縄自動車道許田ICから 車で約3分
外部サイト 食べログ
平均予算 4000〜5000円
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB等)
席数 20席
駐車場 あり
メニュー一例 純血アグー豚しゃぶしゃぶ 2800円/ 純血アグー豚セイロ蒸し 2800円/ ゴーヤーちゃんぷる 600円/ ソーミンちゃんぷる 600円/ テビチ煮付け 850円/ 自家製スーチカー 600円/ / / / 煮込みソーキ炙り 850円/ オリオン生(中) 500円/泡盛梅酒500円/ 紅芋梅酒 500円/泡盛の炭酸割り 550円 *価格はすべて税別
ラストオーダー LO22時30分